お守りやおみくじ、お札の期限切れっていつ?金運が落ちない返し方

おみくじ

初詣や旅行先で神社やお寺を訪れ、お守りやお札を授かることは何か神聖な気分になり、守られている安心感がありますね。

願い事をかけ、成就するように祈る瞬間は本当にワクワクしますし、なにか不思議な力が湧いてくる気もします。特に金運のお守りは必須ですね!

お守り、お札には魂が!?

お守り

そんな、お守りやお札にはそれぞれ魂が宿っているのをご存知ですか?

お守りやお札には神様や仏様の魂やご神徳が宿っていると言われています。

そのため、お守りやお札を数える時は、一つ、二つとは数えず、一体、二体と神様、仏様の御身体を数えるのと同じように数えます。

そして、お守りやお札は「買う」ものではなく「授かる」が正しい言い方です。

神社でお守りを頂く際に奉納するお金を「初穂料(はつほりょう)」、お寺では「お布施」と呼びます。

お守りやお札には 期限切はあるの?

一度授かったお守りやお札には思い入れがあったりして、なかなか手放せない人もいるのでは?

いつまでも効果があると思い、大切に身につけていたり、飾っておいたりしてしまうこともあるでしょう。

しかし、ご加護の期限は一般的には一年と言われており、その後は神様を授かった場所にお戻しし、新しいものを授かるのが良いとされています。

では どこに返せばいいの?

先ほども言いましたが、授かった場所にお返しします。

お寺

ご加護を頂いた、感謝を込めて再び授かった神社やお寺にお守りやお札を持参し「お礼参り」をしましょう。

その後、神様、仏様への感謝の気持ちを込めてお納めしましょう。

お納めする場所は、境内にありますので探してみましょう!

頂き物などの場合は神社、お寺によって郵送で受付ている場合もありますので 、連絡先が分かる場合は送付出来るか確認してみましょう。

もし、郵送でのお納めが出来ない場合は、近くの神社やお寺にお納めしても大丈夫です。

ただし、神社で授かったものは神社へ、お寺の場合はお寺へお納めしましょうね。

きちんとお納めして、神様、仏様に感謝して、次に授かるお守りやお札に運を引き継ぎましょう!

おみくじについて

初詣でおみくじを引くのは なんだかドキドキしますね。

吉とでるか凶とでるかでこの一年が大きく左右される気がします。

では、おみくじとはなんでしょうか?

おみくじは引く人の運を占うもので、神様からのメッセージと言われています。

「大吉」が出たら、新年早々嬉しくてたまりませんよね!

神社やお寺によっては「大大吉」が出るところもあるようで、これがでたら、ありとあらゆる事が上手く行きそうですね。

逆に 「大凶」なんて引いてしまったらかなり落ち込みますね。。。

しかし、そうそう落ち込んでもいられないので、そのメッセージを活用して生活に気をつけ、トラブル回避に使ってみるというのもいいのでは?

おみくじは結ぶの?

おみくじ 結ぶ

さて、おみくじを引いた後はどうしていますか? 結ぶ人、持ち帰る人と分かれますよね。

私は「大吉」なら持ち帰り、「凶」なら境内に結ぶと思っていました。

その理屈は「大吉」ならお守り代わりに大事にする。「凶」なら境内に結びしっかり不幸が我が身に降り掛からないように、神様、仏様にしっかりお願いしていました。

さて、実際のところ、なぜ おみくじを結ぶ習慣があるのかというと、「結ぶ」ことが仏様や神様との縁を「結ぶ」とされ縁起がよいとされていたと言う説があります。

結ばれたおみくじは境内で「お焚き上げ」または「焼納(しょうのう)」されます。

では持ち帰った場合は、どうするのでしょうか?

持ち帰った方も、お守りやお札と同様丁寧に扱い、翌年におみくじを引いた神社かお寺に納めましょう。

金運を落さない、自分での納め方はあるの?

どうしても、お守りやお札をお納めする事が出来ない時もありますよね。

そんなとき、ただゴミに捨ててしまっては神様や仏様に申し訳ありませんよね。自分でお守りやお札を清め、処分できる納め方を一つ紹介します。

必要なもの
・ 半紙(白い紙でも構いません)
・ 粗塩
・ 納めたいお守りやお札

方法

  • まずは半紙を起きます。
  • 続いて、納めたいお守りやお札を半紙の上に起きます。
  • さらに、粗塩をひとつまみとり、お札に回しかけます。
  • その際、左回りに1回、右回りに一回、最後にもう一度左回りに一回、と行って下さい。
  • そして、塩を入れたまま半紙で包み、処分します。
この作業で最も重要なことは、神様や仏様に感謝の気持ちを込めながらこの作業を行うことです。

お守りやおみくじ、お札の期限切れ まとめ

お守りやお札の処分をどうするか、悩むところですね。

効果は一般的には一年ですので、金運を落さないように心を込めてお納めしましょう。

あなたを守ってくれたお守りやお札はきちんと授かった神社やお寺に感謝を込めてお納めすれば、また次回身につけるお守り、お札の神様や仏様があなたを守り、夢を叶えてくれるはず。

お納め方をしっかり守って下さいね。

そして、おみくじは神仏様かあらの大切なメッセージ。

感謝の気持ちを持って毎年きちんとお納めして、良い運気を呼び入れるようにすれば、あなたの金運も上がるのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください