目の紫外線対策はサングラスで!選び方のポイントとは?

紫外線対策のたくさんのサングラスです

最近は、街でも、サングラスを普段から使う人をよく見かけるようになりました。

ファッションアイテムとしても人気のサングラスですが、紫外線対策としてはどのような点に注意して選べばいいのでしょう。

調べてみました。

サングラスで紫外線対策!レンズの色の選び方

サングラスと一言で言っても、様々な色がありますよね。

それぞれ、色とその特徴をみてみましょう。

・ブラウン系

紫外線対策のサングラスです

サングラスの中でも人気の色です。

まぶしさを防止するだけでなく、物のりんかくをはっきりと見せる効果があります。

曇りの日の運転や、ゴルフなど屋外でのスポーツに向いています。

・グレー系

紫外線対策のグレーのサングラスです

明るさを平均的にカットするので、日差しが強い時でも自然な色に近い色合いで見ることができます。

日差しが特に強い日の運転や、マリンスポーツに適しています。

・ブルー系

赤や黄色系の光を遮る効果があります。

車のライトなどをまぶしく感じる時にかけると、まぶしさを和らげることができます。

・イエロー系

青系の光を遮る効果が強く、スキーなど、冬のスポーツに適しています。

色の濃いサングラスには注意!

紫外線対策のサングラスやクリームです

サングラスのレンズの色には、それぞれ特徴があることが分かりました。

どこで使うかによって、まぶしさも違いますから、色の特徴を知っていれば、うまく使い分けできそうですね。

ただ、紫外線対策として考えると、濃い色のサングラスには注意が必要です。

なぜかというと、目は、暗いところだと瞳孔が開き、より多くの光を取り込む性質を持っているためです。

色の濃いサングラスの中では、目の瞳孔が開き、光、つまり紫外線をより多く取り込んでしまいやすくなるのです。

ですから、色の濃いサングラスを選ぶ時は、きちんと紫外線対策のされたレンズのものを選ぶようにしましょう。

UVカットの伊達メガネで紫外線対策?

色のついていないレンズ、つまり伊達メガネでも、紫外線対策のされたレンズであれば、サングラス代わりに使うことができます。

伊達メガネでは、光のまぶしさを遮ることはできませんが、暗くて瞳孔が開くというおそれもありません。

色のついたサングラスにはちょっと抵抗があるけれど、目の紫外線対策はしたい、という方は、UVカットの伊達メガネを使うのもいいですね。

Zoffのクリアレンズ、UVカット100%があります、気になる方は要チェックです。

→ ZoffのクリアレンズUVカット100% 3,500円~

紫外線対策に有効なサングラスの性能

紫外線対策のサングラスと猫です

サングラスを選ぶ時にチェックしたいのが、そのサングラスの性能です。

UVカットのレンズには、商品により次のような表記がされています。

・紫外線カット率

紫外線をどの程度防げるかという数値です。

数値が大きければ大きいほど、紫外線カットの割合が高いということになります。

・紫外線透過率

紫外線をどの程度通すか、という数値です。

こちらは、数値が小さければ小さいほど、紫外線を通さない、つまり紫外線対策がより強くされている、ということになります。

MEMO
紫外線透過率が5%以下 とあるのは、紫外線カット率が95%ということです。

・UV400

これは、紫外線が強く、国をあげて対策をとっているオーストラリアでの規格です。

紫外線の中でも、最も強い波長である紫外線も防ぐものに対して「UV400」という表記がされています。

このように、商品によって、様々な表記が使われているので、注意して、サングラスの性能をチェックしましょうね。

紫外線対策で大切なサングラスの形

紫外線対策でサングラスを選ぶ時には、形にも気を付けましょう。

紫外線は、正面からだけではなく、顔の横からも降り注いでくるからです。

紫外線対策をより重視するなら、できるだけ大きなレンズのサングラスを選ぶようにしましょう。

目の紫外線対策はサングラスで! その選び方のポイント まとめ

目の紫外線対策で一番手軽なサングラス。

レンズには様々な色があり、それぞれにふせげるまぶしさの違いがありました。

しかし、紫外線対策として考えると、レンズの色の濃さよりも、その性能がより大切であることがわかりました。

サングラスの性能を示す表記は商品により違い、「紫外線カット率」「紫外線透過率」「UV400」と様々です。

それぞれの表記の意味を理解し、特に色の濃いサングラスを選ぶ時には、しっかりと紫外線対策のされたサングラスを選ぶことが大切です。

また、形も、小さなレンズよりは、大きなレンズの方が、紫外線を防ぐ効果が期待できます。

このようなことに注意して、目の紫外線対策をとりたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください