勝毎花火大会2018年の日程と周辺の食事場所や観光スポットは?

勝毎花火大会

勝毎花火大会は、北海道で最大規模の花火大会です。

昼間から現地入りして、街歩きするのも楽しみのひとつ。

2018年の勝毎花火大会の日程、周辺の観光スポットについて調べてみました。

2018年勝毎花火大会の日程はいつ?会場は?

第68回勝毎花火大会の日程は、2018年8月13日(月)、19:30打ち上げ開始です。

荒天のときの日程は、14日(火)に延期になります。

会場は、帯広市・十勝川河川敷特設会場(十勝大橋下流400m付近)です。

有料観覧席も販売されます。

交雑状況や交通アクセスは?

東京から飛行機で行くなら、羽田空港からとかち帯広空港まで約1時間35分。

とかち帯広空港からは、帯広駅や市内ホテルへの連絡バスがあります。

所要時間は40分、片道大人1,000円です。

大会日程中は渋滞が予想されるので、早めの移動がおすすめです。

2018年勝毎花火大会のみどころは?

勝毎花火大会のみどころは、エンターテインメント性の高い演出です。

この大会はそれぞれテーマの違う6ステージに分けられています。

それぞれで花火・照明・音楽がシンクロした、見事なパフォーマンスが楽しめます。

2018年勝毎花火大会について詳しく知りたい!

勝毎(かちまい)花火大会は、約2万発を打ち上げる道内最大規模の花火大会です。

今年2018年は第68回。

華やかな演出の花火ショーを鑑賞できます。

⇒ 勝毎花火大会2018 公式サイト

TEL:0155-22-7555 (十勝毎日新聞社)

会場周辺の食事場所や観光スポットは?

十勝周辺の食事場所

元祖豚丼のぱんちょう

1933(昭和8)年創業で、豚丼発祥の店として知られます。

当初は洋食店で、「おいしくて栄養があるスタミナ食」として考案されたという豚丼が大評判。

豚ロース肉を炭火で網焼にし、甘い醤油ダレを絡めるスタイルで、今も伝統の味を守ります。

TEL:0155-22-1974

住所:帯広市西1条南11丁目19

アクセス:JR帯広駅から徒歩2分

営業時間:11~19時

定休日:月曜、第1・3火曜(祝日の場合は翌日)

十勝農園

十勝野自然と大地を感じられるダイニングレストラン十勝農園です。

コース(要予約)やアラカルトで十勝の素材そのままの味を堪能できます。

十勝ボロネーゼ1026円や、ユニークな“豚丼”押し寿司風1296円など、メニュー豊富です。

2階は新鮮な魚介料理をメインとした「北海道魚介ビストロ研究所」。

TEL:0155-26-4141

住所:帯広市西1条南9丁目6

アクセス:JR帯広駅から徒歩8分

営業時間:17時30分~23時30分(土曜、祝前日は~24時)

定休日:日曜

URL:http://www.tokachinouen.com/

十勝トテッポ工房

出典:楽天市場

道産チーズを100%使用している、ガーデン併設のスイーツカフェです。

黒く四角い建物の外観は、機関車をイメージしています。

チーズを使用したスイーツのほか、十勝近郊のチーズ工房のチーズも豊富に扱っています。

TEL:0155-21-0101

住所:帯広市西6条南17丁目3-1

アクセス:JR帯広駅から徒歩10分

営業時間:10~18時

定休日:不定休

URL:http://www.toteppo-factory.com/

十勝周辺の観光スポット

六花の森

公園

北海道を代表する銘菓舗、帯広に本社を置く「六花亭」が運営する庭園です。

山岳画家・坂本直行さんが六花亭の包装紙に描いた“十勝六花”をはじめ、北海道の山野の花が咲き誇り、絵の世界を具現化しています。

十勝六花を代表するハマナシは約4000株育てられ、開花期の7~8月には園内が香りに包まれます。

園内には7棟の美術館棟が点在し、ショップも併設されています。

TEL:0155-63-1000(開園期間のみ)

開園の日程:4月下旬~10月中旬

住所:中札内村常盤西3線249-6

アクセス:JR帯広駅から車で40分、とかち帯広空港から車で20分

料金:入園800円

営業時間:10~17時(7・8月は9時~、10月は~16時)

定休日:期間中無休

大森カントリーガーデン

国内外のガーデナーから信頼されるナーセリー(草木生産者)直営のガーデンです。

オーナーが厳選した宿根草がダイナミックに植えられ、約1000品種が春から秋にかけて次々に咲きます。

ナーセリーならではの造園は、植物がもつ本来の姿や色を尊重したデザインで、それぞれの魅力が際立ちます。

TEL:01558-5-2421

開園の日程:4月下旬~10月下旬

住所:広尾町紋別14線73-2

アクセス:JR帯広駅から車で1時間、とかち帯広空港から車で45分

営業時間:9時30分~17時(10月以降変更あり)

定休日:月曜(祝日の場合は翌平日)、ほか臨時休業あり

URL:http://omoricountrygarden.com/

十勝ネイチャーセンター

カヌー

画像は十勝ネイチャーセンターではありません

十勝川温泉街にあるアクティビティ施設です。

十勝川を下りながら周辺の自然をガイドしてくれる十勝川ネイチャーツアーなど、季節に応じてアクティビティが多数用意されています。

5~9月の日程には、十勝の大平原を一望できる熱気球も体験できます。

3方向にロープを付けた熱気球に乗り、高さ約30mまで上昇する係留フライトです。

晴れた日には十勝平野や大雪山系、日高山脈などの大パノラマが眼下に広がります。

早朝の開催なので早起きになりますが、その価値は十分あります。

TEL:0155-32-6116

住所:音更町十勝川温泉南12-1-12

アクセス:JR帯広駅から車で20分

営業時間:9~18時

定休日:無休

URL:http://www.nature-tokachi.co.jp/

幸福駅(幸福ふれあい広場)

幸福駅

その名前から「恋人の聖地」として一大ブームを起こした、旧国鉄広尾線の駅です。

1987(昭和62)年に廃線・廃駅となりましたが、現在も多くの人が訪れます。

2013年11月に老朽化のため全面リニューアルされ、木造駅舎などが当時の趣もそのままに改修されました。

また、同時に造られた「愛の泉」などの施設にも注目です。

TEL:0155-22-8600(帯広観光コンベンション協会)

住所:帯広市幸福町東1線161

アクセス:JR帯広駅から車で30分

勝毎花火大会2018年のまとめ

勝毎花火大会2018年の日程や、会場周辺の観光スポットについて見てきました。

夏の日程はイベントが盛りだくさんです。

特に花火大会は日本の夏に欠かせないイベントですよね。

夏の暑さは厳しいですが、2018年の夏季を目いっぱい満喫しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください