アラサーやアラフォーの意味は?範囲は何歳から何歳まで?

アラサーやアラフィフとは?

近年よく耳にする「アラサー」「アラフォー」という言葉はどんな意味でしょう?

何となく使っていませんか?

どんなふうに使ったらよいのか、考えてみましょう。

アラサー・アラフォーの意味は?

アラサーは「アラウンド サーティー」の略です。

同じくアラフォーは「アラウンド フォーティー」の略。

around(アラウンド)とは「~の周辺」「~の近く」という意味です。

つまりアラサーは30歳前後、アラフォーは40歳前後という事ですね。

 

30代、40代、「○○才~○○才」のようにはっきり区切った年齢をさすのではなく、受取手が想像で決められるという便利な言葉です。

 

この言葉が生まれた背景や使われ方を考えると、実に日本的な言葉だと思います。

いつから言われるようになったの?

2000年代に入ってから、主婦の友社発行の「ジゼル」という雑誌で「アラサー」という言葉が使われるようになりました。

「ジゼル」というのは、まさに30代「ちょっと大人女子」向けのファッション誌ですね。

キャッチコピーが、“アラサーのための「守りに入らない」大人のカジュアルファッション誌”です。

当然、記事の中にも「アラサー」という言葉が使われています。

 

「30才前後の女性」というより短い言葉で、軽い感じがしますね。

この言葉が定着したのは、時代背景もかかわっています。

「キムタク」に代表される、人や物の名前を4文字に略すのが流行っていたからです。

 

「アラサー」から派生して「アラフォー」も使われるようになりました。

最初は女性限定で使われていたようですが、最近は男性にも使われます。

この2つは、もう普通に日本語として定着していますね。

 

続いて「アラフィフ」(50才前後)「アラカン」(還暦、60才前後)という言葉も生まれました。

「アラフィフ」「アラカン」は語感が悪いのか、日常会話で使っている人はあまりいないようです。

 

最近は「アラハタ」(二十歳前後)「アラコキ」(70才前後)「アラサン」(80才前後)「アラソツ」(90才前後)なんていう言葉も。

どこで使われているのかは分かりませんが、こんな言葉が存在するのは確かです。

 

年齢の範囲は?

なぜ?

英語の“around”の意味から考えると、±2才か3才が常識的な範囲ではないでしょうか。

とすると、「アラサー」は28才~32才、もしくは27才~33才というところ。

 

しかし、場合によっては四捨五入して30才という意味でも使われているようです。

その場合、25才~34才が「アラサー」という事ですね。

ちょっと範囲が広いような気もします。

34才で「アラサー」と言われるのはいいとしても、25才で「アラサー」と呼ばれるのは気の毒な感じがします。

言われたご本人も、「えー?」と思うかもしれませんね。

 

もともと「アラ××」は、ハッキリと限定しないファジーな言葉

受け取る側が、自分はこの範囲に入るのかどうか判断すればよいのではないでしょうか。

 

どんなニュアンスで使われるの?

アラサーのイメージ

  • ある程度大人、だけどおばさんと呼ばれるほどではない。
  • まだまだ遊びたいし、おしゃれもしたい。
  • “かわいい”を卒業して“いい女”と呼ばれたい。
  • 職場では少しずつ責任が重くなる。
  • 独身の場合、そろそろ結婚を考える時期。

アラフォーのイメージ

  • 半数以上は結婚して、幼稚園か小学生の子供がいる。
  • 未婚だと周りがうるさいし、自分でも「そろそろヤバい」と思い始める
  • 周りからは完全に「大人」と認識されている。
  • いつまでもキレイでいたいと努力する。
  • おばさんと呼ばれることにはまだ抵抗がある

アラフィフのイメージ

  • 立派な大人。
  • 子供が大きくなって、時間やお金に余裕が出てくる。
  • 経験、判断力では一番脂が乗っている。
  • 中高年ではあるけど、老人ではない。
  • 体力的に自信が無くなってくる。
  • 行動がやや遅くなる
  • 物や人の名前が思い出せない事が多くなる。
  • おばさんと呼ばれると、ムッとしつつも認めざるをえない。

それ以外の年代は省略しますが、このようなイメージを含んでいるようですね。

シチュエーションによっては肯定的にも否定的にも使われます。

 

共通しているのは、何かを卒業する、または何かを受け入れる時期という事。

こうしてみると、「アラ××」というのは、転換期なのかもしれません。

一つ前の段階にしがみつこうとして葛藤していたり、あきらめて次へのステップを踏み出そうとしたり。

30才、40才、50才という節目を乗り越えていく期間を表す言葉が「アラ××」なのではないでしょうか。

 

この言葉を使う時に気を付けてほしい事

カタカナ語で、何となくおしゃれな感じもする言葉。

そう思って気軽に使っていませんか?

 

しかし、年齢に関することなので、デリケートな問題もはらんでいます。

 

自分のことを「アラフォー女子」とか言ってしまう分には問題はありません。

でも他人に対して言う時は、ちょっと気を付けてくださいね。

 

前述しましたが、25才の人に「アラサー」と言ってしまうのはどうでしょうか?

30代のアラサー、40代のアラフォーなら、他人から言われても納得でしょう。

手前の年齢の人は、ちょっと嫌な感じがするかもしれませんね。

 

年代特有の悩みを抱えている人は、本気で傷ついてしまうかも。

結婚、妊娠・出産、更年期などですね。

そんなつもりではなくても、言われた方はドキッとしてしまうものです。

 

アラカン以降になると、元気な高齢者をさすことが多いように思われます。

昔だったら「お年寄り」とひとくくりにされていましたよね。

「還暦」「おじいさん」「おばあさん」というと、本当に高齢者という感じです。

「アラカン」「アラコキ」なんて言われたら、ちょっと笑ってしまいませんか?

「お年寄り」「高齢者」などというより、ずっと軽やかでオチャメな感じがします。

今は60代、70代でも元気な方が多いですからね。

 

もう一つ気を付けてほしいのは、「決めつけない事」です。

アラサーはこうだ、とかアラフォーがこんな事をしたら変とか。

血液型なんかと一緒ですね。

人はそれぞれ違いますからね。

アラサー・アラフォー まとめ

年齢を表す言葉は沢山ありますね。

ハッキリしないだけに便利でもあり不便でもあり。

コミュニケーションツールとして、上手に使ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください