熱海花火大会2018年の日程と周辺の食事場所や観光スポットは?

熱海花火大会

日本の夏と言えば、やっぱり花火大会!

熱海花火大会は、温泉街の夏の名物です。

昼間から現地入りして、街歩きするのも楽しみのひとつ。

2018年の熱海花火大会の日程、周辺の観光スポットについて調べてみました。

2018年熱海花火大会について詳しく知りたい!

熱海海上花火大会は、熱海の名物となっている花火大会です。

単発やスターマイン、新種の花火を織り交ぜ、約5000発を打ち上げます。

フィナーレを飾る「大空中ナイアガラ」は会場全体から上がるスターマイン。

会場が真昼のようにまぶしく光輝きます。

2018年熱海花火大会の日程はいつ?会場は?

2018年熱海花火大会の日程は1年を通じてあります。

春の日程…2018年1/14(日)、2/12(月祝)、4/14(土)、4/22(日)、5/12(土)、5/27(日)、6/3(日)、6/17(日)20:20~20:45

夏の日程…2018年7/27(金)、7/31(火)、8/5(日)、8/8(水)、8/19(日)、8/24(金)、8/30(木)20:20~20:50

秋の日程…2018年9/17(月祝)20:20~20:45

冬の日程…2018年12/9(日)、12/16(日)20:20~20:45

会場は、熱海市熱海湾内(熱海港7.5m岸壁~海釣り施設)です。

観覧場所は、サンビーチ海水浴場~熱海港まで海岸線一帯など。

⇒ 熱海市観光協会 公式観光サイト 熱海海上花火大会ページ

TEL:0557-85-2222(熱海市観光協会)

交雑状況や交通アクセスは?

JR熱海駅からサンビーチまでは徒歩15分ほどです。

熱海花火大会日程中の市内駐車場はとても混雑するので、電車や徒歩で行くのをおすすめします。

2018年熱海花火大会のみどころは?

熱海花火大会は、夏だけでなく1年に10回以上開催されます。

会場である熱海湾は、三面を山に囲まれた「すり鉢」状の地形。

海で上げると花火の音が反響し、巨大スタジアムのような音響効果があります。

海の近くで観ていると、体にまで音が伝わってきます。

花火師も絶賛する、日本一の花火打上会場です。

会場周辺の食事場所や観光スポットは?

熱海周辺の食事場所

・レストラン スコット旧館

創業は1946(昭和21)年の熱海を代表する洋食店です。

当時からのレシピを守るビーフシチューは、作家の志賀直哉も惚れ込んだ看板メニュー。

口の中でほろっと崩れるまで煮込んだ牛肉と濃厚なデミグラスソースが贅沢に絡みます。

ななめ向かいに本店もありますが、単品で料理を味わいたい人や文豪も通った店内の雰囲気を楽しみたい人はまずは旧館へ。

小ぢんまりとした店内は、1階がテーブル席、2階が座敷です。

住所:熱海市渚町12-6

アクセス:JR熱海駅から徒歩20分

営業時間:11時30分~14時、16時30分~19時ラストオーダー

定休日:水曜(祝日の場合は不定休、月に1回火曜休みあり)

TEL:0557-81-4460

・ミクラスカフェ

ホテルミクラスの1階にあるカフェです。

有機野菜をふんだんに使った料理や、季節のフルーツのスイーツが評判。

地元食材を使った日替わりパスタセット1800円や、ランチ付きの日帰り入浴プラン3500円が人気です。

住所:熱海市東海岸町3-19

アクセス:JR熱海駅から徒歩12分

営業時間:11時~16時30分ラストオーダー

定休日:無休

TEL:0557-86-1111

・宝亭

約70年前から続く懐かしの洋食店です。

静岡産豚肉「ふじのくに」を使用したカツカレーが人気

サクサク衣のカツに、凝縮された肉のエキスとスパイスのきいたルーが絡みます。

ヒレ肉のカツサンド1000円もおすすめ。

入口のノスタルジックなガラス細工にも注目です。

住所:熱海市銀座町5-10

アクセス:JR熱海駅から徒歩15分

営業時間:11時~15時、17時~19時30分ラストオーダー

定休日:木曜(月に1回不定休あり)

TEL:0557-82-3111

熱海周辺の観光スポット

・來宮(きのみや)神社

本殿に向かって左奥に立つ樹齢2000年超の大楠が有名です。

この大楠は不老長寿、無病息災の象徴とされています。

願い事を心に秘めて大楠を1周すると願いが叶い、寿命が1年延びるとも。

夕暮れ時にはライトアップされます。

住所:熱海市西山町43-1

アクセス:来宮駅から徒歩5分

TEL:0557-82-2241

・起雲閣(きうんかく)

大正8年に個人の別荘として建築されました。

各時代の流行を取り入れた増改築がなされています。

日本や欧州、中国など多彩な建築様式が融合した独創的な建築美が楽しめます。

旅館時代には舟橋聖一ら大文豪が滞在し、数々の名作が執筆されました。

住所:熱海市昭和町4-2

アクセス:湯~遊~バス バス停起雲閣西口下車徒歩2分

入館料:510円

営業時間:9~17時(最終入館は16時30分)

定休日:水曜(祝日の場合は開館)

TEL:0557-86-3101

熱海花火大会2018年のまとめ

熱海花火大会2018年の日程や、会場周辺の観光スポットについて見てきました。

夏の日程はイベントが盛りだくさんです。

特に花火大会は日本の夏に欠かせないイベントですよね。

夏の暑さは厳しいですが、2018年の夏季を目いっぱい満喫しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください