淀川花火大会2018年の日程と周辺の食事場所や観光スポットは?

日本の夏と言えば、やっぱり花火大会!

なにわ淀川花火大会は、関西屈指の花火大会です。

昼間から現地入りして、街歩きするのも楽しみのひとつ。

2018年の淀川花火大会の日程、周辺の観光スポットについて調べてみました。

2018年淀川花火大会について詳しく知りたい!

なにわ淀川花火大会は、地域住民のボランティアによる手作り花火大会ながら、毎年多くの観客が押し寄せる一大イベント。

今年2018年は、第30回記念大会です。

淀川の夜空に1尺玉の大輪が打ち上がり、スターマインなどきらびやかな花火が楽しめます。

音楽と花火のコラボをはじめ、ハートやスマイルマークといったかわいい花火が子どもにも人気です。

2018年はもちろん、毎年目玉の花火があるので要注目です。

2018年淀川花火大会の日程はいつ?会場は?

淀川花火大会の2018年の日程を紹介します

第30回なにわ淀川花火大会の日程は、2018年8月4日(土)19時40分~20時40分です。

開催の日程は雨天決行、順延はありません。

会場は、大阪府大阪市淀川区 新御堂筋淀川鉄橋~国道2号までの淀川河川敷。

ゆったり見たいなら、納涼船や、弁当お茶付きの観覧席など、協賛シートを利用するのがおすすめです。

なにわ淀川花火大会 公式ホームページ
http://www.yodohanabi.com/

TEL:06-6307-7765(24時間音声ガイダンス)

交雑状況や交通アクセスは?

淀川花火大会の2018年の日程を紹介します

淀川花火大会へのアクセスは、JR大阪駅・塚本駅、阪急梅田駅・十三駅から徒歩15分です。

花火が目の前に打ち上がる会場に1番近いのは阪急十三駅ですが、大会日程中は大混雑が予想されます。

北側はJR塚本駅、南側は阪神野田駅から向かえば、日程中比較的混雑が避けられます。

また、梅田側と十三側には協賛エリアが用意されます。

前売り券はもちろん、大会日程の当日でもチケットを購入できます。

2018年淀川花火大会のみどころは?

淀川花火大会のみどころは、水上スターマインやワイドスターマインなど淀川の川幅を生かした演出です。

水面の上で半円に広がる水中スターマインはみどころの1つです。

オープニングから豪快な演出でいっきに盛り上がります。

目の前に打ち上がる花火は圧倒的です。

大会日程20:35ごろからのグランドフィナーレは、迫力満点の光景に一瞬も目が離せません。

会場周辺の食事場所や観光スポットは?

淀川周辺の食事場所

・創作お好み焼 ぼてQ

淀川花火大会の2018年の日程を紹介します

※ 画像はイメージです

昭和55年開業、ハンバーグや納豆などを組み合わせた創作お好み焼きの草分けです。

豚肉に独自の方法で脂身を忍ばせるなど、どのメニューにもおいしい仕掛けがいっぱいです。

山いもを使わず、ケーキ用の粉を使って焼く、軽めの生地が具材の旨味を際立てます。

住所:大阪市淀川区西三国4-9-15

TEL:06-6395-4546

営業時間:17:00~23:30、土日祝12:00~15:00、17:00~23:00

定休日:月火

アクセス:三国駅北口より北東へ、徒歩5分

URL:http://boteq.c.ooco.jp/

たこ焼き専門店 カリトロ 十三本町本店

淀川花火大会の2018年の日程を紹介します

※ 画像はイメージです

たこやき6個350円は、直径6㎝とかなり大きめです。

カリッと焼かれたたこ焼きの表面からは予測できない中のトロトロぶり。

特別に配合した生地や歯ごたえ抜群のタコ&コンニャク、天かすの2種使いなど、おいしさへのこだわりが満載です。

住所:大阪市淀川区十三本町1-20-20

TEL:06-6885-8898

営業時間:14:00~翌1:00 土日祝11:00~

定休日:なし

アクセス:十三駅西口より西へ、十三フレンドリーストリートを越えて十三本町商店街を西へ、徒歩5分

URL:食べログより https://tabelog.com/osaka/A2701/A270302/27065736/

淀川周辺の観光スポット

天然温泉ひなたの湯

淀川花火大会の2018年の日程を紹介します

※ 画像はイメージです

入居者は無料という、9階建てマンションの最上階にある温泉施設です。

もちろん一般利用も可能で、ジェットバスやサウナ、大阪の夜景を楽しめる露天風呂など施設が充実しています。

ボディケア(2000円~)など女性にうれしいサービスも豊富です。

天然温泉を地下800mからくみ上げていて、ロビーラウンジには足湯も。

高級感漂うビジネス街にあるとは思えない落ち着いた空間で、のんびりとくつろぎの時間を過ごせます。

住所:大阪市淀川区三国本町1-6-15 ドルチェヴィータ新大阪9F

TEL:06-7504-6853

営業時間:16:00~翌1:00、土曜8:00~翌3:00 (受付は各60分前まで)

定休日:なし ※不定期でメンテナンス休館あり

料金:大人750円

アクセス:新大阪駅より無料シャトルバスあり

URL:http://www.hinatanoyu.com/index.html

神津神社

天正年間(1573~1592年)に建てられ、土地の守護神、学問の神を祀る神社として地元の人々に親しまれています。

また境内には今宮戎神社の分霊を祀る十三戎神社もあり、商売繁盛の祈願のために訪れる人も多いです。

住所:大阪市淀川区十三東2-6-39

TEL:06-6301-5724

参拝自由

アクセス:十三駅東口より東へ、淀川通手前の筋を北へ、徒歩5分

URL:http://kamitsujinja.ec-net.jp/

淀川花火大会2018年のまとめ

なにわ淀川花火大会2018年の日程や、会場周辺の観光スポットについて見てきました。

夏の日程はイベントが盛りだくさんです。

特に花火大会は日本の夏に欠かせないイベントですよね。

夏の暑さは厳しいですが、2018年の夏季を目いっぱい満喫しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください