ガングリオンとは?手首にできる症状と原因と対策

なぜ?

手首の関節に変なふくらみが…。

それってガングリオンかもしれません。

ガングリオンって一体なに? どんな病気でしょうか?

ガングリオンの症状、原因と対策について調べてみました。

ガングリオンってどんな病気?

ガングリオンとは、手足などの関節にできる腫瘍のことです。

「癌」じゃありません。良性の腫瘍なので、診断されてもびっくりしないでください。

ゼリー状の液体が詰まったこぶです。

手首や指先など、関節の周辺などにできることが多いです。

西洋圏では「聖書ダコ」とも呼ばれます。

ガングリオン
関節のまわりに液体がたまって、それが嚢胞になります。

嚢胞とは、体の中にできる袋のような仕組みのしこりで、中に液体がたまったもの。

皮膚とはくっついていないので、触ると少し移動します。

突然できる場合も、徐々に進行する場合もあります。

手を使いすぎたり強くぶつけた後に発症することが多いですが、原因は不明です。

でも、必ずしも手をよく使う人に見られるわけではありません。

若い女性に発症することが多いですが、これも理由はわかりません。

痛みがなく自然に消滅することもあります。

ですが、神経や腱を圧迫して痺れや痛みがある場合もあります。

関節が動かしにくくなる症状があることも。

治療は、嚢胞のなかの潤滑液を注射で吸引するか、切り開いて嚢胞を取り除きます。

治療した後に、再発する場合もあります。

ガングリオンを自分でつぶすと悪化の危険がありますので、やめましょう。

治療・対策は必ず医師の診断に従うようにします。

ガングリオンの症状は?

手首などの関節や、腱鞘の周りにあずき大からピンポン玉大のふくらみができます。

この腫瘍は、やわらかいものから硬いものまでさまざまです。

通常、症状は無いことが多いです。

ときどき、神経の近くにできると神経を圧迫してしまいます。

しびれや痛み、運動麻痺などの症状を起こすことがあります。

このふくらみは、手を使いすぎると大きくなる場合があります。

ガングリオン内容

発症する場所で多いのは、手首の関節の甲側にできるガングリオンです。

このガングリオンは、手の関節を包むふくろにつながっています。

触診と、しこりに注射を刺してゼリー状の内容物を吸引して診断します。

なかには触ってもわからない小さいガングリオンもあります。

こういった場合は診断がつきにくいので、MRIや超音波検査をします。

ガングリオンの原因は?

?

なぜガングリオンができるのかはわかっていません。

線維性組織のムチン様変性説、真性腫瘍説、滑液膜のヘルニア説など、諸説あります。

現在では、線維性組織のムチン(粘性物質)変性説が主流となっています。

ガングリオンは、多くは関節を包むふくろの部分からできる良性の腫瘤です。

手を良く使うからできるというものではないようです。

関節液や腱鞘などの潤滑油である液体が、ガングリオンの袋に送られて凝縮し、ゼリーのようになります。

関節や腱にできるガングリオンは、関節や腱鞘につながっています。

関節を包むふくろから長い茎でつながっている場合も多いです。

ガングリオンの治療や対策は?

ガングリオンは、腫瘤だけで痛みなどの症状がないなら、放置しても心配ありません。

ただし、本当にガングリオンなのか診断は必要です。そのためにも整形外科にかかりましょう。

ガングリオン

出典:日本整形外科学会 https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/ganglion.htm

 

前よりも大きくなった、何だか圧迫感を感じる、痛みがあるなどの障害を感じるときは、治療が必要になります。

保存的療法(出血させない治療法)としては、ガングリオンに注射針を刺して内容物を吸い出し、中の液体を取り除きます。

何回か吸引・排出をする治療・対策をするうちに治ることもあります。

また、吸引した後にステロイドの薬物を注入する対策もあります。

ガングリオンに力を加えて、押しつぶす治療法もあります。

ただし、こうした治療や対策は神経や骨などの専門のお医者さんが正しく行う必要があります。

自分で圧迫したりつぶした場合、感染症などの危険が高まります。

必ず整形外科の専門医にかかりましょう。

ガングリオンの手術

それでも繰り返し中に液体がたまるようなら、手術を行います。

一般的には局所麻酔をして、嚢腫の上から皮膚を切開し、直接目で見て嚢腫を摘出します。

最近では、内視鏡を使った鏡視下切除術も行われています。

手術をしてもまた出来てしまう可能性もあります。

再発を防ぐためには、関節包の近くにできるガングリオン予備群の発見や、ガングリオンを茎ごと摘出するのが重要になってきます。

困った女性

ガングリオンは原因がわからないため、予防や再発防止などの対策は難しいです。

保存療法はどれも根本的な治療や対策ではなく、再発率は20~64%程度とされています。

注射器で吸引した後にステロイドを注入した場合の再発率は、約20%程度とされています。

手術療法は原因を取り除く治療法ですが、多少の再発があるとされています。

手術後に皮膚に残るあとが目立ったり、その周りの感覚が鈍くなることもあります。

ガングリオンの症状・原因・対策まとめ

ガングリオンの症状、原因と対策について見てきました。

ガングリオンという病気、原因もわからないし、謎が多いです。

でも、痛みなどなく無症状なら、自然消滅を待って大丈夫なようです。少し安心ですね。

でも、素人判断は危険なこともあるので、できれば病院で診てもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください