10月の行事とイベントは何がある?お祭りも!

10月イベント

秋真っ只中の10月。

芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋。

快適に過ごせる季節ですね。

10月の行事

10月1日~3月31日、赤い羽根共同募金

赤い羽根

学校や街頭などでよく見かける共同募金ですね。

赤い羽根は、欧米で「善い行い」「勇気」の象徴とされてきたと言われています。

募金されたお金は、災害や各都道府県ごとに使い道を決められます。

つまり、募金すると自分の地域に使われることになり、地域活性化につながります。

10月8日、体育の日

体育の日

体育の日は2000年(平成12年)から10月の第二月曜日になり、2018年は10月8日(月)です。

長く10月10日でしたが月曜日にすることで、10月の連休になりました

10月10日は晴れの特異日(晴れになりやすい日)だと言われていますが、実はそのようなデータは存在しないようです。

10月21日、十三夜

十三夜とは、十五夜の約1ヵ月後の月のことで、2018年の十三夜は10月21日(日)です。

十五夜に対して、「十三夜に曇りなし」という言葉もあるように、何故か十三夜が晴れの日が多いようです。

十五夜は中国から伝わった風習ですが、十三夜は後に日本で始まった風習です。

十五夜と十三夜はセットであり、どちらかしか月見をしないことを「片月見」と呼び、縁起が悪いとされています。

紅葉狩り

紅葉

秋といえば紅葉で山が赤や黄色に色付く季節です。

紅葉狩りは「狩り」と名前は付いていますが、実際に木からもぐのはマナー違反です。

冬へ向けた秋の移ろいを目で見て楽しみましょう。

落ち葉なら持ち帰っても問題ないので、しおりなどに加工するのはいかがでしょうか。

10月のイベント

10月17日、神嘗祭(かんなめさい)

神嘗祭とは、三重県の伊勢神宮で毎年10月17日に行われる神事です。

その年の新穀を天照大御神に奉納する五穀豊穣の感謝祭です。

神嘗祭とは別日ですが、伊勢の町では神嘗奉祝祭(かんなめほうしゅくさい)というお祭りも開催されます。

文字通り、神嘗祭をお祝いするお祭りで、花笠踊りや沖縄エイサーなど、全国の有名なお祭りが集まります。

時代祭(じだいまつり)

時代祭とは、葵祭、祇園祭とともに京都三大祭のひとつです。

延暦の時代から明治時代までの装いをした行列が、新しい時代からさかのぼって京都の町を練り歩きます。

参加人数は約2,000人、2kmの距離を3時間かけて行われます。

10月31日、ハロウィン

ハロウィン

近年日本でも若者に人気の、言わずと知れたイベントです。

全国各地でパレードやパーティなどが開かれてますが、中でも渋谷の交差点での様子はニュースでよく取り上げられていますね。

SNSの影響もあり、渋谷には外国人も多く集まるそうです。

賑わいと比例して、イベント後のゴミなどの問題も話題になっています。

周りの人への思いやりや、マナーを守って参加してください。

オクトーバーフェスト

ビール

ドイツで開催され、野外に大きなビールテントを設け、ビールや食べ物を楽しむお祭りです。

日本でも横浜の赤レンガ倉庫や、東京の日比谷公園でのイベントが大規模で有名です。

ドイツのビールやソーセージが食べられます。

注意点として、開催される地域によっては10月の開催ではない場所もあるので、日付をよく確認してから行きましょう。

10月の行事、イベント まとめ

古くからある習慣や、ここ最近行われるようになったものまで、10月は多岐にわたりますね。

特にイベントは日本文化のみならず、海外の文化を取り入れたイベントもあり、華やかなお祭りが多いです。

気軽にできる行事やイベントばかりなので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください