おみくじで運勢がいい順番は?吉は中吉より上か下かどっち?

おみくじ

初詣や神社やお寺にお参りをした際に、欠かせないのが”おみくじ”ですよね。

おみくじには見方が、色々あるのはご存じでしょうか。

今回は、おみくじの運勢はどれが一番いいのか、おみくじを引くときに正しい引き方で紹介します。

おみくじの運勢のいい順番

  おみくじ 大吉

おみくじというと「大吉」が一番運勢のよいものですよね。

では、次は何でしょうか。

おみくじには、「大吉」の次に「吉」があります。

その「吉」の中でも「中吉」「小吉」があり、「吉」と「中吉」はどっちほうが運勢がよいのか人によって意見がわかれています。

そこで、おみくじの運勢のいい順番を調べてみました。

吉は中吉より上?下?

おみくじ

実は、厳密にいうと、「吉」と「中吉」の順番は神社やお寺によって違うのです。

ある神社では、「大吉→吉中→吉→小吉→末吉→凶」の順番でした。

しかし、違うお寺によると、「大吉→中吉→小吉→吉→末吉→凶」といった答えが返ってきたのです。

「吉」は「中吉」よりも「小吉」よりも順番が下でした!!

さすがに、意外ですね。

おみくじを引くお寺や神社によって順番が違います。

そこで「吉」「中吉」「小吉」が出た時、どちらが運勢がよいのか知りたい場合は、お寺や神社へ尋ねるしか正しい答えはわかりません。

ややこしいですが、運勢よりも、おみくじに書かれている「内容」が重要ですね。

「大吉」と引いても、書かれている内容が「大吉」らしくないときもあるますよね。

基本は「大吉→吉中→吉→小吉→末吉→凶」が運勢のいい順番です。

さやん

大吉より吉や中吉のほうがいいってどういうこと

おみくじ

おみくじの文化は中国からやってきていて、戦国時代にはすでに、日本でも用いられるようになっています。

戦国時代には、伝わっていたということからうかがえるように、本来の意味は、未来の形、つまり、指針ということになります。

戦国時代の波乱の世で、おみくじは武士たちの縁担ぎであったのですね。

現代では、占いのような感覚で引くおみくじですが、「大吉」がでると嬉しいですよね。

しかし、手放しで喜ぶのは早いかもしれないのです。

大吉の意味

大吉の意味合い
「大吉」といえば、よいことしか書かれていないイメージがありますが、もともとのおみくじの意味合いである、将来の指針を示すということからすると、「今が一番いい時」「ピークの時期です、あとは下り坂ですよ」といった、戦国時代の「大吉」には、気持ちを引き締める意味があったのです。

そう考えてみると、「大吉」なのにあまり「大吉」らしくない内容があるのも納得がいきますね。

この先、まだまだ運勢がよくなるといった意味で、「大吉」より「吉」の方がよいとされています。

もしおみくじを引いて「凶」がでたとしても、「これ以上は悪くならない、これからはいいことがある、上に登っていくしかない」と捉えることができますね。

正しいおみくじの引き方

おみくじ

中国からの文化であり、日本では戦国時代の武士たちの指針であったおみくじですが、実は、引き方にも正しい引き方があるのです。

おみくじの引き方

  • 体を洗い清める
  • 観音経を3回読み上げる
  • 真言を999回唱える
  • おみくじを引く

これが正しいおみくじの引き方です。
いかがでしょうか。

普通ではできませんよね。

おみくじを引くだけで日が暮れてしまいそうです。

さすが、戦国時代の武士の縁担ぎになったくらいですから、引き方も気合が違います。

現代、せめて、おみくじを引くときには、手や口を清めて参拝した後におみくじを引きましょう。

おみくじというと気軽に引いてしまいがちですが、由来を知ると気が引き締まってしまいますね。

おみくじの運勢のいい順番 まとめ

おみくじには神社やお寺によって、「吉」「中吉」の順番が違うことがよくわかりました。

また、本来は将来の指針を示すものであり、占いとは違った意味を持ちます。

「大吉」は今が一番いいときだからこれ以上、運気が下がらないように気をつけてくださいという意味が込められているため、実は「吉」や「中吉」のほうが将来性があるといった意味にもとれます。

おみくじを引くときには、さすがに正しい引き方はできませんが、手と口を清めてから、参拝してひきましょう。

結果がどんな順位であれ、あくまで指針として前向きに捉えて気にせず、前向きにいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください