青森ねぶた祭り2018年の日程と場所や見どころは?ハネトって何?

祭り

東北三大祭りと言ったら青森ねぶた・秋田竿燈・仙台七夕祭り。

特にねぶたは東日本各地でも行われています。

青森ねぶたは有名で威勢の良い掛け声で踊るハネトと、中に灯りを灯した山車燈籠の大迫力は見物客を圧倒します。

青森ねぶた祭り2018年の日程

青森ねぶた祭りは毎年曜日に関わらず8月2日から7日までの6日間開催されます。

1日には前夜祭が行われますので、実質7日間開催されることになります。

2018年の日程は、

・開催日時:2018年8月2日(木)~8月7日(火)

 

8月1日 夜(18時~21時頃) 前夜祭(青い海公園ねぶたラッセランド)

 

8月2、3日 夜(19時10分~21時) 子供ねぶた(約15台)・大型ねぶた(約15台)の運行

 

8月4、5日 夜(19時10分~21時) 大型ねぶたの運行(約20台)

 

8月6日 夜(19時10分~21時) 大型ねぶたの運行・ねぶた大賞他各賞の発表

 

8月7日 昼(13時~15時) 大型ねぶたの運行(約20台)

 

夜(19時15分~21時頃)  青森花火大会・ねぶた海上運行(青森港)

前夜祭では、祭り本番前に、明かりが入った大型ねぶた全台を見ることができます。

会場内のステージでは様々なイベントが行われ、バケト(化人)の競演やミスねぶたやねぶた師の紹介、ねぶた囃子演奏やお囃子持久力コンテストなど、楽しいイベントを見ることができます。

バケトとは?

バケト(化人)とは、顔を白く塗り、奇抜で派手な化粧と格好で沿道にいる観客に愛嬌を振りまき喜ばせ盛り上げる存在です。

ハネトのように跳ねたり踊ったりパフォーマンスをしながらねぶた祭りを盛り上げます。

その格好は自由ですが、青森ねぶた祭りバケト保存会によると

・基本は男女逆転、男装・女装をする
・化粧は白塗りが基本
・白塗りの顔に様々な模様を描き加えるが、いかに滑稽な顔に仕上げるかがポイント
・下品な方がよく受け、明らかに男が気持ち悪い女装をしているという方が笑いを誘う。
・ばれないようにすることも重要。

とにかくひと捻りもふた捻りもして沿道のお客さんを楽しませるのがバケトの役目。

一度やってしまえばバケトの魅力、快感の虜となり辞められなくなるそうです。

その時に話題になっているキャラクターに扮する人も多いようです。

 

ねぶたは、町内会や大手企業がスポンサーとなり制作・運行しています。

先導提灯~お囃子(太鼓、笛)がセットとなっています。出陣団体と団体の間をバケトが練り歩き、沿道の観客の笑いを誘います。

その歴史は古く、明治時代にもバケトは存在し、大名や児雷也、義経や大達磨などの扮装も確認されています。

運行コースと見所は?

青森駅前の新町通り、あおしんビル前からスタートする運行コース上にねぶたが待機し、一斉に動き出しますが、場所によってはねぶたが目の前を通るまでに10~15分ほどかかることも!

全台がコースを1周していなくても21時で運行は終了となります。

見所と言ったらやはりねぶた。

青森のねぶたは、人形型で最大で幅約9m、高さ5m、奥行8m、重さ4tにもなる巨大なものです。

水滸伝や三国志、歌舞伎や神話、歴史的な物語などを題材にしたものが多く、内側からライトに照らされた人形たちの迫力は凄まじく、緻密に計算されたねぶたの美しさ、壮大さに目を奪われます。

どの角度から見ても美しく、カラフルな色合いが目を楽しませてくれます。

さらに、賑やかで躍動感あふれるハネトとお囃子の迫力は、見ているものを圧倒します。

8月6日に大賞や各賞が決まります。

総合賞として、ねぶた大賞をはじめ、知事賞、市長賞など。部門賞では運行・跳人賞、囃子賞。

製作者の部では、ねぶた師と呼ばれるねぶたを設計し、全体の構造や色合いなどを決める人たちの中で、最も優れている製作者に最優秀製作者賞などが与えられます。

見ているだけでも楽しいのですが、ハネト(跳人)として参加してねぶたを楽しむ方法もあります。

ハネトって何?

出典:青森市公式チャンネルより 

ハネトは、お囃子のリズムに合わせて跳ねる踊り子のことです。

「ラッセラー・ラッセラー」と掛け声をあげつつ、2拍子で跳ね回ります。

1台のねぶたに多い時は2000人ものハネトがつく時もあります。

このハネト。

一般観光客でも誰でもなることができます。

青森ねぶた祭りの公式ホームページでも募集していますが、ハネト衣装(正装)を着て、運行スタート時までに運行コースに待機しているねぶたの団体に入ると、誰でも参加することができます。

デパートなどで売っている市販の衣装だと1万円くらい、レンタルだと4000円前後で借りることが出来るそうです。

青森ねぶた祭りは見るだけでも十分楽しいですが、ねぶた祭りを深く堪能するのだったらハネトとして参加するのも素晴らしい思い出になると思います。

ただし、足が棒のようになるというので、覚悟が必要のようですよ。

まとめ

日本の伝統的なお祭りである青森ねぶた祭り。

勇壮なこのお祭りは、テレビなどで見るよりは現地に足を運ぶと、その場の独特な雰囲気を間近に味わうことができ、脈々と受け継がれてきたねぶたの伝統を肌で感じることができます。

2017年の青森ねぶた祭りは282万人もの観光客が訪れたといいます。

2018年の今年はどれだけの入場者数になるのでしょうね。

たくさんの人が訪れるお祭ですので、見物するにしても参加するにしてもマナーを守って、2018年の夏の楽しいお祭りの思い出を作ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください