ご祝儀袋に入れるお札の向きと中袋の正しい書き方は?

ご祝儀

学生時代のお友達、会社の同僚、親戚など、結婚式にお呼ばれする機会はたくさんあります。

そんな時に必ず持っていくものがお祝い、ご祝儀です。

最近は、綺麗なご祝儀袋がたくさん売っていて、選ぶだけでもとっても楽しいものです。

でも、せっかく綺麗で可愛いご祝儀袋を用意しても、マナーを知らないと失礼になってしまうことがあります。

気をつけなければいけない注意事項を簡単にご説明いたしますので参考にしてみてくださいね。

ご祝儀袋に入れるお札の向きとマナー

まず、気をつけなければいけないことは、新札を用意するということです。

新札を準備する理由はこの2つ
・新札の方が気持ち良いから
・結婚式を心待ちにしているという気持ちを表している

ご祝儀を贈りたい!という気持ちを新札に表現しているんですね。

パリッとしたお札は気持ちがいいもの、相手にも伝わります。

ご祝儀袋に入れるお札の向きは?

ただそのまま入れるだけですと、失礼になってしまいます。

ご祝儀袋にお札を入れるときに、どちら向きにしたらいいんだろうって悩みませんか?

ご祝儀袋の中袋の表とお札の表(肖像画がある方)を合わせて、袋から取り出すときにまず肖像画が出るように肖像画を上にして入れるのがマナーです。

お札の向き

ご祝儀袋の包み方・折り方

中袋にお金を入れたらご祝儀袋に戻しますが、そのときに絶対に間違えてはいけないのが包み方、折り方です。

必ず下側の折り返しが手前に来るように注意してください。

結婚式などのおめでたいことは下の折り返しが上に来るように。

逆にしてしまうと弔事の折り方になってしまうので、気をつけてください。

覚えやすい方法は、「お悔みにはフタをする」と覚えるとカンタンですよ。

ご祝儀袋の糊と封

ご祝儀

上包み(一番外側の包み)に糊付けは必要ありません。

中包み、中袋にも糊付けなしで大丈夫ですが、中包みで金額が多い時には糊付けをする場合があります。

その場合には、合わせ目に封の〆の字を書いてください。

豪華なご祝儀袋の場合、表書きに短冊がついていますが、その場合には短冊に必ず糊、または両面テープなどをしてとめてください。

中袋がない場合

ご祝儀袋を買ってみたら中袋がついてなかった、なんて時もあります。

そのような場合には、「白無地金封」という何も書いていない封筒が中袋として使えます。手紙用の郵便番号欄が書いてあるような封筒は避けてくださいね。

もし、中袋を書き損じてしまっても「白無地金封」で代用できますので、安心してください。

または、中袋の代わりに白い大きな紙で包んでも大丈夫です。

コピー用紙などでも大丈夫ですが、書道の半紙などがおすすめです。

昔のご祝儀は奉書紙という厚手の白い和紙でお金を包んでからご祝儀袋に入れていました。材質も似ていますし、急に必要になった時などは半紙で代用できますよ。

慶事の場合、表から見ると左側の上下の隅が欠けるのが正式な折り方ですが、左上だけでも大丈夫です。

正式な折り方、略式の折り方などありますので、お好きな方をお選びください。

中包みも慶事と弔事の折り方がありますので、折る向きにご注意ください。

表包み・中袋の正しい書き方

表包み(上包み)に書く時にもマナーがあります。できれば毛筆が良いのですが、使い慣れていない人には筆ペンがおすすめです。

文字色は濃い黒です。筆ペンの場合薄墨の物もありますがこれは弔事用ですので間違えないでくださいね。

ボールペンは避けてください。

表包みの書き方

市販のご祝儀袋の場合、「寿」とか「御結婚・御祝」などと既に書かれている物もありますが、印刷されていない場合には自分で書かなければいけません。

その場合には、4文字などは縁起が悪いとされているのでご注意ください。

水引の下の部分には自分の名前を書きます。

市販の物で短冊がついている場合には、短冊に名前を書きます。

短冊が2枚入っている場合

短冊が2枚入っている物もありますが、その場合には無地を下に重ねてください。

「喜びを重ねる」という意味ですので、書き損じ用ではありませんから気をつけてくださいね。

1名の場合には、中央にフルネームで書いてください。上の「寿」や「御結婚御祝」より少し小さめに書くとバランスが良くなります。

連名のとき(夫婦や家族以外の場合)

中央に一番役職が高い人の名を書き、会社の地位や序列順に右から氏名(フルネーム)で書きます。人数が多い場合には代表者のみ書

き、左横や下に「他一同」と小さめに書きます。

序列がない友人などの場合には真ん中にバランスよくフルネームで書いてください。

連名の場合には、短冊だったら2名まで、短冊がない場合は多くても3名までが妥当です。

それ以上記名する場合、代表者以外の方は、別紙(和紙や奉書紙)に書き、中袋に入れます。

夫婦・家族の連名のとき

夫婦、家族の場合には中央に夫の氏名をフルネームで書き、左横に妻の名のみを並べるとよいでしょう。

姓が異なる場合にはそれぞれフルネームで書いてください。

家族で招待された場合には、家長の名を中央に書き左横に「他家族一同」と記し、別紙に家族全員の名を書いて中袋に入れておきます。

肩書きを書く場合には、名前の右上に小さめの文字で社名や肩書きを書き添えてください。

中袋(表面)の書き方

中袋の表面には縦書きで金額を「金〇万円」「金〇萬圓」と書き記します。

一は壱、二は弐、三は参、五は伍、七、八、十は拾と旧字体で書くのが正式ですが、略式でも大丈夫です。

偶数は良くないとされていますし、四や九は縁起が悪いと言われていますので、避けたほうがよいでしょう。

中袋(裏面)の書き方

裏面左下側に、住所と氏名を記載。

結婚式・披露宴に招待の時には名前のみでOKです。

表面と同様に縦書きで書きます。

中袋だといってもマナー違反になってしまうので、ボールペンや万年筆で書かないようにしましょう。

ご祝儀袋の正しい書き方 まとめ

せっかくの慶事ですから、新郎新婦やご親族に不快な思いはして欲しくないですよね。

いろいろなマナーがありますが、新郎新婦の幸せを祈りつつ丁寧にご祝儀を用意すれば、きっとお祝いの気持ちは伝わるはずです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください