そうめんとひやむぎの違いとは?うどんときしめんも違う?

そうめん

暑くなると食べたくなるそうめん。

一方で、お蕎麦屋さんに行くと「ひやむぎ」というのもあります。

どちらも白くて、つるっとおいしい麺で、そっくりですよね。

その違いって何でしょう。

そうめんとひやむぎの違い、うどんときしめんの違いを調べてみました。

そうめんとひやむぎ 太さに違い?

ひやむぎ

そうめんとひやむぎ、どうやら太さに違いがあるようです。

しかも、ちゃんと「JAS規格」で、その太さが定められていました。

  • そうめん:長径1.3mm未満
  • ひやむぎ:長径1.3mm以上、1.7mm未満

そうめんの方が、ひやむぎより細いんですね。

そうめんもひやむぎも、主原料は小麦粉と塩、という点で同じです。

違いは太さのみ、という点にはびっくりですね。

きしめんにも太さの決まりがある?

きしめん

さて、小麦粉と塩が主原料の麺といえば、「うどん」もありますよね。

気になったので調べてみたら、なんとこちらも、違いは太さのみ、ということがわかりました!

  • うどん:長径1.7mm以上
  • きしめん:長径4.5mm以上、厚さ2.0mm未満

なんとなく、「太いうどん=きしめん」という認識を持っていましたが、こんな明確な規格があったなんて、びっくりです。

「そうめん、ひやむぎ、うどん、きしめん」は、太さだけが違い、主原料は同じ仲間なんですね。

そうめんもひやむぎも作り方は同じ?

なぜ?

そうめんもひやむぎも、主原料は同じだということが分かりました。

では、作り方も同じなのでしょうか。

調べてみると、昔は作り方が違っていたようです。

そうめんと言うとイメージされる、のれんのように下がった白く細い無数の麺ですが、あのように、手で延ばしてつくっていたのは「そうめん」の方でした。

一方のひやむぎは、延ばした生地を細く切って作っていたのです。

しかし、明治時代に入り、製めん技術が進むと、そうめんのようにとても細い麺でも、機械で切って作れるようになりました。

そこで、太さによる基準が定められたのです。

手延べ麺はそうめんもひやむぎも同じ?

今でも、手作業の「手延べ」で作られるそうめんやひやむぎがあります。

なんと、こちらは、機械で作った麺と違い、太さの違いがないのです。

手延べの場合は、長径1.7mm未満のものは「そうめん」「ひやむぎ」どちらでよんでもかまわない、となっています。

その理由として、機械と違い、生地を延ばして作る手延べの場合、一定の太さになることは難しいため、というものがあります。

また、200年以上の歴史がある、徳島県の「半田そうめん」の太さが1.7mm前後のため、という理由もあるようです。

機械で作る麺と手延べ麺の違いは、「油が入っているかどうか」。

手延べ麺は、手作業で麺を延ばしている時に麺が乾かないように、材料に油を入れています。

それが、食べる時の風味にも影響するようです。

そうめんとひやむぎ、きしめんの違い まとめ

そうめん、ひやむぎ、そして、うどん、きしめん、それぞれの違いは「麺の太さ」のみ、でした。

どれも、主原料は小麦粉と塩という点では同じ麺です。

1ミリにも満たないわずかな違いで「そうめん」か「ひやむぎ」かに分かれるというのは意外でしたね。

一方で、機械で作った麺か、手延べ麺か、では「油が入っているかどうか」という違いがありました。

さらに、手延べの長径1.7mm未満の麺は、そうめんでもひやむぎでも、どちらで呼んでもいいという意外な結果にも驚きです。

今年の夏は、そうめんとひやむぎのパッケージをじっくり見て、実際に違いを確かめてみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください