パセリの栄養と効果とは?効果的な食べ方

パセリの効果的な食べ方を紹介します

パセリというと、プレートの色どりなどに使われているイメージがあり、残してしまい食べないという方がほとんどではないでしょうか。

脇役の脇役といったイメージのあるパセリですが、色どりとして添えられるだけではなく、どんな栄養や効果があるのでしょうか。

効果的な食べ方も紹介します。

パセリの栄養と効果とは

名脇役であるパセリですが、主役級の栄養素・効果があります。

パセリの栄養素

パセリは、その見た目通り緑黄色野菜です。

緑黄色野菜が体にいいことはご存じだと思います。

パセリは、βカロテンが豊富なのはもちろん、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、カルシウム、カリウムが豊富に含まれています。

 

ミネラル成分である鉄、亜鉛、マグネシウム、銅の他にも食物繊維などの多くの栄養素を含んでいる宝庫といってもいい食材です。

パセリの効果・効能

パセリの効果的な食べ方を紹介します。

パセリの効能は、栄養素と同じようにたくさんあります。

活性酸素の除去

βカロテンやビタミンC、Eには、抗酸化作用があるため、体内の活性酸素を排除し、がんの予防や健康の維持やアンチエイジングに非常に効果的と言われています。

パセリの濃い色は、クロロフィルという成分で、血中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やし、脂質のバランスを正常化し、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞の予防になります。

殺菌効果

パセリに含まれるカリウムは、体内の余分な水分を排出してくれ、高血圧の予防や改善に効果があるといわれているのです。

パセリには、消化を助けてくれたり、口臭の予防にも効果があります。

ただ、お皿の上に色どりのためだけに添えられているだけではないのですね。

お皿の上のパセリには、それだけで、殺菌効果が期待できるので、食中毒の予防にもなる野菜です。

効果的な食べ方として、夏などに食欲がないときなどには、食欲を促進させる効果もあります。

カルシウムの意外な効果

カルシウムは、骨や歯に重要な栄養素だということは、ご存じですよね。

不足すると、骨や歯を溶かして、吸収するため、ひどい場合には、骨粗しょう症になってしまいます。

カルシウムには、実は、神経に作用し、精神を安定させる効果もあるのです。

これだけみても、パセリは万能な野菜といえますね。

その他にも、鉄分や葉酸が豊富なため妊婦さんもおすすめの食材・効果的な食べ方も考えたいですね。

ダイエット効果

抗酸化作用が強いので、ダイエットやアンチエイジングにもとてもいいのです。

パセリに含まれるピネンという成分には、腸内環境を整えてくれます。

効果的な食べ方をすると下痢や便秘にもいいとされています。

腸内環境を整えることにより、ダイエット効果も期待できますね。

パセリの効果的な食べ方

パセリの効果的な食べ方を紹介します。

パセリの効果・効能は十分わかったけど、独特な苦みがあり、食べにくいし、どうやって食べていいのかわかりませんよね。

パセリを効果的に食べるには、スープに刻んで入れたり、サラダに混ぜたりするとバランスがよくなります。

 

生のままだと、食べにくい場合には、少し加熱すると、甘みがでてきって食べやすくなります。

天ぷらにしたり、和え物にしたりしてもいいですね。

加熱すると、ビタミンCは熱に弱いのですが、そのほかの栄養素は壊れません。

加熱してもパセリは、栄養価が非常に高い野菜といえます。

茎も同じように栄養が満点!せっかく効果的な食べ方があるので、ぜひ葉と一緒に食べましょう。

パセリは食べ過ぎに注意?

パセリの栄養や効果がすごくいいからといって、一気に食べることはあまりないとは思いますが、食べ過ぎてしまうと逆に効きすぎてしまう恐れがあります。

注意
パセリの一日の上限の摂取量は、200gです。

そうそう200g以上食べてしまうことはないと思いますが、200g以上食べてしまうと、血圧の急低下や嘔吐、麻痺などが起こる恐れがあるので食べ過ぎには、注意です。

妊婦さんには、堕胎の恐れがあるといいますが、大量に食べた場合のことですので、規定量であれば、こちらも問題はありません。

パセリを長く保存する方法

パセリの効果的な食べ方を紹介します。イタリアンパセリ

パセリを買うと、少しずつなら食べるけど、なかなか消費できない場合は賢く保存しましょう。

パセリは乾燥に弱く、常温保存はできません。

冷蔵庫保存方法

必ず、冷蔵庫で保存しましょう。

乾燥しないようにラップなどで包んで冷蔵庫へ保存するか、コップなどに水を入れ、茎の部分を少し切ってからコップへ挿して保存します。

コップへ挿して保存すると、1、2週間は長もちしますが、コップの水はこまめに変えましょう。

冷凍保存方法

パセリは、冷凍保存もできます。

そのまま保存もできますが、解凍したときにふにゃふにゃになってしまうので、スープなどに使うといいですね。

また、冷凍状態だと、簡単に手で砕けるので、スープやピラフなどのアクセントになります。

あらかじめ、みじん切りにして冷凍しておく方法もあります。効果的に保存して食べ方に気をつけましょう。

冷凍の場合は、約1ヵ月の賞味期限です

冷凍よりもやはりフレッシュな状態のパセリのほうが、栄養価が高いので、できるだけ買ったら早めに消費するようにしましょうね。

まとめ

パセリの効果的な食べ方を紹介します。

パセリは、なんとなく添えられているのではないということがわかりました。

お皿に添えるだけで、食中毒予防効果から、アンチエイジング、健康維持まで数え切れないほどの栄養や効果があります。

一般的なパセリが食べにくいと感じたら、イタリアンパセリにすると少し食べやすくなりますよ。

食べ過ぎには注意ですが、ぜひ、効果的な食べ方で積極的に摂ってみてくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください