歯の着色汚れの原因と予防対策とは?白い歯になる方法

歯の着色 原因と予防対策をまとめてみた

歯がなんとなく黄ばんでる、と気になったことはありませんか。

毎日きちんと歯を磨いているのに、どうして歯の着色はおこるのでしょう。

その原因と予防対策について、調べてみました。

歯の着色の原因って?

歯の着色はなぜ起きるのでしょう。

その原因は、歯の表面。歯の表面は、よく見るとでこぼこしています。

このでこぼこに、着色の原因となる汚れが入り込んでしまうのです。

食べ物や飲み物の「色」が原因の着色

カレー

食べ物や飲み物の「色」が原因となる歯の着色があります。

具体的には、カレーやチョコレート、コーヒーやウーロン茶、ワインなどです。

これらの食べ物や飲み物は、服につくとシミになってなかなか落ちにくいですよね。

それと同じように、歯にも着色してなかなか落ちにくくなるのです。

タンニン、ポリフェノール、ターメリックなどを含む食べ物や飲み物は、歯の着色の原因になりやすいと言えます。

食べ物や飲み物の「酸」が原因の着色

コーラ

食べ物や飲み物の「色」だけでなく、「酸」も、歯の着色の原因となります。

酸は歯の表面を覆うエナメル質を溶かす力があります。

エナメル質はとても固く、歯の表面を覆う事で、傷や汚れ、虫歯から歯を守る働きがあります。

そのエナメル質が溶けてしまうと、歯の表面はもろくなり、色素が浸透しやすくなってしまうのです。

酸を含むものとしては、炭酸飲料、柑橘系の果物、梅干し、酢の物などがあります。

このような食べ物や飲み物を摂る時には、同時に着色しやすい食べ物を摂らないようにするなど、注意しましょう。

歯の着色の予防対策

歯の着色 原因と予防対策をまとめてみた

歯の着色の原因となる食べ物や飲み物が分かりました。

しかし、歯の着色を防ぎたいからと言って、それらの食品を避けて生活はできませんよね。

そこで、歯の着色の予防対策について調べてみました。

口をすすぐ

まずは、口をすすぐという方法です。

それも、「こまめに」すすぐことがポイントです。

本来ならば、飲食した後毎回歯を磨ければいいのですが、外出先ではそうもいきませんね。

そのような時にも、水で口をすすげば、ある程度の着色は防ぐことができます。

MEMO
また、コーヒーやワインを飲む時に、水も交互に飲むようにすると、少しは歯の着色を遅らせることが期待できますよ。

ストローを使う

烏龍茶

アイスコーヒーや、炭酸飲料を飲むときには、ストローを使うといいでしょう。

ストローを使うと、その分、飲み物が歯に触れないため、歯の着色を予防することができます。

ホワイトニング用の歯磨き粉を使う

毎日の歯磨きに、ホワイトニング用の歯磨き粉を使うと、歯の着色を取り除くことができます。

歯の着色は、一度に一気に着色するのではなく、日々少しずつ着色していくものです。

そのわずかな着色を、毎日の歯磨きで取り除くことができれば、歯の着色の予防にもなります。

ただ、注意しなければならないのは、「歯磨きのしすぎ」です。

一般的な歯磨き粉には研磨剤が入っています。

この研磨剤は、歯のでこぼこに入り込んだ着色汚れを取り除いてくれる働きがあります。

しかし、歯磨きをしすぎると、汚れだけでなく、歯の表面を覆うエナメル質まで傷つけてしまう恐れがあるのです。

歯の着色が気になるからといって、力を入れてごしごしこするような歯磨きはやめましょう。

優しく丁寧に、細かく磨くのが効果的です。

歯の着色汚れの原因と予防対策 まとめ

歯の着色汚れは、歯の表面がでこぼこしていることが、何よりの原因でした。

そこに、色が付きやすい食品が触れると着色してしまうのです。

食品の酸も、歯の表面を覆うエナメル質を溶かし、より着色しやすくしてしまう原因の一つでした。

 

歯の着色を防ぐには、毎日の歯磨きだけでなく、こまめに口をすすいだり、ストローを使うことが効果的です。

歯の着色を避けるために食べ物や飲み物を我慢するのではなく、正しく認識して、そのような食品を摂るときは食べ方を工夫し、白い歯を保っていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください