唐揚げと竜田揚げの違いが知りたい!味と作り方も

唐揚げと竜田揚げの違いです

みんな大好き「からあげ」。

お弁当にも、おかずにも、お酒のおつまみにもぴったりですよね。

そんな「からあげ」ですが、漢字で書くと「唐揚げ」と「空揚げ」二通りあります。

どのような違いがあるのでしょうか。

調べてみました。

「からあげ」と「竜田揚げ」の違いは?

ところで、「からあげ」と似た料理に「竜田揚げ」がありますよね。

この二つ何が違うのでしょうか?違いを調べてみました。

食材の違い

唐揚げと竜田揚げの違いです

まず一つには、使われる食材の違いがあります。

「からあげ」では、鶏肉、豚肉、牛肉のほか、魚や野菜も使われます。

 

「竜田揚げ」では、野菜は使われません。

味付けの違い

二つ目の違いには、味付けの違いがあります。

「からあげ」には、食材に味付けをせず素揚げをする料理も、味付けをせずに粉をまぶして揚げる料理も含まれます。

「竜田揚げ」は、野菜以外の肉に醤油やみりん等で下味をつけ、粉をまぶして揚げる料理を指します。

その他の違い

唐揚げと竜田揚げの違いです

また、使われる粉が、小麦粉なら「からあげ」、片栗粉なら「竜田揚げ」という違いもあります。

しかし、最近のからあげは、食材に下味をつけるレシピが多くみられるようになりました。

また、使う粉も、カラッと揚がるように、片栗粉を使うからあげのレシピもあります。

そうすると、明らかな違いは「野菜を使うかどうか」という違いのみになりそうですね。

「からあげ」とはどんな料理?

そもそも、「からあげ」とは、どのような料理でしょうか。

MEMO
料理用語を扱う辞典などによると、「何もつけずに油で揚げたもの」もしくは「小麦粉や片栗粉をまぶして揚げたもの」と定義されています。

「からあげ」というと、真っ先に鶏のからあげを思い浮かべますが、この定義に照らせば、豚でも魚でも、そのまま揚げたり、小麦粉などをまぶして揚げれば、「からあげ」、ということなのですね。

最初は「空揚げ」だった?

唐揚げと竜田揚げの違いです

食材を油で揚げる、という調理法が日本で使われるようになったのは、鎌倉時代の頃と言われています。

初めは、精進料理として使われていました。

それが、広く一般に広まったのが、江戸時代です。

当時、現在の「からあげ」の定義に相当する調理法の物は「油揚」や「衣かけ」と呼び、「からあげ」とは呼んでいませんでした。

しかし、「からあげ」の定義に相当する素揚げや、粉をまぶして揚げたものは既に江戸時代にはあったのですね。

では、そのような調理法に対して、「からあげ」という表現が使われるようになったのはいつ頃なのでしょう。

それは、大正時代です。

このころの料理本を見ると、魚の切り身を素揚げする調理法に対して「空揚げ」という表現が使われているのです。

「唐揚げ」という表記が出てくるのは、そこからさらに時代が進んだ昭和17年。

魚の切り身に小麦粉などをまぶし、揚げた後、あんをかける料理を「唐揚げ」と表現していました。

しかも、その「唐揚げ」は、中華料理として、紹介されていたのです。

「唐揚げ」は中国から伝わったもの

「唐揚げ」という表記自体は、実は既に江戸時代の料理本に出ています。

しかし、その料理は現在の「からあげ」とは全く違ったものでした。

なんと、豆腐を揚げたものだったんですね。

豆腐を小さく切り、油で揚げ、その後、醤油と酒で煮たものでした。

この調理法は、中国から精進料理の一つとして伝わりました。

「唐揚げ」という表記に、中国を表す「唐」を使っているのも、そのような理由からなのですね。

唐揚げと空揚げの違い まとめ

現在の「からあげ」に近い料理法は、既に江戸時代から親しまれていることがわかりました。

しかし、その調理法を「からあげ」と表現するようになったのは、大正時代と、つい最近のことのようです。

一説には、「衣がない(=空(から)の)揚げもの」なので「空揚げ」という字があてがわれたと言われています。

一方、「唐揚げ」は、江戸時代、中国から、精進料理の一つとして伝わりました。

しかし、その「唐揚げ」は、現在の「からあげ」とは全く違う調理法のものでした。

このふたつの「からあげ」が時代を経て、同じ調理法の物を指す言葉として使われるようになったようです。

言葉は、時代によってどんどん変化するものだということが、「からあげ」という身近な料理でも見られるとは、意外ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください