ファスナーが噛んだ時どうする?布に挟まったときの対処法

ファスナー

洋服やバッグ、ポーチのファスナーを閉めようとしたら、ファスナー(チャック)が噛んでしまい、どうしよう?なんてよくありますよね。

しかも、なかなか噛んでしまった布がファスナーから取れない!挟まったとき、焦ってしまい、イライラしてしまうものです。

そんなときって実はかなり急いでいたり・・。

焦って壊してしまわないためにも!ファスナ(チャック)ーが噛んでしまった・挟まったときの対処法を紹介します。

ファスナー(チャック)が布を噛んでしまったとき・挟まったときにまず取る対処法

ファスナー噛む

ファスナーが布を噛んでしまった。

そんなときは、慌ててファスナーをガチャガチャしないで冷静に対処していきましょう。

対処法1 布地を引っ張り、ファスナーを逆方向へ動かす

チャックが噛む

チャックが噛んでしまったら、思わずガチャガチャと動かして取ろうとしてしまいがちです。

しかし、焦って動かすと逆効果になってしまうこともあります。

対処法は、

[list class="ol-circle li-mainbdr main-bc-before"]
  1. まず噛んでしまった部分の布地を横へピンっと張る
  2. ゆっくり、そして少し強く水平の方向へ引っ張る
  3. ファスナーを噛んでしまった逆方向へ動かす
間違っても無理矢理取ろうと、強く引っ張ったり、ガチャガチャと動かしてしまうと布が破れる可能性があります。

チャックが挟まった・挟んだ方向と逆へ動かすこと。

よほどきつく噛んでいなければ以外と簡単に取れます。

近くに誰かがいれば、協力してもらうと、より簡単です。

一人ががファスナーの噛んだ部分の布地を水平方向に引っ張り、もう一人がファスナーを逆の方向へ動かすと簡単でスムーズです。

一度、閉め直してみるのもいい対処法です。

ファスナーを身近にあるもので簡単に取る方法

 

噛んでしまったファスナーの布地部分を引っ張って、ファスナーを閉め直してみても直らない場合は、身近にあるもので簡単に取ることができます。

固くて平べったい物を使う!なぞなぞみたい

まず、生地とファスナーの間に隙間を作ります。

生地とファスナーの間に丈夫な定規や下敷き、マイナスドライバーなど硬くて平べったい物を使います。

方法は、定規、下敷き、マイナスイナスドライバーの先端の部分または、角の部分をファスナーと布地の隙間に差し込んで隙間を作り、少しずつ取るようにします。

このときに、一気に取ろうとせず、滑らせるようにして生地を引っ張ると、すんなりと取れることもあります。

火傷に気をつけて!ドライヤーを使う方法

ドライヤー

そして、ファスナーをドライヤーで温る対処法です。

温めることで、金属製のファスナーが適度に柔らかくなり、噛みついてしまったファスナーが直りやすくなります。

ファスナーを温めた状態で上記の対処法を試してみると、ファスナーが元通りになります。

ただし、この温める対処法はプラスチック製のファスナーには有効ではありません。

また、金属製のファスナーの場合も熱くなりますので、火傷に注意してください。

オイル1滴ですべすべ?滑りがよくなる方法

オイル

そのほか、ファスナーが噛んでいる部分にオイルを1滴垂らす対処法もあります。

オイルは、オリーブオイルでもサラダ油、ベビーオイルでも身近にあるオイル、何でもよいのでオイルをファスナーの部分に1滴垂らしてみてください。

滑りがよくなるため、意外とあっさりと取れる場合もあります。

このときに、ファスナーの持ち手の部分にオイルが付かないように!

ついてしまうと逆方向に滑って持ちにくくなり、時間がかかってしまうこともありますので注意してください。

また、オイルでシミができてしまうこともありますので、そちらも注意してください。

コツは、噛んだファスナーの部分に1滴だけ垂らすことです。

綿棒

綿棒などを使って、ピンポイントに狙うのもいいかもしれませんね。

しかし、一番のファスナーを噛ませない対処法は「ゆっくりとファスナーの開け閉めをする」ことです。

外出先ではどうする?チャックが布を噛んでしまったときの対処法

 

もし、外出先でファスナーが噛んでしまったら?
余計に焦りますよね。

そんな外出先でもできるファスナーが噛んでしまったときの対処法をご紹介します。

利用できる手持ちのものとは?鉛筆!

出先なのでオイルやドライバーなんてなんて持っている方などほとんどいないと思います。

そんなときに活躍するのが、なんと鉛筆なんです。

鉛筆の先でファスナーが噛んだ部分に入れ、こするように動かすとスムーズに動くようになることがあります。

鉛筆の粉がオイルの代わりになるのです。

ちなみに、シャープペンシルではオイルのかわりにはなりませんので注意してください。

女性ならバッグの中にあるはず? リップクリームを使う

リップクリーム

つぎにリップクリームを塗ることです。

これも外出先でかなり使える対処法です。

女性ならだいたいは持っているリップクリームを、ファスナーの両側に薄く塗ります。

これもオイルの代わりになります。

入院見舞い

石鹸やワセリンやロウソクのロウも対処法に使えます。

ファスナーを変形させるのもOK!保証はありません

ファスナーが噛んでしまったけれど、何をしても直らない最終手段は、ファスナーを変形させるという対処法がありますが、かなり上級者向けの対処法です。

ですから、大切な物であれば、洋服のリフォームをしているお店などのプロに頼みましょう。

費用や場合によっては、日にちがかかる場合もありますが、生地へのダメージが少なく確実です。

ファスナーが布を噛んだ後の防止法

無事に噛んでしまったファスナーを布から取り外せた後には、やはり癖がついてしまいます。

癖がつくとどうしてもまたファスナーが布地を噛みやすくなります。

くせがついちゃった!再発防止にはどうする?

アイロン

まず、あて布をして裏からアイロンをかけます。

なぜかというと、ファスナーが噛んでしまった布地の部分は折れて、浮いていることがあるため、ファスナー近くにまで布地がかぶさっています。

そのため、その癖をアイロンを使い平らにしておくことで、癖を直し噛みにくくなります。

そして、シリコンスプレーを吹きかけてファスナーの滑りを良くしておくのも効果的です。

ファスナーはまっすぐ水平に引くように開け閉めすると劣化しにくい

ファスナーが噛んだ時・チャックが布に挟まった時 まとめ

ファスナーが布地を噛んでしまうことは、よくあることです。

そして、急いでいるときに限ってよくなりますが、イライラしてガチャガチャしてしまうのは逆効果。

  • いったん閉め直してみる
  • 丁寧に少し強く噛んだ部分の布地を引っ張りながら、ファスナーを開け閉めしてみる
  • 家にあるマイナスドライバー、定規などで隙間を作り上記を繰り返す
  • ドライヤーで温めたり、オイルを使うのも対処法としては効果的
  • 外出先では、鉛筆やリップクリームや石鹸で対応

ドライヤーを使う時、オイルを使う時は火傷や洋服にシミがつかないよう気をつけてくださいね。

大事な物やファスナーが布地を噛んでどうしても取れないときには、洋服のリフォームをしているお店などに修理を依頼してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください