白い卵と赤い卵!殻の色の違いは何?原因と栄養価は?

白卵と赤卵の違いを紹介します。生卵

白い卵と赤い卵!殻の色の違いは何?原因と栄養価は?

和洋中どの料理に欠かせない材料の卵、冷蔵庫に常備している方多いですよね。

毎日の料理に欠かせない卵には白い卵と赤い卵がありますが、殻の色の違いや栄養価について知っていますか?

実はよく分からずに買っていた方もいますよね?

今回は卵の殻の色の違い、原因、栄養価について調べてみました!

白い卵と赤い卵の違い

白卵と赤卵の違いを紹介します。

赤卵と白卵の違いについて知っていますか?

じつは白卵と赤卵の違いは「殻の色」だけなんです!

意外ですよね?

私は知りませんでした。

違いはほとんどない白卵と赤卵ですが、なぜ殻の色が違うのか原因を調べたので詳しく解説します。

殻の色が違う原因は?

白卵と赤卵の殻の色の違いは、親鶏の種類です。

白卵と赤卵の違いを紹介します。うどん

親鳥の種類の見分け方

白卵・・・白い羽、白い耳たぶの鶏

主な品種はホワイトレグホン

 

赤卵・・・赤茶・黒の羽、赤い耳たぶの鶏

主な品種はロートアイランド

卵の色は、鶏の品種を知らなくても羽や耳たぶの色で見分けることができます。

MEMO
赤卵になる鶏は卵管を通るときにプロトポロフィリンという褐色の色素を分泌し、プロトポロフィリンが分泌されることで赤卵になるのです。

最近ではプロトポロフィリンが分泌される鶏と、されない鶏を交配させたピンク卵も販売されています。

このピンクの卵も白卵と赤卵と同じく殻の色以外に違いはありません。

親鳥の生活環境での色の変化

また、親鶏の生活環境の違いで卵の色が変わることもあります。

これは、白卵・赤卵のような色の違いではなく、赤卵の色の濃さの変化です。

明るい場所にいる時間が長い鶏は、明るい色の卵を産み、暗い場所にいる時間が長い鶏は濃い茶色や褐色の卵を産みます。

これは外的に卵が見つからないようにするためです。

一言に赤卵といってもピンクっぽかったり濃い茶色だったりと色の幅が広いのは卵を守るためだったんですね。

白卵、赤卵、色の濃さなど殻の色の差では卵の味は変わりません。

白い卵と赤い卵の栄養価の差は?

白卵と赤卵の違いを紹介します。

赤卵は栄養価が高い、値段が高い卵だから美味しいってよく聞きますよね?

赤卵のほうが栄養があるからと赤卵を選んでませんか?

実はそれ間違いだったんです!

赤卵のほうが栄養がある、美味しい、○○な料理に合うなど全部迷信です。

 

白卵と赤卵に味の差がないのと同じく、栄養価にも違いはありません。

一般的に白卵より赤卵のほうが高く販売されていますが味や栄養価には全く関係ないんです。

白卵より高いのに味も栄養価も違いがないなんて納得できませんよね?

白卵と赤卵の値段の差は栄養価とは関係ない?

白卵と赤卵の違いを紹介します。

実は値段の差は親鶏に種類によって発生します。

ホワイトレグホン
白卵を産むホワイトレグホンなどは産卵量が多く、少ない餌でたくさんの卵を産みます。

生産コストが低いので販売価格が安いです。

ロートアイランド品種

一方赤卵を産む、ロートアイランドなどの品種は体が大きくたくさんの餌を食べるうえに産卵数がホワイトレグホンよりも少ないため生産コストが高いのです。

この生産コストの差が市場での値段の差になります。

また、赤卵のほうが栄養価が高いと思っている方が一定数いるので白卵より高い値段設定となっています。

赤卵を産む鶏は生産コストが高いですが、もちろん生産者側にメリットがあります。

ロートアイランドなどの品種はストレスや病気に対する抵抗が、ホワイトレグホンなどの白卵を産む品種より強く環境の変化にも強いといわれてます。

生産コストが高くても飼育されるのには理由があるからですね。

他にも、卵の殻の厚みで分厚いほうが栄養があるなどの迷信があります。

これも根拠のない迷信です。

白卵と赤卵の違いを紹介します。

殻の厚さは親鶏の年齢で変わります。

若い鶏ほど分厚い殻の卵を産みますが、もちろん味にも栄養にも差はありません。

ちなみに卵のツヤも親鶏の年齢による差で、若い鶏ほどツヤのある綺麗な卵を産みます。

では味や栄養価が変わるのはどんな卵なのでしょうか。

味や栄養価の変化はどこで決まる?

白卵と赤卵の違いを紹介します。卵掛けご飯

親鶏の飼いかた

親鶏をゲージ飼いにしているか平飼いにしているかで味が変わります。

ゲージ飼いの鶏は養鶏場のゲージ内で育ち、輸入配合飼料を食べ育つ飼育コストの安い飼い方です。

ゲージ飼いの鶏が産む卵が一般的な卵です。

平飼いの鶏は自然の鶏と同じように育ち、しっかりと管理された安全な餌を食べます。

ゲージ飼いより生産コストがあがるので値段も高くなります。

栄養強化卵

鶏の餌にDHA、ビタミン、ヨードなどを配合し人為的に卵に栄養価を増加させ栄養をコントロールします。

以上が味や栄養価の違いのでる条件です。

まとめ

今回は白い卵と赤い卵の違いについてまとめました。

親鶏の生活環境や与える餌が同じなら、白卵・赤卵には味、栄養価の違いはりません。

 

同じ品種の鶏から産まれた卵でも違う餌で育てば、卵の味、栄養価に違いが出ます。

白い卵と赤い卵は同じ環境で育ち、同じ餌を食べていれば味や栄養価には全く同じでしたね。

赤い卵のほうがおいしいと思っていた方、今度の買い物から卵の選び方を見直してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください