睡眠ダイエットのやり方と3つのコツ!

睡眠ダイエット

「 睡眠ダイエット 」をご存知ですか?

眠るだけで痩せられるなんてそんな夢のような話…と思うかもしれません。

ですが、現代の人々はほとんどが睡眠時間が足りず、質の良い眠り方ができていません。

ぐっすり眠って健康な身体になれば、自然と今より代謝が上がります。

代謝が上がれば、太りにくくやせやすい身体なるんです。

睡眠ダイエットの やり方 、3つの コツ をお教えします。

さあ、今晩からぐっすり眠って気持ちよく痩せましょう。

なぜ寝るだけで痩せるの?

?

なぜ毎晩ぐっすり眠るだけでダイエットに成功できるのでしょう?

それは、睡眠と肥満には密接な関係があるからです。

私たちの身体は寝ている間に「成長ホルモン」が分泌されます。

このホルモンはダイエットに重要な役割を果たします。

成長ホルモンの働きには、大きく分けて2つあります。

疲れた身体をリセットする「疲労の回復」

正しく眠ることで翌朝疲労が取れるのは、成長ホルモンの分泌により、身体がリセットされるから。

良く眠り、すっきり目覚めることで、肌や体の細胞がリセットされます。それで、心身ともに若返り効果が期待できるんですね。

体内に蓄積された「脂肪の分解」

正しく睡眠を取ることで成長ホルモンがしっかり分泌されると、ひと晩に約300キロカロリーの脂肪が分解されます。

でも睡眠時間が短かったり、眠りが浅かったりすると、成長ホルモンの分泌は約70%も減少してしまうんです。

正しく眠ることを習慣づけられれば、寝るだけで1日に300キロカロリー分も痩せられる、ということです。

睡眠ダイエットのやり方は?

質の良い眠りのためには環境づくりが重要です。

やり方を紹介します。

夕食は就寝4時間までに済ませましょう

内臓の消化活動が活発だと、眠ろうとする体のメカニズムを狂わせてしまいます。

入浴はぬるめのお湯に20分ほど

お風呂

血の巡りがよくなると、快眠作用だけでなく、ダイエットやスキンケア、冷え性改善にも効果があります。

就寝1時間前になったら、照度や色温度の低い照明にチェンジ

照明

明るさを調節できる間接照明などで、心身を落ち着かせましょう。

寝る前にPCやスマホを見るのはやめましょう

ブルーライトの刺激の強い光は、脳を覚醒させてしまいます。

どうしてもお仕事などで使わないといけない場合は、ブルーライトカットのメガネを使用するなど対策してください。

カーテンの端を10cmほど開けて寝ます

カーテン

朝の光を浴びることで体内リズムが整います。

カーテンを少し開けて、朝の光が差し込むようにすれば、寝起きがよくなります。

睡眠ダイエット3つのコツ

睡眠ダイエットは、ただ寝ればいいのではなくやり方にコツがあります。

3つのコツを見ていきましょう。

1. 寝はじめの3時間はまとめて

睡眠

何時に眠りについたとしても、寝はじめの3時間は、途中で目が覚めることのないように眠ります。

寝はじめの3時間は、もっとも深い睡眠の時間です。

成長ホルモンは深く眠るときまとめて分泌される特徴があります。

この3時間の睡眠を大事にしましょう。

2. 夜中の3時には寝ていること

成長ホルモンは、夜10時から夜中の2時までに集中して分泌されます。

遅くとも、夜中の3時までにはぐっすり眠っているようにしてください。

3. 1日のトータル睡眠時間は7時間を目指します

睡眠不足は肥満のもと。睡眠時間はトータルで7時間を目安にとるといいでしょう。

長く寝るほど痩せるわけではないです。

個人差はありますが、あくまでも目安として十分な睡眠をとりましょう。

眠りはじめの3時間さえ起きなければ、昼に仮眠をとったりしてトータル7時間になれば大丈夫です。

眠りたいけど眠れないとき

夜、寝ようとしてもなかなか寝つけかったり、それがプレッシャーになって眠れない人もいると思います。

でも、こういうストレスをそんなに深刻にとらえる必要はありません。

私たちの身体は、寝つきがいいときもあれば、そうでないときもあります。

寝られない日が何週間も続く、ということは物理的にありません。

眠れないときは、瞑想タイムと考えて身体を休めましょう。

睡眠ダイエットのやり方とコツまとめ

睡眠ダイエット
(やり方1)寝る前は飲食をひかえたり、照明を落としたりして心身を落ち着けます。

(やり方2)寝はじめの3時間は目が覚めないように、トータルで7時間を目安に寝ます。

(やり方3)夜10時から夜中の2時、遅くとも夜中の3時には眠っているようにします。

睡眠ダイエットのやり方とコツ、いかがでしたか?

普段の睡眠に、ちょっとしたやり方やコツで痩せやすい身体が手に入ります。

全部を完璧に行えなくても、深い睡眠をとるよう工夫してみてください。

睡眠ダイエットは、痩せるだけでなく、さまざまな病気の予防にもなります。

ぜひ継続して睡眠ダイエットを行って、健康な毎日を送ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください