夏休みの自由研究は何がある?小学3年生の工作やテーマ

夏休み自由研究小3

小学生になって3年目の夏休み。

ウキウキ、ワクワクと過ごされていることでしょうが、親としては宿題をきちんとしているのか気になるところですね。

小学3年生になると、少し難しい自由研究や工作をしたがるのでしょうか。

そんな小学3年生にぴったりな自由研究や工作をご紹介します。

小学3年生におすすめの自由研究テーマは?

小学生

小学3年生になると、手先もだいぶ器用になったり、自分で考えてできることがたくさん増えてきますね。

夏休みの自由研究というと、大がかりなものを想像してしまいますが、簡単にできるものもたくさんあります。

工作のキットなどで大作を作るのもいいですが、身近にあるものを工夫をしながら、想像力を膨らませてみてはいかがでしょうか。

テーマを選ぶ時のポイント

夏休みの自由研究のテーマを選ぶときには、何年生になっても言えることですが、子どもに関心のあるものであり、親がしゃしゃり出るのではなく、主体性を持たせることです。

親はあくまで、提案してあげたり、アドバイスをするに留めることが大切だといえます。

そして、きちんと自分でできることです。

ずっと同じテーマを4年生、5年生、6年生と段階を踏んでいけるようなテーマもおすすめです。

小学3年生のテーマとはどんなものがある?

小学生

小学3年生の夏休みの自由研究には「工作」「研究」「観察」「歴史」「手芸」など2年生のときよりもはるかに高度なものができるようになっているとおもいます。

こつこつ研究型なのか、物をつくるのが好きなクリエーターなのか…。

数日かけて作り上げていくのが好きなタイプ、短時間で済ませたいタイプなのかを見極めて、親がある程度の提案をしてあげるとよいとおもいます。

小学3年生におすすめの工作とはどんなものがある?

小学3年生におすすめの夏休みの工作はどんなものがあるのでしょうか。

いくつか例を上げてみますね。

スノードーム

夏休みに水族館へ行ったたり、海へ行ったりと思い出になるようなスノードームなどいかがでしょうか。

用意するもの
・ガラス瓶(蓋のあるもの)
・洗濯のり
・ラメパウダー
・オーナメント
・両面テープまたは、接着剤

作り方

  1. オーナメントを作る
    買ってきた小さな物でもいいですし、貝殻などでもきれいです。
    作るときには、発泡スチロールやスチロール板などを使い、形を作り、油性ペンやマニキュアなどで色を塗ります。
    花火などはスチロール版にラインストーンなどを張りつけます。
  2. ガラス瓶にオーナメント以外のラメパウダーや小さな貝殻などを入れます。
  3. ガラス瓶に水と洗濯のりを7:3の割合で入れます。
    まず、洗濯のりをいれてから水をいれることがポイントです。
    ガラス瓶いっぱいに入れてしまうと、オーナメントを入れると溢れてしまいますので、9割りほどに留めておきます。
  4. 泡が立たないように混ぜます。
  5. 蓋の裏側に接着剤や両面テープでオーナメントを付け、しっかりと蓋を締めます。

中に入れるものによって様々な表情が見られるスノードームです。

夏休みの思い出になるような物をテーマにしてみてはいかがでしょうか。

牛乳パックをはがきにリサイクル

夏休み自由研究

いつも飲んでいる牛乳のパックをはがきにしてみましょう。

用意するもの
・牛乳パック
・ミキサー
・針金ハンガーまたは針金
・洗濯のり
・ストッキングまたは水切りネット
・大きめのバット
・新聞紙
・タオル
作り方
  1. 針金ハンガーや針金を四角にし、ストッキングやネットをかぶせます。
  2. 牛乳パックを水に1、2日水の中へつけておくか、鍋で煮て表面のコーティングをはがす。
  3. 牛乳パックと水をミキサーにかけて砕き、洗濯のりを少量加えます。
  4. バットに水を張り、四角にしたハンガーを入れて、砕いた牛乳 パックを載せて広げます。
  5. 4をバットからあげ、新聞紙をかぶせてひっくり返します。
  6. ストッキングやネットのうえへタオルを使い水分を取ります。
  7. 風通しの良い場所で1、2日乾かします。
  8. はがきのサイズに切り取ります。
出来上がったはがきに絵などを書いてもおもしろいですね。

石や貝に顔を書こう

夏休み自由研究

用意するもの
・砂浜や川などで拾ってきた貝や石、流木
・クレヨン、アクリル絵具、サインペンなど
作り方
  1. 拾ってきた石や貝をきれいに洗い乾かす
  2. クレヨンや絵具などを使い顔や動物の絵を書きます。

このときに、石の形などで想像力を膨らませたり、いくつか石や貝、流木を組み合わせて、人や動物の形にしてもおもしろいですね。

絵付けも数種類の道具を使って、箱の中に飾ると見栄えもよくなります。

まとめ

夏休みの自由研究や工作に普段は使わなくなった洗濯のり大活躍ですね。

せっかくなので、夏休みの工作や自由研究は、「夏の思い出」になるような物をつくるのもいいかもしれませんね。

少し大きくなったときに、作品を見て、思い出せるととても素敵な作品になりますね。

お子様の課題と一緒にお母さんやお父さんも一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください