諏訪湖花火大会2018年の日程と周辺の食事場所や観光スポットは?

諏訪湖花火大会

日本の夏と言えば、やっぱり花火大会!

諏訪湖花火大会は、日本最大級の打ち上げ数を誇る花火大会です。

昼間から現地入りして、街歩きするのも楽しみのひとつ。

2018年の諏訪湖花火大会の日程、周辺の観光スポットについて調べてみました。

2018年諏訪湖花火大会について詳しく知りたい!

諏訪湖花火大会は、戦後の混乱期に市民が希望を託して1949(昭和24)年にはじめた花火大会です。

今では打ち上げ総数約4万発と、全国屈指の規模を誇るイベントにまで発展しました。

もちろん打ち上げ数だけではありません。

音楽とシンクロするミュージックスターマインや、10号玉早打ち競技花火が大会を盛り上げます。

なかでも、全長約2kmに及ぶ「ナイヤガラ」は必見で、注目度も高いです。

まさに滝のように湖面へ流れ落ちる火の粉は感動的です。

湖の水面ぎりぎりで披露される「水上大スターマイン」にも注目。

水上に開く半円と水面に映った半円の花火がつながり、ひとつの円に見えるのも楽しいです。

今年2018年は、諏訪湖祭湖上花火大会の記念すべき第70回目です。

⇒ 諏訪湖の花火 公式ホームページ

2018年諏訪湖花火大会の日程はいつ?会場は?

第70回 諏訪湖祭湖上花火大会

日程:2018年8月15日(水)午後7:00~

会場:長野県諏訪市 湖畔前諏訪湖上

「ナイヤガラ」や「水上大スターマイン」をじっくりと鑑賞するなら、有料観覧席がおすすめです。

無料の人気観賞場所は、会場の北東方向の高台にある立石公園。

ヨットハーバー隣の広場も穴場ポイント。

第36回 全国新作花火競技大会

日程:2018年9月1日(土)19:00~20:30

会場:諏訪市 諏訪湖上

諏訪湖を舞台に、全国から集まった花火師が独創的な新作花火を競う大会です。

諏訪湖サマーナイト花火

日程:2018年7月22日(日)~8月26日(日) ※8月15日を除く

   毎晩20:30~ 約15分

会場:諏訪市 諏訪湖上

夏の上諏訪温泉(諏訪湖)では、35日間連夜の花火を楽しめます。

混雑なく湖畔の芝生からゆっくりと花火を見られます。

上諏訪温泉 宿泊感謝イベント

日程:2018年7月16日(月・祝)20:00~20:40

会場:諏訪市 諏訪湖上

海の日に、日頃の感謝を込めて約3000発の花火が上諏訪の夜空を彩ります。

交雑状況や交通アクセスは?

諏訪湖花火大会へのアクセスは、JR中央線上諏訪駅より徒歩約10分。

中央道諏訪インターチェンジより車で約10分です。

大会日程中道路はとても混雑するため、電車利用が基本です。

どうしても車で行きたい場合は、早めの行動が必須です。

会場周辺に数か所用意される駐車場は、午前中には満車になる確率が高いです。

エルシーブイFM(76.9MHz)で日程中渋滞情報などを放送するので、ラジオは必携です。

JR上諏訪駅は東口と西口があり、常設改札は東口側だけです。

東口と西口は自由通路でつながっており、花火会場は西口方面です。

待ち合わせをするなら、西口ロータリー沿いのベンチがあるあたりがわかりやすいです。

電車の場合、事前に往復乗車券を買っておくのがおすすめです。

ICカード利用の場合は忘れずにチャージしておきましょう。

当日は西口側の臨時改札口を開放し、東口改札は上り(新宿方面)専用、西口は下り(松本方面)専用になるので注意。

車の場合は大渋滞必至なので、車内で仮眠をとるなど、混雑が落ち着くのを待ってから移動する工夫をしましょう。

諏訪湖花火大会のみどころは?

第1部のオープニングを飾るのはスターマインです。

その後、10号玉早打ち競技、スターマイン競技で、県内外の花火師たちが腕を競い合って盛り上がります。

第2部では、ミュージックスターマインやファンタジックスターマインといった多彩な連発花火。

そのあと、水上大スターマインの「Kiss of Fire」、迫力の「大ナイヤガラ瀑布」で大会が締めくくられます。

会場周辺の食事場所や観光スポットは?

諏訪周辺の食事場所

門前ひろば食祭館

下諏訪観光の情報発信基地です。

地元食材を使ったグルメや、みやげ選びを楽しめます。

2階には食事処もあり、桜肉丼1290円や馬刺し1080円などが堪能できます。

TEL:0266-26-4931

営業時間:10~18時

定休日:無休

住所:下諏訪町大社通5522-2

アクセス:JR下諏訪駅から徒歩8分

いずみ屋

「信州みそ天丼」950円は、名物の信州味噌と天丼を合わせたどんぶりです。

川えびやわかさぎなどを揚げた天ぷらに甘みとコクのある味噌だれがかかり、ボリューム感たっぷりです。

毎年、諏訪湖花火大会当日は行列ができるほどの人気なので、早めに訪れたいところです。

TEL:0266-52-3267

営業時間:11:00~14:00、17:00~21:30

定休日:不定休

住所:長野県諏訪市諏訪1-2-4

アクセス:JR上諏訪駅からすぐ

くらすわ

「信州十四豚のホットドッグ」330円は、手作りパンのスパイシーなホットドッグです。

養命酒製造プロデュースのオリジナル豚「信州十四豚」を使ったソーセージを挟んであります。

店舗は花火会場のすぐ近くにあり、イートインもテイクアウトも可能です。

花火見学用テラス席もあります。

TEL:0266-52-9630

営業時間:9:00~19:00(8月は~21:00)

住所:長野県諏訪市湖岸通り3-1-30

アクセス:JR上諏訪駅から徒歩10分

諏訪周辺の観光スポット

諏訪高島城

かつて諏訪湖に浮かんでいるように見えたことから「浮城」の異名をもちます。

館内では諏訪の伝統行事や郷土について紹介しています。

最上階には展望コーナーがあり、諏訪市街を一望できます。

時~17時30分(10~3月は~16時30分)

定休日:無休(臨時TEL:0266-53-1173

営業時間:9休館あり)

天守閣入館:300円

住所:諏訪市高島1-20-1

アクセス:JR諏訪駅から徒歩15分

諏訪湖間欠泉センター

豪快に吹き出す間欠泉と、七つの温泉の湧出口「七ツ釜」から漂う湯煙を楽しめます。

2階では諏訪地方で撮影された映画やドラマの撮影地の紹介や資料を展示しています。

近くには足湯も併設されています。

TEL:0266-52-8282

営業時間:9~18時(10~3月は~17時)

定休日:無休(8月15日、9月第1土曜は休館)

入館料:無料

住所:諏訪市湖岸通り2-20-90

アクセス:JR上諏訪駅から徒歩12分

諏訪湖花火大会2018年のまとめ

諏訪湖花火大会2018年の日程や、会場周辺の観光スポットについて見てきました。

夏の日程はイベントが盛りだくさんです。

特に花火大会は日本の夏に欠かせないイベントですよね。

夏の暑さは厳しいですが、2018年の夏季を目いっぱい満喫しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください