初節句の五月人形いつからいつまで飾る?飾る場所と何歳まで飾るのか知りたい!

五月人形

5月のゴールデンウィーク、5月5日はこどもの日です。

別名「端午の節句」ですね。

そこで、初節句について五月人形の気になる疑問について調べてみました。

これで、あなたの気になる疑問も一気に解決!

初節句ってなに?五月人形ってなに?詳しく知ろう五月人形はいつからいつまで飾るのが正解?

1. 初節句とは

初節句とは、この世に生まれてきてから初めて迎える節句のことです。

男の子なら端午の節句、女の子なら桃の節句になります。

それぞれ、こどものすこやかな成長などを祈って御祝いをします。

4月生まれの男の子や、2月生まれの女の子の場合、初節句は一ヶ月も経っていないので1年遅らせて御祝いするといいですよ。

赤ちゃんも、お母さんも、産後間もないです。

体調にあわせてスケジュールを組みましょう。

2 五月人形とは

初節句

節句に飾るといえば、雛人形がありますが、五月の端午の節句に飾るのは、五月人形です。

節句に飾る、兜飾りや武者人形のことを五月人形といいます。

五月人形は、内飾りとも言われます。

外飾りと言われるものは鯉のぼりです。

この二つは、違った飾る意味があります。

内飾りの五月人形は、子供の無事な成長を願うものです

五月人形が、こどもの厄の身代わりになってくれると言われています。

一方、外飾りの鯉のぼりは、こどもの立身出世を願うものです。

もちろん両方とも飾るのが好ましいです。

ですが、近年ではどちらか一方を飾るという家庭も増えてきています。

また、アパートなど家が狭くても飾れるようなサイズのものも、種類豊富にあります。

 

⇒ 端午の節句の意味を簡単に!菖蒲やちまき鯉のぼり・兜の由来も!

 

五月人形はいつからいつまで飾るのが正解?

1 飾る期間はいつからいつまで?

では、五月人形はいつからいつまで飾っていくのがよいのでしょうか。

端午の節句、初節句では、3月20日の春分の日を過ぎたあたりから、五月人形を飾り始めます

雨の日が続いてしまうので、梅雨に入る前に片付けるのがいいでしょう。

基本的に、いつからいつまで飾らないといけない!といったきまりはありません。

今では小さいものもたくさん売っているので、普段からオブジェとして飾っておくのもありです。

出し入れが面倒くさくなってしまう人におすすめです。

雛人形のように、3月3日が終わって、なるべく早くに片付けしないと、お嫁にいくのがおそくなる…なんていう言い伝えもありません。

ですが、当日など直前に五月人形をかざるのは、「一夜限り」と言われ、縁起が悪いとされて、あまりよくないようです。

余裕をもって飾って、子供と一緒に季節感を味わうといいですよ。

2 何歳まで飾るものなの?

五月人形は、何歳まで飾るものなのでしょうか。

諸説・地域によって違いますが、「七五三のお祝いの最後の七歳まで」というものや、「昔の大人の仲間入りと言われていた十五歳(数え年)くらいまで」などがあります。

だいたい中学生から高校生になるくらいで出さなくなることが多いようです。

なかでは、「こどもが興味を示さなくなるまで」というものもあります。

長く飾っておきたいものですが、出し入れが大変です。

大変なのに飾ったけどこどもが興味を示さなくなった!!

これが一番かなしい・・・

たしかに、出さなくなる理由になるのもわかります。

このように、購入して飾るタイミイングはこどもが生まれてからですが、飾り終わる年齢は、決まりはありません。

ご家庭で判断して飾らなくなるときを決めて大丈夫です。

五月人形の飾る場所は決まっているの?

五月人形

昔から床の間に飾るのが一般的でしたが、今では床の間がない家庭も少なくありません。

五月人形自体も、「〇〇に飾らないといけない」「〇〇の方角に向かって・・・」なんていうような、決まった場所や方角なんかもありません。

好きな場所に、飾ってOKです。

ですが、人形なので直射日光のあたらない、風通しの良い場所に飾りましょう。

飾り終わった五月人形はどうしたらいい?

五月人形はいつからいつまで飾ったらいいのか、と前の章で説明しましたが、役目が終わった人形はどう処理するべきなのでしょうか。

最善なのは、人形の供養を行うことです。

こどもの健康や災いから守ってくれた人形に感謝の気持ちをもってお別れできるのが一番理想的です。

ほかにも

  • 寄付をする
  • リサイクルショップに持って行く
  • 親戚へお譲りする
など様々あります。

五月人形を処分するのはちょっと・・・と思って押し入れの奥深くに眠らせておきがちですよね。

でもそれはもったいないし、なにより人形がかわいそうです。

もう出さないのであれば、別の形でまた人形に活躍してもらいましょう!

まとめ

いかがでしたか?

初節句・五月人形・いつからいつまで飾るのか・・・など少しずつ説明していきました。

疑問は解決できたでしょうか?

そんなにきっちりとしたきまりはないので、各ご家庭にあわせて、こどもの初節句や節句の御祝いをしていくのがベストですよ。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください