5月の行事とイベント何がある?お祭りも!

5月イベント

5月は様々な祝日やイベントがあり、家族でのお出かけや連休を楽しみにしている方も多いですよね。

今まで何気なく過ごしていた祝日や行事を詳しく解説!

さらに5月に開催されるお祭にも注目してみました。

大型連休 今日は何の日?

5月といえばGWですが、GWを構成している祝日・行事、何があるか知っていますか?

1日 メーデー

メーデーという言葉、若い人にはなじみの薄い言葉かもしれません。

メーデーとは本来、5月祭り [mayday]と、ヨーロッパで夏の訪れを祝うお祭でしたが、現在では労働者の日となっています。

では、労働者の日とは何がある日なのでしょうか。

 

労働者の権利を主張する日として、100年以上の歴史があり、日本でも1905年から実施されていました。

メーデーは世界的に祝日としている国が多いですが、残念ながら日本では祝日ではありません。

GWの中日というのもあり、金融機関への影響を考え祝日にならないといわれています。

2日 八十八夜

八十八夜といえば茶摘みを連想する人も多いのではないでしょうか。

実際、八十八夜とはどんな行事で、何がある日なのか知っていますか?

 

八十八夜というのは雑節という行事で立春から88日目のことをいい、春から夏へ変わる節目、縁起の良い日とされています。

八十八夜を過ぎると気候が安定するので、種まきや茶摘み開始の目安の行事とされといます。

立春を1日目として数え、88日目なので閏年は5月1日、普通の年は5月2日となります。

八十八夜は季節を感じられる行事ですね。

3日 憲法記念日

憲法記念日は何がある日なのか知っていますか?

憲法記念日は国民の祝日として1948年に施行されました。

その名から想像できるように、日本国憲法が施行されたことを記念した祝日です。

日本国憲法は1946年11月3日公布、1947年5月3日に施行されたので、祝日とされたのは施行の翌年からとなります。

ちなみに、憲法記念日というのは日本以外の世界各国でも祝日としている国が多いです。

 

憲法記念日の行事・イベントとして各地で講演会などがあります。

国民の祝日、憲法への理解を深めるために行事などに参加してみるのもいいですね。

4日 みどりの日

実は少し前まで、みどりの日は4月29日だったことを知っていますか?

現在4月29日といえば国民の祝日、昭和の日ですが、これは2007年からなのです。さらに前、1948年から4月29日は昭和天皇の天皇誕生日として祝日とされていました。

昭和天皇が亡くなった後、GWを担う祝日が無くなった後の国民生活への影響が考慮され、みどりの日と名前を変え祝日として残すことになったのです。

その後、2回の祝日法の改正があり、現在の4月29日昭和の日、5月4日みどりの日となりました。

祝日というのは案外、変わっていくものですね。

5日 こどもの日

5月5日は何があるのか認知度の高い祝日ですね。

端午の節句として、一族繁栄・男の子の健やかな成長を願う伝統的な行事として広く知られています。

祝日法でこどもの日は、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」と1948年に制定されました。

こどもの日の行事は、こどものため、というイメージが強いですが、お母さんに感謝する日でもあるんですね。

端午の節句はしょうぶ湯!赤ちゃんには大丈夫?由来や効能・作り方も!

端午の節句の意味を簡単に!菖蒲やちまき鯉のぼり・兜の由来も!

 

 

GWだけじゃない、5月のイベント

GW以外にも5月はイベントがあります、何があるか知っていますか?

第2日曜日 母の日

母の日にお母さんに、カーネーションなどのお花やギフトを贈るひとも多いと思いますが、母の日の由来を知っていますか?

母の日が始まったのは、アメリカです。偉大な母を敬うため、母親のための祝日1915年から5月の第2日曜日が母の日となりました。

日本で母の日が制定されたのは、第二次世界大戦後の1947年です。

お母さんのための祝日なのでプレゼントだけでなく、家事などの手伝いをしてみてもいいですね。

母の日の意味と由来!カーネーションを贈るのは何故?

2018年母の日の年代別プレゼントランキング!30代・40代・50代・60代ママに人気なものは?

 

10~16日 愛鳥週間

バードウィークともいわれ、鳥類保護連絡協議会が野鳥保護の思想を、広く普及させるために設けたものです。

では、愛鳥週間には何があるのでしょうか。

現在、愛鳥週間には自然保護などを目的とした、シンポジウム、探鳥界などが実施されています。

学生に向けた愛鳥週間ポスターコンクールや記念切手の発売などもされています。

ポスターコンクールは、学校で行われる行事として参加したことのある方も多いのではないでしょうか。

31日 世界禁煙デー

5月31日WHO(世界保健機構)が健康のために煙草を吸わない社会つくりのために定めた日です。

日本でも厚生労働省が5月31日~6月6日までを禁煙週間とし、各自治体などで様々な取り組みを行っています。

5月は各地でお祭シーズン!

5月といえば全国各地で開催されるお祭も気になりますよね。

5月の人気のお祭何があるのでしょうか。

3.4日 博多どんたく港祭り

GW最大級の集客を誇る博多のお祭は、国内外から200万人以上の人が集まります。

歴史と伝統のあるお祭で、平安末期・室町時代から続いています。

5月2日には前夜祭が開催されますが、4月下旬から福岡市内で配布される整理券が必要となるので、県外の方の参加は難しいかもしれません。

「どんたく」の由来は、オランダ語の「ZONDAG ゾンターク」で、

祝日・休日などの意味があるそうです。

 

博多どんたく港祭りでは何があるのでしょうか。

両日、どんたくパレードが催され松噺子、警察音楽隊、パレード用バスを使った「花自動車」、古典どんたく隊などが踊り歩き祭りを盛り上げます。

花自動車では、例年戦隊ヒーローやアニメキャラが参加するので子供や海外からの見物客に人気です。

お祭の開催中は福岡市庁舎など、30箇所以上で演舞が行われ、かなり大規模なお祭となっています。

博多祇園山笠と放生会の飾り山笠紹介と日程は?どんたくと並ぶ博多三大祭り

 

3~5日 浜松祭り・凧合戦

浜松では端午の節句にちなみ、長男(初子)の誕生を祝うお祭が年中行事として開催されています。

その歴史は長く、450年前からともいわれているのです。

当時浜松を治めていた、引間城主の初子の誕生を祝し、城や町で凧をあげたのが始まりとされています。

現在では、長男だけでなく次男や、女児の誕生を祝うそうです。

3日は初子を祝うために凧をあげ、3・4日はお互いの凧糸を切りあう、大迫力の合戦です。

合戦には町ごとで参加し、独自の町紋が描かれた凧で競いあいます。

夜は豪華な彫刻、幕で有名な御殿屋台で合戦から帰った町民をもてなします。

15日 葵祭

三社祭り

京都三大祭のひとつ、葵祭は平安貴族の姿で列をつくり、

京都御所→下鴨神社→上賀茂神社まで古典行列します。

総勢500人以上、先頭から最後まで見るのに約1時間かかるそうです。

葵祭は平安時代から続く国家的な行事で、王朝風俗の伝統が濃く残ります。

 

全席指定の有料観覧席が用意されています。もちろん無料観覧席もあり、有料観覧席以外の行列コース内で好きな場所から見られるそうです。

ちなみに、京都三大祭は葵祭のほかに何があるか知っていますか?

祇園祭(7月)時代祭(10月)なので興味のある方はぜひ調べてみてください。

第3日曜日を含む三日間 三社祭

浅草寺

三社祭といえば御神輿を想像する方が多いのではないでしょうか。

浅草神社の年中行事である三社祭は下町の男衆の担ぐ100基以上の神輿が見どころです。

毎年の見物客は100万人以上といわれています。

荒々しいイメージの三社祭ですが、初日に行われるお神楽やお噺子の大行列にも注目です。

郷土芸能の「びんざさら舞」は商売繁盛、子孫繁栄などを願う神事として奉納されます。

 

三社祭という名前は、浅草神社の旧名である三社大権現社にちなんでいるといわれています。

毎年、人が多くかなり混雑するので譲り合う心と人ごみに負けない気持ちが大切です。

第3土曜日前後で三日間 黒船祭

下田市最大級のイベント、黒船祭は下田開港を称えるとともに世界平和を願う祭です。

平和を願う記念式典、米海軍・黒船の当時の乗組員の墓前祭が厳かな雰囲気で行われます。

⇒ 黒船祭り 軍艦見学戦 チラシ

町内などでは、活気に満ちたイベントがたくさん開催されます。

黒船祭のイベント何があるか調べてみました。

日米公式パレード、海上花火大会、コミカルに再現した劇「下田条約調印」

着物ファッションショー、露店や大道芸が楽しめる開国市など、その他にも見どころいっぱいです。

にぎわいコンサート・パレードでは、海上自衛隊、海軍の音楽隊の演奏が見られます。

黒船祭には500台以上の駐車場が用意されていますが行き帰りの混雑は避けられないでしょう。

第3日曜日 青葉まつり

仙台の青葉まつりは、青葉神社の伊達政宗公をまつる祭礼です。

伊達政宗没後350年で一度途絶えましたが、「市民がつくる市民のまつり」として催されるようになりました。

人気のすずめ踊りの演舞、震災復興祈願山鉾、甲冑姿の武者行列などが行われます。

すずめ踊りは歴史の長い踊りですが、当時の踊りに現代的な要素を取り入れアレンジしたものとなっていて、子供から大人まで楽しく参加できます。

震災復興祈願の山鉾は、市民の引き手も参加し力を合わせ引き、みんなで復興を祈ります。

5月の行事・イベント・祭まとめ

5月は大型連休があることにより、ほかの月より行事やイベントごとが多くなっています。

また季節の変わり目、端午の節句があることによりお祭も多く開催されているようです。

本格的な暑い夏が来る前に少し遠出をしてお祭やイベントに参加してみてもいいですね。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください