御朱印帳は神社とお寺と分けるもの?御朱印のマナーと集め方

御朱印

御朱印帳、持ってますか?

御朱印も今や大ブーム。

神社を巡る人には欠かせないものになっていますね。

でも実は、お寺でも御朱印をもらえるって知っていましたか?

御朱印帳は、神社とお寺、別にした方がいいのでしょうか?

また、御朱印をいただく時のマナーとは?以上まとめてみました!

御朱印とは?

御朱印

御朱印とは、神社やお寺にお参りした証として頂けるものです。

神社やお寺に行き、神職の方や住職さんに墨で、参拝日や神社・寺社名を書いていただき、朱印を押していただきます。

神社やお寺ごとに様々な朱印があり、また、書いていただく方によっても墨書きの雰囲気が異なることから、コレクションとして集める方が増えているようです。

御朱印はお寺から始まった!

御朱印の起源はお寺への「納経帳」だった

そもそも御朱印とは、お寺にてお経を書き写して収める修行「納経」の証としていただくものだったというのはご存じでしたか?

今でこそスタンプを集めるような感覚の方も見られますが、あくまで、お参りをし、お経をおさめましたよ、という証だったのです。

2.神社にも納経?神仏習合と神仏分離

江戸時代以前の日本では、「神仏習合」といって、お寺と神社の境界線が明確には引かれていませんでした。

ですので、神社にも納経することが多くありました。

今では神仏分離といって、神社とお寺が明確に分かれていますが、参拝の証としての御朱印が、お寺にも神社にも残っているのです。

御朱印帳は神社とお寺で分けるべき?

 御朱印帳を分けることのメリットとデメリット

それでは、御朱印をいただくための「御朱印帳」は、お寺と神社で分けた方がいいのでしょうか。

現在は、神社とお寺一冊にまとめていても、御朱印をいただける場合がほとんどです。

しかし、神社やお寺、また宗派によっては、御朱印帳を分けていないとお断りされることもあるそうです。

御朱印帳を分けることのメリットとデメリットには何があるでしょうか。

・御朱印帳を分けることのメリット

まずは、管理しやすい、ということがあげられます。

お寺と神社では、いただける御朱印の内容が異なるからです。

御朱印帳

一般的に神社では、日付と神社の名前を墨書きでいただき、その上に朱印が押されます。

一方寺社では、日付とお寺の名前、そしてまつられているご本尊やそのお堂の名前が墨書きされ、その上に朱印が押されます。

また宗派によっては、お題目を書いていただくお寺もあります。

そうすると、お寺と神社で分けた方が、見た時も統一されて美しいですし、管理もしやすそうです。

お寺や神社によっては、一冊にまとまっていると御朱印をいただけない所があることからも、分けた方がメリットがあると言えます。

・御朱印帳を分けることのデメリット

御朱印帳それでは、御朱印帳を分けることのデメリットにはどのようなことがあるでしょうか。

まずは、「持ち運びが大変」ということがあげられます。

お休みなどを利用して、いくつかの神社・寺社を巡り、御朱印をいただこうという場合、何冊も御朱印帳を持って行くのは大変ですよね。

また、昔ながらの形で、神社の中にお寺があったり、お寺の中に神社がある場所もあります。

そのようなところへ参拝した際に、神社用とお寺用、どちらに御朱印をいただけばいいのか事前に考えなければなりません。

御朱印をいただく時のマナー

博多祇園山笠

御朱印をいただこうとなったら、まずは参拝をしましょう。

参拝をせず、ただ御朱印だけください、とは言えません!

何のための御朱印か、ちゃんと認識しなければなりません。

参拝をして御朱印をいただく際にも気を付けたい点があります。

大きな神社やお寺には、専門の御朱印授与所が設けられている場合がありますが、小さな神社やお寺は、そうとは限りません。

そのような場合は、神職の方や住職さんをお呼びしてお願いすることになります。

失礼のないように、時間帯を考えて、お昼の時間帯や遅い時間を避けることが大切です。

また、書き手がいないなど、タイミングによっては御朱印がいただけない場合もあります。

そのような時は、無理強いせず次の参拝の楽しみにとっておきましょう。

ちなみに、平安神宮の御朱印は授与料(料金)300円です。詳しくは下記のサイトに!

平安神宮

参考 平安神宮の御朱印と御朱印帳。京都旅行のオススメ

御朱印のマナーと集め方 まとめ

 

御朱印とは、神社やお寺に参拝した証としていただくもの。

コレクションとして集めるものではありません。

それを踏まえ、お参りする神社やお寺を敬う気持ちを忘れずにいただきたいものです。

お参りした後にいただく御朱印は、その日の気持ちや空気も思い出せる自分だけのもの。

そんな素敵な御朱印を集めてみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください