古い財布の捨て方とは?風水や神社で供養する処分方法

財布

春になったし、財布もそろそろ替えようかな、という方もいらっしゃると思います。

では、今まで使っていたお財布の捨て方ってどうしてますか?

今回は毎日のように身につけていたお財布の捨て方と、金運のあがる財布の選び方を紹介します。

お財布の寿命ってどれくらい?

財布

私はボロボロになるまで使ってしまうのですが、財布の寿命って実際どれくらいなんでしょう?

(1)経年劣化

毎日使っているだけでお財布は汚れます。
少しづつだから気づかないかもしれないので一度以下の点をチェックしてみましょう。

お財布の替え時
・金具や糸がほつれてきている。
・生地が破れたり、色落ちしてしまっている。
・型崩れをおこしてしまっている。

これらのうちどれかが当てはまったらお財布の替え時です。

(2)お財布の使用開始から1000日が経過した

この使用期限「1000日」又は「3年」という考え方。

これは風水の考え方からきています。

風水上では1000日使用したお財布はお金を呼び込む「気」が無くなっていたり、逆に様々な人の手を渡ってきたお金の悪い「気」を溜め込んでしまうこともあるからです。

その為、使い始めてから1000日経過したお財布は処分することが良いとされています。

もし、お気に入りのお財布でしたら使った期間と同じだけ休ませてあげると、又、気を貯めて使えるようになります。

(3)金運が悪くなったと感じた時

財布

新しいお財布に変えたけれど、なんだかお金が出て行ってしまう、貯まらない。

そんな時はお財布に原因があるのかもしれません。

お金が出ていく財布
・中古のお財布
・折財布
・赤いお財布
・あんまりにも安いお財布

は金運をダウンさせてしまいます。

その他金運が良くないな、と思った時は思い切ってお財布を変えてみて下さい。

古いお財布はどうやって処分したらいいの?

毎日使っていたお財布とのお別れ。

折角ですのでお財布にも自分にもいい捨て方をしましょう。

感謝の気持ちをあらわす捨て方

どんな風に捨て方にしても、毎日働いてくれたお財布に「ありがとう」の気持ちを込めて処分しましょう。

  • 思いやりを込めて紙などに包んで捨てる
  • 心遣いの気持ちで飾ってあげる
  • 感謝の気持ちを込めて処分する

詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。

⇒ 古い財布の処分の仕方 

飾り紙のダウンロードも無料でできます。

やっぱりゴミ箱の中に直接捨てるのと、ゴミに直接触れないように紙に包んで捨てるのでは気分が違いますよね。

捨てる際に塩を降ってお清めするのもいいそうですよ。

雨の日に処分する

梅雨

風水でお金は「水の気」に触れて増える、という考えから。

雨の日にお財布を処分すると新しいお財布にお金が入りやすくなるそうです。

同様の考えから、川や湖、噴水などの近くで処分するのもOKです。

金運アップの方角に捨てる捨て方

西・北西は金運アップの方角、北・北東は運気を溜め込み、増大させる効果があります。

この方角に、紙などで包んでお財布を処分するといいとされています。

旅行先での捨て方

上記の「金運アップの方角に捨てる」と通じるものがありますが、良い方向に旅行をした時に旅行先で処分するのもよいそうです。

その際も、紙でくるんだりする捨て方だとといいですね。

いずれにしても、分別など旅先に迷惑がかからないような捨て方がいいですね。

古い財布を寺社仏閣で供養しよう

それでも自分の家のゴミと一緒の捨て方のは気がひける、という方はお寺や神社でご供養してもらう方法もあります。

お財布のご供養をしてくれる寺社仏閣をいくつかご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

・千葉千手観音 妙泉寺
千葉県東金市山田1210
ご供養料 3,000円
URL:http://www.ningyo-kuyo.com/

・結城諏訪神社
茨城県結城市大字161-1
ご供養料 3,000円(大きさにより変わります)
URL:http://www.suwa-jinja.jp/kuyo/

・五百羅漢寺
東京都目黒区3-20-11
ご供養料 2,000円(他供養証明書100円、金運お守り500円)
URL:http://rakan.or.jp/

・熊本宝来宝来神社
熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰2909-2
ご供養料 無料(返信用封筒を同封するとお守りを返送してくれます)
URL:https://www.hogihogi.org/

・山田天満宮
愛知県名古屋市北区山田町3-25
ご供養料 5,000円
URL:http://www.tenman.jp/

その他、寺社仏閣でなくとも、ご供養やお焚き上げをしてくれる代行業者もあります。

春に向けて、新しいお財布を選んでみよう

では、金運を上げる財布の特徴をいくつかご紹介します。

新しいお財布を買う時の参考にして下さい。

色は?

金蛇水神社

茶色・ベージュ

風水上、土属性になるので金を産むと言われています。

財布

安定の色。現在の財産を守ってくれる色です。

すべての運が伸びていく色。努力が身を結ぶアイテムになりそうですね。

悪い運をリセットしてくれます。

今、調子が悪いと感じている人にはオススメです・

素材は?

牛革

貯める力が強い素材。

今ある財産を守りたい時には最適です。

蛇革

人脈を拡大し、ビジネスチャンスを広げる力があります。

しかし、循環させる力が強いので、貯めるだけでは無く出て行くことも多くなりそうです。

豚革

豚は風水で健康運、家庭運をよくするモチーフです。

結婚した時などにぴったりかもしれませんね。

又、風水上土の属性の為、お金を生み出す力があります。

使い始めの時期は?

春→張るという意味合いでお金が稼げるとも言われています。

そうで無くても、新しいものを春から使いたくなったりしますよね。

「実りの秋」ということで、お金が実ると考えられています。

秋分の日~11月24日頃までを秋と捉えるようです。

寅の日

12日に一度巡ってくる日です。

虎の模様のように「黄金色でしま模様」は金運の象徴ともいえるもの。

さらに出て行ったお金を呼び戻してくれる力もあります。

12日に1度なので、設定がしやすいのが嬉しいですね。

一粒万倍日

「籾が稲穂のように何倍にも増える日」ということで、何かを始めるのに良い日とされています。

又、お金を増やすにも良い日とされています。

よく、宝くじ売り場でも「本日一粒万倍日」などと「のぼ」りがたっていたりしますよね。

まとめ

財布

お財布の捨て方を色々ご紹介しましたが、何と言っても感謝の気持ちを持つことが大事ですね。

私も捨てる時は、何はともあれ「毎日お疲れ様でした。ありがとうございました」の気持ちをもって捨てようと思います。

最後に、お財布の色や素材については諸説あります。

選ぶ際、色々悩んでしまうけれど、自分が気分よく過ごせる財布を持つのがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください