新盆(初盆)の香典金額相場と香典返しは?お布施の相場も知りたい!

盆提灯

今年の夏に初めて新盆(初盆)経験するという方も、わからないことがあるので確認したいという方もここで新盆(初盆)の香典やお布施の相場などを確認しておきましょう。

新盆(初盆)の香典の金額相場は?

新盆(初盆)の金額相場

・一般・親戚・兄弟など3千円~1万円

・会食に出席する場合1万円~2万円

新盆(初盆)での香典金額は、故人との関係によって変わってきますが、3千円~1万円が相場といわれています。

法要後の会食をいただく場合は、5千円~1万円上乗せします。

香典袋は水引きが双銀・藍銀・黒白で結び切りか鮑結びのものを用意しましょう。

関西では黄銀・黄白を用います。

香典袋も地域によって違いがあるので確認が必要です。

香典袋の表書きは?

花

・一般・・・御供物料
・仏式・・・御仏前・御仏前

・神式・・・御玉串料・御神前

表書きは「御供物料」と書くのが宗派を選ばず一般的ですが、仏式・神式で書き方が変わってくるので確認しておきましょう。

仏式は「御仏前」「御沸前」神式は「御玉串料」「御神前」と書きます。

また、香典に新札を使うのは良くないとされています。

香典返しはどうすればいい?

香典返しの金額相場

・香典返しは2千円~5千円の品物

・高額の香典には追加で返礼品を送る

香典返しは香典の1/3~半額程度の品物を用意します。

事前に誰がいくらの香典を出すか大体予想し、2千円~5千円くらいのものを用意しておきましょう。

香典が1万円以上の方には、後日追加で返礼品を送ります。

追加で送る場合は、盆明け~月末までには届くように手配しましょう。

香典返しの表書き

表書きは、「初盆志」「志」です。

香典返しの返礼品は?

香典返しでの返礼品は消耗品を用意しましょう。

形の残る物などは、故人が亡くなったときの辛い気持ちを残してしまうため消耗品を用意するといわれています。

海苔や素麺・お茶などの日持ちする食品や洗剤などがよいとされます。

最近では高額な香典のお返しにカタログギフトも一般的になってきています。

カタログギフトだと双方にストレスが無いのでいいですね。

地域によっては会食を香典返しとしていることもあります。

会食に出席せずに帰る方には、お酒や仕出し弁当などを持ち帰っていただきます。

お布施の金額の相場はいくら?

困った女性

・お布施は3万円~5万円

新盆(初盆)でのお布施の相場は3万~5万円です。

通常のお盆のお布施の相場が1万円とされているので、新盆(初盆)は多めにお布施を用意するのが良いようですね。

お布施とは別に、「お車代」と「御膳料」の用意もしましょう。

「お車代」は5千円~1万円、「御膳料」は5千円~2万円が相場となっています。

僧侶が会食に出席する場合は「御膳料」は必要ないです。

・表書き・・・御布施・御経料

・濃い墨で書く

新盆(初盆)では表書きに、薄墨ではなく普通の墨を使います。

間違えがちなので注意しましょう。

表書きには「御布施」「御経料」と書き、施主のフルネームを記載します。

お布施はご本尊に奉納するものです。

新札で用意しましょう。

新盆のやり方・マナーを確認!

女性1

新盆(初盆)は招く側も招かれる側も不慣れな場合が多いです。

大切なのは故人への気持ちですが最低限のマナーなどには気をつけましょう。

新盆(初盆)とは

仏教行事のひとつで故人が亡くなった後、初めてのお盆のことをさします。

お盆の際に忌明けが済んでいない場合は翌年に新盆(初盆)を行います。

新盆(初盆)は二回目以降のお盆より、厳粛で丁寧に、盛大にとり行います。

服装

新盆(初盆)では略式喪服を着用するのが一般的ですが、案内状などに「平服で」など指定がある場合はしたがいましょう。

施主より格上の服装をするのはマナー違反となります。

また、女性の方は黒か白の無地のエプロンを持参しましょう。

新盆(初盆)のやり方

 

・13日・・・迎え火・盆棚・お墓参り

・14・15日・遺族・親族でお墓参り・法要・会食

・16日・・・送り火

お盆の初日の13日に「迎え火」を焚き、祖先の霊を自宅に招きます。

盆棚(精霊棚)の用意をした後お墓参りをし、お墓の掃除などをします。

盆棚のお供え物・水は毎日交換してください。

14・15日に遺族が集まり、お墓参りをし、その後自宅に僧侶を呼び、親族・故人の親しかった知人などと法要・会食をします。

お布施は法要の前後どちらで渡しても良いとされています。

16日のなるべく遅い時間に「送り火」を焚き祖先の霊を見送り、新盆(初盆)が終了です。

お供え物

供物

親族の新盆(初盆)にお供え物を持参、または送ることもありますよね。

どんなものを用意すればよいのかまとめてみました。

・仏式・・・線香・抹香・ろうそく
・神式・・・果物・お菓子・乾物

仏式では、線香・抹香・ろうそくなどが一般的ですが、他の方も用意している可能性が高いので、親族なら果物や冷菓の詰め合わせなどでもいいですね。

神式は、お線香などを焚いて供養しないので、果物やお菓子、乾物が一般的です。

お花を送るのもいいですね。

葬式や一周忌では菊の花ですが、お盆には決まりが無いので、かすみ草など儚げな花を用意しましょう。

決まりがないからといって、真っ赤な花などをおくるのは避けましょう。

お菓子はなるべく日持ちするものを選び、高価になり過ぎないように注意しましょう。

・お供え物の相場は3千円ほど

故人が生前好きだった食べ物をおくるのは、遺族にショックを与えてしまうこともあるので亡くなってから日の浅い新盆(初盆)では避けたほうがいいでしょう。

・熨斗・・・御供・御供物

・水引き色・藍銀・黄銀

・水引き形・結い切り・あわじ切り

お供え物の熨斗は「御供」「御供物」で用意しましょう。

藍銀か黄銀の水引きで結い切りかあわじ切りです。

法要に出席し、お供え物を品物で持参する場合には、香典袋の表書きに「御供物料」は使いません。

まとめ

新盆(初盆)は仏教行事なので、宗派や地域で大きく違うこともあり混同してしまうことがありますが、わからないことは施主や家族に相談しましょう。

香典やお布施はあくまでも気持ちとされていて不明瞭なものなので、相場の金額をぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください