「寸志」と「志」の違いって何?書き方と渡し方も!

社会人になって寸志という言葉を聞く機会が出てきたのではないでしょうか?

まだない方もこれから聞く機会が増えてくるのではないかと思います。

また、寸志や志は聞いたことがあるけれど、違いは何かはっきりわかりますか?

おぼろげな知識ではいざという時、失敗してしまうかもしれません。

そうならない為にも寸志と志の違いを調べてみました。

寸志と志の違い

アラサーやアラフィフとは?

志とは贈り物をする方の気持ち、または気持ちを表した物品の事を指しています。

では寸志は「寸」という少しを表す漢字が使われているから、小さな贈り物の事だと思っていませんか?

実はそれだけの違いではありません。

寸志とは

目上の人から目下の人へ好意で差し出す金品のことです。

寸とは少し、志は気持ちで、「ほんの気持ちです」という意味があります。

志とは

寸志と似ていますが、こちらは謝意や好意で頂いた金品全般に使います。

他人をねぎらう意味が込められていて、寸志よりも重みがあります。

寸志と少しへりくだった言い方に対してこちらは志(こころざし)とへりくだってはいないので目上の人にも使う事もできます。

ただし、こちらは弔事に使用されるイメージが強く、人によっては疑問に思う方もいるかもしれません。

 

よく香典返しやお坊さんへのお布施などに使われているため、弔事のイメージが強いのです。

もちろん使っていても間違いではないのですが、「お礼」や「ご挨拶」として使った方が無難な事が多く、使用する際も限定されてきます。

 

このように寸が付くことで使うシーンに違いが出てきます。

MEMO
日本語にはへりくだるという謙遜の言葉があるので相手によって使い分けましょう。

例えば、会社の飲み会などで上司に寸志を頂いた場合、上司は「寸志」といって渡してくれます。

ですが、それをみんなに報告する際に「寸志」と言ってしまっては、「少しだけ」いただきました!

と言っているように取られかねません。

その場合は「〇〇さんからお志を頂きました」と伝えるようにしましょう。

書き方

寸志の場合

寸志の書き方

寸志とはめでたい事や良いことに使われることが多いです。

この場合は水引と言われる赤と金色の紐が蝶々結びで印刷されている「花結びののし袋」と言われているのし袋を使います。

ただし、会社での歓送迎会では白の封筒を使う事もあります。

のし袋が見つからない場合は白の封筒で代用しても大丈夫です。

名前を書く際にはボールペンを使うのではなく、濃墨(こずみ)の筆ペンを使うようにしましょう。

書き方は水引の上中央に寸志と書きます。

 

名前は水引の下中央に名前を書きましょう。

また、会社名や会社での肩書を書く場合は、名前の右斜め上に名前よりも小さく書くようにします。

連名で書く場合は3名までは書くことができますが、それ以上になるのであれば代表者のみ表に書いて、後は中に名前を書いた紙を入れておきます。

これを忘れてしまっては、誰が渡したかがわからなくなり、困ってしまいますよね?

志の場合

志の多くは弔事に使われることが多く、そのため使用する袋も不祝儀袋と言われている白と黒の水引か黄色と白の水引が書かれている袋を使います。

こちらも書く際にはボールペンではなく、薄墨の筆ペンを使います。

書き方は水引の上中央に志と書きます。

 

名前は水引の下中央に書くのですが、○○家と書いたり名字のみを書いたりしますが、まれに喪主のフルネームを書くこともあるようです。

宗派や地域によって表書きが違う事もあるので、必ず確認するようにしましょう。

また、香典返しなどでは現金ではなく物品で返す事が多く、その場合は不祝儀袋ではなくのしという紙をかけてもらいます。

香典返しを直接渡しに行く場合、包装紙を破らなくてもだれが持って行ったかすぐにわかるように外熨斗、配送で送る場合は包装紙の下に巻いてもらう内熨斗にします。

これは直接渡す場合は風呂敷などに包んで持っていくので熨斗が破れる心配はありません。

ですが、配送だと熨斗が破れてしまう事もあるので内熨斗にするのです。これだと安心ですよね?

渡し方

レギンスとスキニー、スパッツの違いをチェックしました

飲み会などで渡す場合は必ず幹事に渡すようにします。

寸志の場合の渡し方

また、タタイミングは飲み会が始まる前にそっと渡すのが良いでしょう。

皆の前で堂々と渡してしまうと、せっかくの「寸志」というへりくだった意味がなくなり、わざとらしくなってしまいます。

また、幹事の方は寸志を頂くとみんなに報告しなければなりません。

MEMO
飲み会の最中に渡してしまうと報告するタイミングも難しくなるので、先に渡しておき、最初に報告してもらうと飲み会の流れの邪魔をすることなくスマートに済むでしょう。

志の場合

まず、僧侶に渡すお布施の場合、法要が始まる前か挨拶が終わった後に渡します。

切手盆と言われるお盆にのせるか、袱紗に包んで渡すようにしましょう。

まとめ

寸志と志の違いは分かったでしょうか?

寸志はとにかく目上の人から目下の人に対しての言葉だという事はしっかり覚えておくべきだと思いました。

また、志に関しては広い意味を持ち、オールマイティーに使う事ができる反面、時と場合によっては御礼と書いた方が無難であるなど使うときには注意が必要であることもわかりました。

冠婚葬祭のマナーは人生には必ず必要なものになってきます。

これから必要になった時に困らないように覚えておくと損はありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください