2020年限定で祝日移動が決まる?海も山も体育も!

2020年

2020年限定で祝日移動が決まるかもしれないということを知っていますか?

どの祝日が、いつに移動するのでしょう。

調べてみました!

2020年限定で祝日移動?2020年と言えば?

東京オリンピック

2年後、2020年、東京オリンピックが開催されます!

このオリンピックには、世界各地から、選手や観光客、要人など、多くの人々が集まります。

交通機関も、かなり混雑することでしょう。

そんな懸念を緩和しようと、先日、「2020年に限り、祝日を移動してはどうか」という調整が行われました。

具体的に、どの祝日が移動しようとしているのか、見てみましょう。

「海の日」が移動

海の日

まず、7月第3月曜日の「海の日」が、東京オリンピック開会式前日の7月23日(木曜日)に移動する見込みです。

また、これを機に、オリンピックの翌年2021年からは、「海の日」を、制定された当初の7月20日に固定しようという動きもあるようです。

「体育の日」「山の日」も移動?

体育の日

次に、現在10月第2月曜日の「体育の日」が、東京オリンピック開会式当日の7月24日(金曜日)に移動する見込みです。

この「体育の日」は、もともと、前回の東京オリンピックの開会式が10月10日に行われたことから制定された祝日でした。

それが、「ハッピーマンデー」制度の適用により、10月第2月曜日に移動。

そして、今回の東京オリンピック開催に伴い、1年限定でさらに移動しよう、というわけです。

山の日

さらに、8月11日の「山の日」が、閉会式翌日の8月10日(月曜日)に移動する見込みです。

閉会式自体は、8月9日、日曜日の開催ですから、このように祝日を移動することで、開会式前日と当日、閉会式の当日と翌日がお休みとなります。

この案が今の国会で成立すれば、正式に祝日の移動が決定となります。

祝日移動で困る?

祝日を3つも移動するという、大胆な案ですが、ちょっと困るという意見も見られます。

まず、10月唯一の祝日である「体育の日」が、2020年に限りなくなってしまうのはいやだ!というものです。

確かに、1日でも祝日があるのとないのとでは、気分的に大きな差がありますよね。

また、様々なシステム設定などを任されているプログラマーの方々は、2020年限定でシステムを変更しなければならないことに不安を持っている様子。

祝日移動という、通常ではありえないことだけに、少し、混乱も起きそうですね。

2020年限定で祝日移動? まとめ

2020年東京オリンピック開催に合わせ、国内の交通機関混雑の緩和を考え、開会式、閉会式の前後に祝日を移動するという案が出ています。

7月23日(木曜日)に、現在7月第3月曜日の「海の日」が。

7月24日(金曜日)のオリンピック開会式当日には、現在10月第2月曜日の「体育の日」が。

そして、閉会式翌日、8月10日(月曜日)には、現在8月11日に定められた「山の日」が、それぞれ移動する見込みです。

現在、この祝日移動の案は調整段階で、今の国会に提出される予定です。

この案が通れば、正式に2020年に限り、祝日が移動されます。

ちなみに、これまで、祝日を1年限りで移動したことはないそうです。

そうなると、3つも祝日が移動する2020年は、かなり貴重な年となりますね!

56年ぶりに東京で開催されるオリンピックが、ますます楽しみです。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください