あなたのジーンズ正しい洗い方してますか?洗濯方法とは?

ジーンズの正しい洗い方を紹介します。

「ジーンズは洗っちゃダメ」って聞いたことありませんか?

部屋に大切に置いておいたダメージジーンズを洗われて繕われたという笑い話は有名ですね。

でも、汗を吸ったジーンズ、洗いたいけど本当に洗っちゃダメなんでしょうか?

どっちが正しいと思いますか?

洗う?洗わない?どっちが正しい?

結論から言うと、洗った方が良いようです。

ジーンズの正しい洗い方を紹介します。

ジーンズは作業着として使用される丈夫な生地ではありますが、洗わなければ汗や皮脂などの汚れで生地が劣化してしまいます。

夏場は特に汗の臭いも気になり、そのまま放置していては不衛生です。

汚れたジーンズでは肌荒れ、かぶれも心配ですね。

きちんと正しく洗えば繊維の伸びも戻り、ジーンズを長持ちさせることも可能となるのです。

自宅でできる正しい洗濯方法

ジーンズの正しい洗い方を紹介します。

さて、皆さんはジーンズに何を求めていますか?

買った時と同じような色、風合いをそのままに、長持ちさせることを望みますか?

それとも、適度に色落ちさせてお気に入りのジーンズを育てたいですか?

ジーンズは、普通に履いているだけで色落ちしてしまいます。

洗濯しなくても、日常生活をするだけで膝やお尻の色落ちを実感した方も多いと思います。

完全な色落ちは防げなくても、色落ちしにくい洗い方、破けにくく長持ちさせる洗い方がありますのでご紹介します。

 

ジーンズを長持ちさせる正しい洗い方

ジーンズの正しい洗い方
1.洗濯表示を確認し、家庭で洗える物か確認する
2.ジーンズを裏返して洗濯機に入れる
3.中性洗剤を使用する
4.時短モードで洗う
5.乾燥機は使わない
6.干し方

1.洗濯表示を確認し、家庭で洗える物か確認する

ジーンズの正しい洗い方を紹介します。

特殊な加工がしてある場合、家庭では洗うのは危険です。

型崩れ、装飾品の破損、色落ち等が懸念されます。

日本ではあまり知られていませんが、海外ではジーンズは当たり前のようにクリーニングに出すそうです。

ご家庭で洗濯できないジーンズはクリーニング店、または専門店で洗濯ができますのでお近くのお店にお問い合わせしてみてくださいね。

2.ジーンズを裏返して洗濯機に入れる

ジーンズの正しい洗い方を紹介します。

穴があいているダメージジーンズやスキニータイプのジーンズの場合、3~4つ折にして洗濯ネットに入れてください。

ダメージ加工されていないジーンズやスタッズ・スパンコール、刺繍などの装飾品がついているジーンズは裏返して洗濯すれば大丈夫です。

3.中性洗剤を使用する

ジーンズのタグに洗濯表示、注意書きがありますので、そちらを参考に洗剤を選択してください。

金属製のスタッズなどがついたものには漂白剤入りの洗剤は使えないので、タグをよく確認してください。

カラーデニムなどは、蛍光増白剤入りの洗剤だと、本来の色味が失われ変色してしまう場合がありますので要注意です。

4.時短モードで洗う

生地の摩擦を最小限にするために、短時間(5~10分の時短モード)での洗濯をおすすめします。

洗濯によりインディゴ染料が剥がれ、色落ち・色移りしますので他の衣料と一緒に洗濯するのは避けてくださいね。

5.乾燥機は使わない

大幅な縮みや型崩れなどの恐れがあるので乾燥機は使わず自然乾燥をおすすめします。

6.干し方

干す前に、縦横にシワを伸ばし、型崩れしないように形を整え、ハンガーに筒状に干します

干す場所は、日焼けで変色しないように、風通りの良い日陰が良いでしょう。

パンツ用のランドリーハンガーを使用するのもおすすめです。

しっかり乾燥したことを確認してから取り込んでくださいね。

色落ちしにくい洗い方

ジーンズはお湯を使用すると色が落ちやすくなってしまうので必ず水を使ってください。

基本的にジーンズは水洗いでいいのですが、汗や皮脂を落とすためには洗剤を使いましょう。

*水洗いの仕方

ジーンズの正しい洗い方を紹介します。

桶(タライ)に水を張り、裏返したジーンズを入れ押し洗いします。

両手で桶の底にやさしく押し付けて持ち上げます。

これを5~10分繰り返します。

洗い終わったら軽く絞って、(1.6)の干し方と同様に干します。

*洗剤を使う場合

ジーンズの正しい洗い方を紹介します。

1.5リットルに10cc中性洗剤(またはジーンズ専用洗剤)を入れます。
水の量に対して0.2%になるように洗剤を入れてください。

2.水溶液の中にジーンズを10分ほどつけおきし、ジーンズ全体に浸透させます。

3.ゴシゴシこすらず優しく押し洗いします。

4.2、3回水を取り替えて、押しても泡が出なくなるくらいすすぎましょう

5.洗濯槽に添わせるようにして1分間脱水します。この方法だと皺くちゃにならず脱水することができます。

6.干し方は上記と同様です。

注意
ジーンズ洗濯の注意点ですが、洗濯・脱水したらすぐに干してください。洗濯機の中に長時間放置すると、色が落ちやすくなるばかりか部分的に白くなり、斑になってしまう場合があります。

正しいジーンズのお手入れ方法

ジーンズの正しい洗い方を紹介します。

洗うまでもないけど臭いだけでもとりたい、という場合には市販のスプレーなどで消臭することができます。

ジーンズ専用のスプレーもあるようなので、まだ洗濯したくないな、という時に簡単にお手入れができます。

スプレー後は形を整えしっかり乾燥してから収納しましょう。

まとめ

色落ちをなるべくさせずに履きたい人、むしろ色落ちをさせて自分でジーンズを育てる人、ジーンズの楽しみ方は人それぞれ。

でも、大切なジーンズを長持ちさせたいのは誰でも同じですよね。

正しい洗濯の仕方で、ジーンズを洗い、清潔に気持ちよくジーンズを楽しみましょう。

お気に入りのジーンズを長く大切に履けるといいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください