出産祝いの金額相場と渡す時期、袋やお返しは?一言メッセージも!

出産祝い

大事なお友達や、親戚、兄弟が出産したら気持ちを込めてお祝いを送りたいものです。

そんなお祝いの気持ちを伝えるにはどんなものを選んだらいいか悩みますね。

お祝いの金額相場や、送って喜ばれるアイテム、又、お祝いをもらった時のお返しについて調べてみました。

出産祝いの金額相場はどれくらい?贈る時期はいつ頃がベスト?

出産祝いの金額相場とは

出産祝いの金額相場ってどれくらいなのでしょうか。
結論から言ってしまうと、決まった金額相場はありません。

出産祝いの金額目安
・一般・・5,000円程度
・兄弟姉妹、親戚・・10,000円~30,000円程度
・職場・・部署の一人当たり 500円~1,000円程度

一般的には友人であれば5000円程度が妥当です。

兄弟姉妹や親戚であれば10000~30000円程度です。

しかし、兄弟姉妹の場合、ご自身が学生さんなどでしたらその限りではありません。

又、職場の方へのお祝いでしたら部署全員で贈ったりしますので
一人あたりは500円~1000円程度になります。

いずれにせよ相手にも自分にも負担にならない金額がベターですね。

注意
出産祝いの場合、4や9がつく額は「死」や「苦」に繋がるので避けてくださいね。

お祝いを贈る時期)

それからお祝いを贈る時期ですが、一般的には出産から7日~1ヶ月位までが良いとされています。

ただしこれは郵送で贈る場合ではないでしょうか。

もし、直接会って贈る場合は赤ちゃんとの生活に慣れてくる1ヶ月~3ヶ月位がいいです。

出産から1ヶ月程度は産褥期といって、お母さんはゆっくり休んで体調を戻している時期ですから、その時期に押しかけることは避ける方がベターです。

もし6ヶ月も過ぎて大分遅くなってしまうようでしたら、ハーフバースデイや1歳のお誕生祝いとして贈るとスマートですね。

どんなものを送ったら喜ばれる?人気アイテム9点

出産祝いには実用的なアイテムが喜ばれます。

とはいえご自身が出産をされていない場合何が実用的なのかわかりづらいものです。

そこで、実際にもらって嬉しかったもの、贈ってよかったものなど9点選びました。

是非参考にしてみてください。

おむつケーキ、おしりふき

ここ10年位の間で定番になったおむつケーキ。

おむつを綺麗にラッピングしてケーキのように見立てたプレゼントです。

可愛いものが大好きなママにはきっと喜ばれると思います。

正直おむつはいくらあっても助かります。

注意
ただし、サイズには注意してください。
サイズアウトしてしまっている可能性もありますから、事前に確認してみるといいですよ。

 

他に「おしりふき」も欠かせないもの。

10個セットで売ってありますが、重いものなので郵送すると喜ばれます。

スタイとエプロン

出産祝い

スタイとはよだれかけのことですが、これもかなり必需品です。

赤ちゃんにより違いますが、もしよだれが多めの赤ちゃんでしたら
何枚あっても困ることはありません。

ちょっとお高めのブランドものや、名前入りのスタイも贈り物にはいいですよね。

 

又、実際に使用するのは1歳くらいになってからですが、お食事用のエプロンもオススメです。

出産直後のスタイは用意していても、離乳食が始まると、ベビースタイだけでは汚れをカバーしきれません。

袖のついているものや、シリコンで出来ていて食洗機にかけられるもの。

他にも、そのままおでかけもできそうなとっても可愛いドレスエプロンもあります。

タオル製品

普通のバスタオルもいいですが、バスポンチョもオススメです。

お風呂からあがった赤ちゃんをくるっと包んで、湯冷めを防ぐことができます。

お母さんはその間に体を拭くことができ、お母さんの風邪も防げます。

 

逆にお母さんにバスローブを贈ってもいいと思います。

実際私がバスローブを使用していたのですが、身体も冷えることがなく大変便利でした。

食器セット

出産祝い

離乳食用の食器セットもあると便利なアイテムです。

割れることを心配しなくてもいいプラスチックやメラミンの製品も魅力ですが、本格派にこだわりたい方でしたら陶器の食器も素敵です。

お家で使う食器以外にも、外出用のマグやボーロなどのおやつを入れて持ち運べるおやつケースもあります。

洋服

出産祝い

新生児用の洋服よりも、1歳~3歳頃に着る洋服を贈るとサイズアウトの心配もありません。

その時は、季節を考慮しましょう。

 

普段着として_利用できそうなTシャツでも、ちょっといい品物は何度洗濯してもよれることが無く大変助かる出産祝いです。

ちょっとしたおでかけに着られそうなおしゃれな服も喜ばれます。

お母さんの好きなブランドにキッズラインがあれば、そのブランドのお洋服もいいですね。

カタログギフト

出産祝いに迷ったらカタログギフトも便利です。

赤ちゃん向けの商品がラインナップされているカタログもいいですが、お母さん向けのカタログギフトも嬉しいものです。

出産祝いには赤ちゃんのものをもらうのがほとんどですので、自分に向けてのプレゼントは気分が上がります。

ブランケット

赤ちゃん用の布団はご用意されている方がほとんどだと思いますので、出産祝いにはお出かけの際に使えるような「おくるみ」を贈るのはいかがでしょう?

スナップ付きのおくるみは初めて使う方にも便利ですし、一枚の布状のおくるみですと長く使えます。

どのように使ってほしいかを考えて贈ると決めやすいですね。

又、素材も様々あります。

個人的には産まれた季節の次の季節に合った素材がいいかと思います。

例えば、秋産まれのお子さんであれば、冬用のモコモコした素材で。

春に産まれたお子さんでしたら、ガーゼやコットンの薄手のものを贈ってみて下さい。

防災グッズ

東日本大震災から日本では様々な災害が起きています。

何も無いことが一番ですが、もしもの時の為の防災セットを出産祝いに贈ってみてはいかがでしょう。

用意した方がいいと思っていても、中々後回しになってしまうものです。

ご自身と家族をどう守っていくか考える機会になるといいですね。

赤ちゃんとお母さんの為のものが詰まった防災セットも販売されています。

一言メッセージ

出産祝い

郵送で出産祝いを贈る時はメッセージカードなどを付けると気持ちが伝わります。

こうしなければいけない、という決まりは無いのでNGワードを抑えてお祝いの気持ちを伝えて下さい。

注意
「流れる」
「終わる」
「絶える」
「なくなる」

これらの言葉は縁起の悪い言葉ですので避けるようにして下さい。

その他
・性別に関する言葉(女の子でよかったね等)

・プレッシャーをかける言葉(大変だけど頑張ってね等)

は相手によっては嫌がられる場合もありますので、慎重に使って下さい。

現金を送る場合は?ご祝儀袋のマナー

出産祝い

もらって嬉しい出産祝いとして根強いのがやはり現金や商品券です。

けれど、現金の類を贈る際の御祝儀袋にもマナーがあります。

お祝いの気持ちが素直に伝わるようにマナーに則って贈って下さい。

ベーシックな「白」が正式な御祝儀袋になります。

会社の上司など目上の方に贈る場合は白い袋が無難です。

お店に行くと可愛い色の袋がたくさんありますが、こちらはご友人などの身近な方への
出産祝いにご利用くださいね。

水引き

必ず_「蝶結び」(花結び)の水引きのものにして下さい。

蝶結びの水引きは「何度起こってもよい」お祝いの際に使用します。

結婚式のご祝儀で使用する、結び切りの水引きは
「一度きりが望ましいお祝い」に使いますので、注意して下さい。

10本の水引きのものも結婚式用になります。

又、印刷の水引きは小額のお祝いの時に使いますので、こちらも使用は控えた方がベターです。

袋の金額相場

結婚のご祝儀もそうですが、袋の金額は中身の金額に比例します。

5,000~10,000円でしたら200~400円
10,000~30,000円でしたら300~500円の袋が相場となっています。

御祝儀袋を選ぶ際の参考にしてみて下さい。

表書

 

表書きはシンプルに「御祝い」や「御出産御祝」がポピュラーです。

ただし、「御出産祝」などのように4文字になってしまうと縁起が悪いので避けます。

出産祝いを受け取ったお返しは?

今まで出産祝いを贈る際についてでしたが、逆にお返しをする場合はどうでしょうか。
お返しの金額相場や適切な時期を調べてみました。

出産祝いのお返しの金額相場

頂いた額の1/3~1/2程度が一般的なお返しの金額相場となります。

ただ、品物の場合は金額がわかりませんので、2,000~3,000円程度のものが無難です。

お返しの時期

出産祝いのお返しの時期は、お宮参りが終わってから、出産後1ヶ月(30日)位が一般的です。

その時期には、赤ちゃんもママも外出が可能となるので、ゆっくりお返しを選べます。

 

また、一か月を過ぎて頂くお祝いは、出産祝いを頂いたら出来る限り早くお返しします。

時間が経ってしまうと相手の方もなんのお返しかわからなくなりますし、こちらも贈りにくくなってしまいます。

私の友人は高級なハンドタオルをお返し用に何枚か家に用意しておいて、出産祝いを頂いたらその場でお返ししていました。

後になったら億劫になりそうな方は、いい方法だと思います。

この場合、誰でもわかるような高級ブランドであることが肝です。

お返しで感謝の気持ちを伝えても、安いものだと思われてしまうと相手に、モヤモヤさせてしまう可能性があるからです。

のしとメッセーッジ

出産祝い

お返しの場合、のしはつけましょう。

のしは「内祝い」として下さい。

名前はお子さんの名前になります。

お父さんの名前にしないように注意して下さい。

郵送で送る場合はお礼の手紙やメッセージカードを入れても素敵ですね。

産まれたばかりのお子さんの写真入りのカードもいいと思います。

まとめ

幸せ満載の御祝い「出産祝い」。

・出産祝いの相場は、
友人=5,000円位、兄弟姉妹親戚=10,000円~30,000円位
・出産祝いを贈る時期は、7日~1ヶ月
・出産祝いのお返しは頂いた金額の半額~1/3程度

贈った方も贈られた方もハッピーになりたいものです。

基本、「おめでとう」「ありがとう」の気持ちがあれば難しく考えないで大丈夫ですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください