トイレ掃除の黄ばみや黒ずみはキッチンハイターで落とす!時短カンタンに!

トイレ

おトイレの掃除、どうしていますか?

毎日少しずつ掃除しても、どうしても取れない便器の黄ばみや、黒ずみがあって気になるなんて方もいるのではないでしょうか。

そんな時に、おなじみの「キッチンハイター」が使えるというのです。

どんな風に使うのでしょうか。

調べてみました。

キッチンハイターでトイレ掃除の方法

お手拭きの除菌や漂白などを目的に使うことの多いキッチンハイターですが、実は、汚れを落とす「洗浄成分」も含まれています。

この、「除菌」「漂白」プラス「洗浄」成分を、トイレ掃除にも生かせるというのです。

キッチンハイターで除菌

まずは、「除菌」効果を期待した使い方です。

トイレには、どうしても、大腸菌やカビなど、身体によくないものがたまりがちです。

そのような菌を、キッチンハイターですっきり除菌しましょう。

まず、キッチンハイターの薄め液を作ります。

割合は、水500ccに対してキッチンハイターをキャップ1杯分くらい。

これを霧吹きに入れ、トイレの気になる部分に吹きかけます。

尿跳ねの気になる壁の下の方や、床、便座などに吹きかけるといいでしょう。

あとは、軽く乾拭きして完了です。

ただし、模様のある壁紙などですと、色が落ちてしまうこともあるので、必ず目立たないところでテストしてください。

キッチンハイターで漂白

次に、気になる黄ばみや黒ずみを「漂白」する方法です。

これは、ふきんを漂白するのと同じように、少し時間をかけて「つけ置き」することがポイントになります。

でも、トイレ自体をキッチンハイターにつけ置きするなんて無理ですよね。

そこで、トイレットペーパーを使って、湿布のように貼り付けましょう。

まず、漂白したい部分にトイレットペーパーを敷き詰めます。

そして、そこにキッチンハイターをしっかり染み込ませ、10分ほど置いておきます。

あとは、トイレットペーパーを水で流せば完了。

気になる汚れも、ブラシで軽くこすれば落ちます。

すっきり白い便器に戻りますよ。

キッチンハイターを使う時の注意点

キッチンハイターは塩素系の漂白剤で、トイレ掃除に使う際にはいくつか注意が必要です。

注意
酸素系の洗剤と一緒に使うのは厳禁です。有毒なガスが発生するおそれがあるので気を付けましょう。
また、直接肌に触れると、肌荒れを起こしますので、ゴム手袋を使うようにしましょう。

そして、キッチンハイターには独特の匂いがあります。

これがトイレにこもると、気分が悪くなることもあります。

キッチンハイターを使ってトイレ掃除をする時は、換気扇を回すなど、十分換気をしてください。

キッチンハイターを使ったトイレ掃除 まとめ

こんな便利なキッチンハイターなのに、どうしてトイレ用が無いのかなと思ってたら、ありました。

トイレ掃除用の塩素系トイレクリーナ―、その名も「トイレハイター」です。

こちらは、液が、たれにくい物になっていたり、ノズルが逆さにしても使えるようになっているなど、トイレ掃除のための工夫もされています。

また、汚れを落とす界面活性剤も入っているので、これ一本でお掃除もできます。

ただ、私の家の近所にあるドラッグストアでは扱っていませんでした。

もしかすると、あまり扱いの無い商品なのかも知れません。

そのような場合は、やはり、手に入りやすいキッチンハイターで除菌、掃除するとよさそうですね。

キッチンハイターを水で薄めて、きりふきでふきかければ、トイレの除菌ができます。

また、トイレットペーパーに染み込ませ、便器の気になる部分に置いておけば、すっきり漂白もできます。

キッチンハイターを使って、時短、カンタンにトイレ掃除をしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください