電子レンジの掃除のコツとポイント!誰でも簡単に汚れを取る方法

電子レンジ

食品の温めや料理の下ごしらえに大活躍の電子レンジ。もはやキッチンに欠かせない存在です^ ^

けれど、中を覗いてみると意外と汚れていたり。。掃除が後回しになりがちな所でもあるんですよね。

そこで今回は、簡単キレイな電子レンジの掃除方法をご紹介します♪

電子レンジってなんで汚れるの!?

ところで、何でこんなに電子レンジの中って汚れるんでしょう。汚れをやっつけるにためにも、まずはその正体について見ていきましょう!

汚れの正体とは!

電子レンジの中にこべりついた汚れ、実はいろんな種類が混合しているのです。

・食べ物のカス
・吹きこぼれた汁や調味料
・油
・食品から出た水蒸気

これらが層になっていたり、汚れが繰り返し熱されることにより発生した「焦げ」なども付着している場合があります。

放っておくとどうなる??

忙しい毎日、「まあ、直接食べ物に触れるわけじゃないしいいかな?」と後回しにしたくなる気持ちも分かります^^;

キッチンは水回りやガスレンジなど、掃除するところ山盛りですもんね。。

だけど、放っておくと、どんどん汚れは積み重なり、落としにくくなります。

更に、以下のような危険も。。
・カビや細菌の発生
食品から出た水蒸気は、水分と同時に栄養も含んでいます。カビや細菌の大好物です。
・加熱効果が下がり、余計な電気代がかかる
汚れの層が内部を覆ってしまうと、電子レンジが本来の力を発揮できません。
・火災の原因に
一番怖いのがこれですね。熱と油の塊……と考えると確かに危ないですよね。

汚れに合わせた落とし方

さて、そんな厄介な汚れ、効率よく落とすにはどうしたらいいのでしょう。

いっそ食器みたいに中性洗剤をつけてゴシゴシしたくなりますが、電子レンジの庫内は傷が付きやすいのでNGです^^;

また、食べ物を入れるところだから、掃除用の洗剤もあまり使いたくないですよね。。

そこでおススメなのは、クエン酸(酢)もしくは重曹を使った掃除法です。

・水蒸気からついた水垢はアルカリ性の汚れなので、酸性のクエン酸や酢で
・油汚れや焦げは酸性の汚れなので、アルカリ性の重曹で

それぞれ中和することによってスッキリ落とすことができます^ ^

クエン酸や重曹は100円ショップでも購入できます。どちらも消臭・殺菌効果がありますので、汚れの具合を見ながら選んでみてください♪

カンタン電子レンジの掃除方法

さて、では実際どう掃除するのか見ていきましょう。

掃除のコツとポイント

皆さんもご存知の通り、油は冷えると固まり、温めると緩まります。

それを利用し、電子レンジの中の油汚れも、熱を利用して落としやすくしましょう!

1.耐熱容器にクエン酸やお酢、重曹を入れて溶かしレンジでチン♪
2.レンジでの扉が水蒸気で曇ったら、扉を閉めたまま30分ほど放置!
3.そっと耐熱容器を取り出し、キッチンペーパーで庫内全体を拭く。

洗浄成分の溶け込んだ水蒸気が、電子レンジの庫内いっぱいに広がり、汚れを緩めてくれます。

溶かす割合は、水200ccに対し
・クエン酸……小さじ3杯
・酢……50cc程度
・重曹……小さじ1~2杯

酢は独自のにおいがありますので、苦手な方は避けた方がいいかもしれません^^;

使用後気になる場合は、1日扉を開きっぱなしにして、換気しておくと消えていきます。

扉や、庫内の天井部分も意外と汚れていますので、忘れず拭いてあげてください♪

くれぐれも火傷には気をつけてくださいね!

それでも落ちないしつこい汚れに!

上の方法でも落ちない汚れには、重曹ペーストが活躍します。

お湯1に対し重曹3くらいの割合で溶かしたものを汚れに塗り、ラップを被せてしばらく放置しましょう。

その後キッチンペーパーで拭き取るとピカピカになりますよ^ ^

ただし、乾くと拭き取りきれなかった重曹が白く浮き上がってくることがあります。その時は濡れふきんや濡らしたキッチンペーパーで拭いてくださいね。

回転トレイの掃除方法

さて、取り外して洗える回転トレイ。

こちらも同じように重曹ペーストでつけ置きするとキレイになります。

スポンジでこすり、洗い流してOKですが、必ずスポンジは柔らかい方を使うようにしましょう。

外側の洗い方

また、忘れがちなレンジの外側。

特に側面や裏側についている通風口は、油と埃が入り混じって固まっていたりします。これがまた落ちにくいんですよね^^;

通風口も重曹でピカピカにしてあげましょう!

1.水に濡らし、軽く絞ったスポンジに重曹を含ませます。
2.汚れの気になるところを擦り、最後に乾拭きをします。

庫内と同じく、乾燥して白く浮き上がってきたときは、軽く水拭きをします。

面倒だなーと思われる方には、キッチン用アルコールもおすすめです!

ただし、直接シュッと吹きかけると故障の原因になることがありますので、一度キッチンペーパーなどに噴霧し、湿らせたあとで拭き取りましょう。

いかがでしたか。

定期的にお掃除してあげると汚れも落ちやすく、何より安心・安全です。電気代の節約にもなって一石三鳥ですね^ ^

簡単でニオイも気にならなくなるので、ぜひぜひ習慣に取り入れてみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください