おみくじを結ぶか持ち帰るかどっちが正しい?結ぶ場所と保管方法  

おみくじ

初詣や旅行先の寺社仏閣でおみくじを引くことはよくあります。

では、その引いたおみくじを皆さんどうしていますか?

神社に結んできています?それとも持ち帰っていますか?

悪い結果だったら結んでくる、ということもよく聞きますが、そもそも悪い結果ってどんなことなのでしょう?

私も初詣の度に疑問に思っていることを調べてみました。

おみくじを引いた後はどうする?

おみくじを引いた後、もしよくないことが書かれていたらどうしたらいいのでしょうか?

「凶」などを引いた時は悪い運がついてこないように、持ち帰らず、神社やお寺に結ぶ、という風習もあります。

私もそうしていたんですが、違う考え方もあるんですね。

おみくじは神様からのメッセージ

おみくじ

持ち帰って、神様のいう通りに行動出来ているか都度確認するのが本来のおみくじの使い方です。

ゴミ箱などに捨ててしまうなんてことは止めましょう。

持ち帰ったおみくじは、「すぐ見返せる場所」に置いておきます。

何かうまくいかない時などに自分の行動が、神様からのアドバイスに沿っているか確認してみたら、現状が好転するかもしれません。

今年ひいたおみくじがまだ手元にあるようでしたら、ぜひ確認してみて下さい。

おみくじはどこに保管する?

財布

では、持ち帰ったおみくじはどこに保管したらいいのでしょうか?

せっかくですから、見返せるように普段持ち歩くものの中や、普段からよく見えるところに置くといいです。

例えば
「お財布」
「携帯カバーのポケット」
「いつも使う鞄の中」
「定期入れ」
などに入れるとふとした時に見返すことができますね。

ただ、そのまま鞄の中などに入れてしまうとボロボロになってしまう可能性もあります。

心配な時は小さめのカードホルダーや、目薬などが入っているような、小さめのチャック付きポリ袋に入れておくと、綺麗なまま持ち歩けます。

 

やはり、おみくじは神様からのメッセージなので、持ち帰った後も丁寧に扱いたいですね。

おみくじを結ぶ

おみくじ

もちろん、おみくじをずっと持っていないといけないわけではありません。

次におみくじを引いた後に、持ち帰ったおみくじは、神社やお寺の指定の場所に結んで神様の元にお返ししましょう。

結んでおけば、神社やお寺さんの方でお炊き上げをしてくれます。

この際、勝手に木の枝などに結ばないように気をつけて下さい。

本来は、木に結んで、樹木に宿る神様と縁を結ぶという意味があります。

注意
結ぶ時には結び方にも気をつけて下さい。

縦結びやねじって結ぶことはよくないとされています。

縦結びは死装束に使われる結び方になる為、又ねじって結ぶのは神様からの言葉をねじる、ということが失礼に当たるからです。

ねじった方が結びやすいかもしれませんが、感謝の気持ちを込めて、丁寧に折りたたんで結んでください。

おみくじの意味

おみくじ 大吉

もともと、日本では政などで重要な決定をする際に、クジ引きで決めることがありました。

これは、いいかげんなのではなく、クジ引きを神様の言葉だと捉えていたからです。

室町幕府の6代将軍である足利義教が、クジ引きで選ばれたのは、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

おみくじはその流れを受け、人々の悩みに対する神様からのアドバイスが書かれているのです。

 

どうしても凶などの悪いおみくじを自分の側に置いておきたくない方は、利き手と逆の手で、神社やお寺に結んでいってもいいでしょう。

利き手と逆の手で結ぶのは「困難を乗り越えることで凶を吉に転ずる」という考え方もあるからです。

おみくじの有効期限は?

悩む女性

神様のアドバイスであるおみくじには有効期限があるのでしょうか?

調べてみると、特に決まった期限はありませんでした。

年の初めにおみくじを引く方は多いと思います。

その場合は、次の年におみくじを引いたら、前年のおみくじはお返しするのがベターです。

又、何か物事を始める際に、神様の託宣を聞きたいという方もいらっしゃると思います。

そもそもは、おみくじも占いのひとつなので、何かテーマを決めてくじを引いた方が、中に書かれていることも具体性を持ちます。

例えば、「金運を上げたい」とか「良縁を結びたい」などです。

それらのテーマを決めたら、その願いが叶った時にお礼の意味を込めて結ぶといいですね。

まとめ

おみくじはただの運試しではなく、神様からのご託宣だったのですね。

私の場合、今まで無造作に財布に放り込んでいたり、神社に結んでいたりしましたが、これからはきちんと持ち帰って、大事に扱いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください