ワセリンとヴァセリンはどっちがいい?乾燥肌に正しく塗る方法

ワセリンとヴァセリンはどっちがいいの?

乾燥肌対策で人気のワセリン。

ドラッグストアなどで簡単に手に入る軟膏ですが、効果・効能、正しい使い方をご存知ですか?

ワセリンの種類、乾燥肌に正しく塗る方法をご紹介します。

どうして肌の保湿にワセリンがいいの?

ワセリンとヴァセリンはどっちがいいの?

ワセリンは、肌を油分で覆って水分が蒸発するのを防いだり、外部の刺激から守ってくれます。

保湿力でいえば、化粧水や乳液のほうが効果があらわれやすいと言われています。

ですが、界面活性剤が肌の角質層を破壊して有効成分を浸透させるので、皮膚のバリア機能を弱めてしまうことも。

 

ワセリンは肌内部に浸透しにくく、空気にふれても酸化しにくいため、肌バリアを破壊しにくいという特徴があります。

ワセリンは刺激が少なく、顔や身体はもちろん、目元や唇のようなデリケートな場所にも使うことができるんですね。

傷ややけどの患部を保護するために、皮膚科でもよく使われますし、副作用がほとんどないので敏感肌やアトピー肌の人にもOK。

基礎化粧品とどっちがいいかは、好みや肌質にもよりますが、高い化粧品をあれこれ塗る必要はなく、ワセリンで充分保湿できるんです。

 

ヴァセリンとどっちがいい?

ワセリンのほかに「ヴァセリン」という商品を見かけることがあるかと思います。

どっちがいいの?と考えてしまいますよね。

「ヴァセリン」は商品名で、「ワセリン」は原料名。

ワセリンとヴァセリン、どっちがいいでしょう?

 

基本的には同じものですが、ワセリンとくらべてヴァセリンは精製度が低めです。

 

ワセリンの原料は石油の不純物を除き、精製したもの。

純度が高ければ高いほどワセリンの色は透明になります。

 

ドラッグストアで見かけるヴァセリンは安価ですが、精製度は比較的低めの黄色です。

どっちがいいかというと、黄色みがかったものではなく、純度の高い真っ白なもののほうが良いのです。

薬局のカウンターで「白色ワセリン」といえば確実です。トラブル肌の人には「サンホワイト」という高純度の白色ワセリンをおすすめします。

サンホワイトは白色ワセリンの仲間で、さらに不純物の含有量が少ないです。アトピー性皮膚炎の人や赤ちゃんにも使えます。

なお、ワセリンは時間がたつと黄色っぽく変色します。変色した古いものは使わないこと。

ワセリンのベタつきが気になる方は

 

ワセリンは手のひらで温めたあと、薄く伸ばすようにつけるのがコツ。

適度に皮膚を湿らせた状態で塗ると、水分もいっしょにパックできるので、さらに保湿力が高まります。

洗顔後やお風呂あがりに、肌が少し濡れた状態で塗るのがオススメ。

それでもベタつきが気になる場合は、ティッシュペーパーで軽く押さえて、ふき取ってしまっても構いません。

それでも十分なほどのワセリンが角質層に残っています。

ワセリンを正しく塗る方法

ワセリンは、肌が乾燥したときにごく少量で十分です。

ワセリンのつけすぎも、肌トラブルの原因となります。

物足りなく感じる量でちょうどいいので、つけすぎないように。

1.綿棒で米粒ひと粒分をとります

ワセリンとヴァセリンはどっちがいいの?

指でとると容器内に雑菌が入るので、綿棒ですくいとります。適量はごくわずかで、米粒ひと粒分くらいがめやすです。

手が少しうるおうくらいの量で十分です。

2.両手のひらにのばします

顔に直接のせないこと。

両手のひらをこすりあわせて、ワセリンを手になじませます。

3.乾燥しているところに押しあてます

粉ふき、乾燥が気になるところだけ手のひらをそっと押しあてます

手を動かしてすりこむのはNGです。

どのくらいの量つけていいかわからないときは、頬を鏡に押しあててみてください。

鏡に油分がべったりつくようなら、つけすぎです。

ワセリンの上手な使い方

ワセリンとヴァセリンはどっちがいいの?

ワセリンは、一般的な化粧水や乳液などの化粧品や保湿剤と比べると、かなり安い価格です。

そのため、市販されているものは50グラムや100グラムといった、多めの量で売られています。

容器が大きいと、必要な量より多めに取ってしまい、肌につけたあとでベタつきを感じてしまいがちです。

そこで、つけすぎやベタつきをふせぐため、ワセリンを5グラム程度の小さい容器に移しておくことをおすすめします。

そうすると少しずつ使いたくなる心理が働き、無駄な量を使わずに済むんです。

ワセリンとヴァセリンはどっちがいい?まとめ

ワセリンを正しく塗る方法、ヴァセリンどっちがいいの?という疑問について見てきました。

どっちがいいかというと、ヴァセリンより純度が高い白色ワセリンがいいんですね。

高純度に精製されているワセリンは、口に入れても安全です。リップクリームやグロスとしても使えます。

やはりどっちがいいかというと、肌にはダメージが少ないものを使いたいものです。

肌にやさしく、乾燥から守ってくれるワセリン。うまく使っていきたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください