スマホケースは手帳型派シリコン派?それぞれのメリットとデメリット

スマホケース 手帳型

ただの携帯電話から、生活必需品となったスマートフォン。

今では、学生からシニアまで、文字通り老若男女問わず広く普及していますよね。

毎日持ち歩くものだからこそ、スマホケースにこだわりたい人も多いはず。

おしゃれさ、便利さ、丈夫さ等、重視するポイントは人それぞれですが、

どんなケースを選んだらいいか悩む方も多いのではないでしょうか。

あなたにとって必要なのは、手帳型かシリコン型?

それぞれのメリットやデメリットを紹介します。

 

スマホケースの種類って何があるの?

スマホケース シリコンタイプ

家電量販店のスマホケース売り場で、その陳列の多さに驚いたことがある人もいるかもしれません。

フロアいっぱい所せましと並べられたスマートフォンのケースたち。

全部を見て回っていたら、ものすごい時間がかかってしまいますよね。

効率よくお気に入りのケースを見つけるためにも、どのタイプのケースにするか決めておくのがベストです。

まずは、どんなタイプがあるか確認しましょう。

スマホケースの種類とは?

スマホケースは、大きく3タイプに分けることができます。

・手帳型ケース(ブック型)

 

・シリコンケース(ソフトケース)

 

・ハードケース(ポリカーボネート、アルミなど)

それではここから、この3つのタイプのスマホケースそれぞれの、メリットとデメリットについてみていきましょう。

手帳型スマホケースのメリットとデメリット

出典:楽天市場 

手帳型ケースのメリット

スマホ手帳型のメリット
・防御力が高い
・収納力がある
・デザイン性が高い
・スタンドとしても使用できる

・防御力が高い

前面も背面も覆われているため、まさかの時にもスマートフォン自体にダメージが加わりにくいので、安心して使用できます。

・他人に画面が見られない

テーブルに置いているときにLINEが来ても、覗き見られる心配がない。開いて置いていたらダメですけどね(笑)

・収納力がある

交通系カード、クレジットカードやお札を入れておけるので財布代わりにもなり、財布を持たないミニマリストにも重宝されるとか。

また鏡がついているタイプもあるので、ちょっとしたメイク直しにも一役買うので、おしゃれな女の子にもオススメですね。

・デザイン性が高い

レザーやデニムなど、素材も様々なものがあり、ポケットが付いていたり、おしゃれなアイテムがたくさんあります。

・スタンドとしても使用できる

動画を見たり、ビデオ通話をしたりするときに、ケースが便利なスタンドに早変わり!

別でスタンドを買ったり持ち歩いたりする必要がないので、荷物も減って一石二鳥!

手帳型ケースのデメリット

スマホ手帳型のデメリット
・防御してない(開いた状態)では弱い
・かさばる
・重い
・充電時熱がこもる

・高い防御力にも弱点が

手帳が開いたままの状態で落としてしまうと、画面がむき出しになり防御力が激減してしまいます。

保護シートも併用が安心ですね、

・かさばる

スマートフォンが倍くらいの厚さになることも。

ポケットに入れるには向かないので、普段バックに入れて持ち歩く人向きかもしれません。

・重い

手帳型ケースは、ケースそのものが、他のタイプのケースに比べてやや重たくなっています。

またカード等を収納できるがゆえに、収納すればするほど、軽かったスマートフォンが重くなってしまいます。

・使用しているうちに汚れが目立ってくる

他のケースと違い、手帳型ケースはレザーや布等を使っていることがほとんどなので、拭いてきれいにすることができません。

テーブルでコーヒーをこぼしたりなんかすると大変ですね・・・。

・充電時など熱がこもる

全面を覆っているので、熱の逃げ場がありません

あまり熱くなりすぎるとスマートフォンに負荷がかかるため、充電時はケースから出したほうがいいかもしれません。

シリコンのスマホケースのメリットとデメリット

出典:楽天市場 

シリコンケースのメリット

スマホシリコンケースのメリット
・落としにくい
・キズがつきにくい
・対候性が高い
・形状が自由自在

・落としにくい

握ってみるとよくわかりますが、手にしっかりフィットし滑らないので、落としません。

落としても割れない!の前に、そもそも落としません。安全ですね。

・キズがつきにくい

素材が柔らかいので、キズがつきにくく割れにくいので、安心です。そして、衝撃も吸収です。

・対候性が高い

対候性とは、野外で使用した際に、紫外線などによる変形や劣化を起こしにくい性質のことです。

この対候性が高いことにより、外でも安心して使用できます。とはいえ、歩きスマホは危険なのでやめましょう!

・形状が自由自在

キャラクターものなど、スマホの形状にとらわれない、いろんな形のデザインが楽しめるところは、シリコンケースならではです。

スマホシリコンケースのデメリット

スマホシリコンケースのデメリット
・ホコリがつきやすく取れにくい
・ポケットから出しにくい
・使ってるうちに、外れやすくなる
・充電時など熱がこもる

・ホコリがつきやすく取れにくい

ちょっと飲み物や、料理のソースがはねちゃった!というときは、拭けば取れるので安心なのですが、ホコリはくっついてとれません。

ケースを外して水洗い、なんてこともできちゃいますが、それでもホコリがとれません・・・。

・ポケットから出しにくい

手に持っているときはありがたい滑らなさ。

しかし、ポケットから出すときにも摩擦が大きく滑らないため、なかなか出てきません。

・使ってるうちに、外れやすくなる

長く使用していたり、つけたり外したりを繰り返していると、だんだん伸びてゆるみ、外れやすくなることがあります。

・充電時など熱がこもる

シリコンケースは密着度が高く、熱を逃がしにくいため、熱がこもりやすくなります。

ハードタイプのスマホケースのメリットとデメリット

出典:楽天市場 

ハードケースのメリット

スマホハードタイプのメリット
・ケースが軽い
・衝撃に強い
・ポケットからも出しやすい
・安くて種類が豊富

・ケースが軽い

ケースそのものが軽いものが多く、装着してもその重さを感じません。(アルミケースなど例外もあります。)

・衝撃に強い

ケースが丈夫なので、衝撃から本体を守ってくれます。

・ポケットからも出しやすい

ケース自体がコンパクトで、滑りもいいので、ポケットからも出しやすいです。ポケット派には最適ですね。

・安くて種類が豊富

材質によっては高価なものもありますが、安くてデザインも豊富です。

100均のハードケースにステッカーを貼ったり、絵を描いたりして自作ケースを作るのも楽しいですよ!

ハードケースのデメリット

スマホハードタイプのデメリット
・ケース自体が割れることがある
・かたいので、着脱が困難
・熱に弱い、対候性が低い
・塗装、プリントがはげる

・ケース自体が割れることがある

衝撃が強すぎると、ケースが割れることがあります。けがをしないように注意しましょう。

・かたいので、着脱が困難

シリコンケースと違い、ケースが固いので、とくに外すのが困難です。力任せに外すと、ケースが割れてしまうので気を付けましょう。

・熱に弱い、対候性が低い

ハードケースには、ポリカーボネート、アルミ、木材など様々な材質のものがあります。

材質によって、熱で変性しやすかったり、対候性が低かったり、水や湿度に弱かったりというところがあります。

・塗装、プリントがはげる

毎日持ち歩くものなので、使用しているうちに、塗装やプリントがポケットやテーブル、鞄のなかでこすれてはげてしまうことも。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これまで様々なタイプのケースを使用してきたので、メリットもデメリットも紹介させていただきました。

あなたは、ポケットにいれる派、カバンにしまう派、おしゃれ重視派、収納重視派でしょうか?

たくさんあるケースの中から、読んでいただいたあなたに、お気に入りのひとつが見つかりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください