歯の黄ばみを落とす方法は?着色させない予防対策も!

歯の黄ばみを治す方法

笑った時に見える歯が白いと、その笑顔も輝いて見えます。

逆に、歯が黄ばんでいると、ちょっとがっかりすることも。

顔の印象を左右する歯の黄ばみを落とす方法を調べてみました。

歯の表面についた黄ばみを落とす方法

歯の黄ばみや着色には、色々な原因と種類があります。

まずは、色の濃い食べ物やタバコなどが原因でついてしまった、「歯の表面についた黄ばみ」を落とす方法を見てみましょう。

ホワイトニング歯磨き粉で磨く

一番手軽なのは、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使って磨くことです。

歯磨き粉には様々な種類があり、それぞれあらゆる効果に特化しています。

ホワイトニング効果がある歯磨き粉は、歯の表面の着色をしっかり削れる研磨剤が含まれていたり、汚れを分解しやすくする成分が入っています。

ただし、その研磨剤が歯の表面に傷をつけ、かえって歯の着色をすすめてしまう原因にもなりかねません。

歯の着色や黄ばみが気になるからといって、ホワイトニング効果のある歯磨き粉でごしごしと強く磨くことはやめましょう。

また、一緒に使う歯ブラシも、毛が細く柔らかい歯ブラシを使うと、歯を傷つけることを防いでくれます。

日ごろのケアとして、ホワイトニング効果のある歯磨き粉は効果的です。

まだ、歯の着色や黄ばみが表面についたばかりで、中まで浸透していない状態であれば、このような歯磨き粉でケアするようにしましょう。

歯の消しゴムを使う

出典:楽天市場

歯の着色や黄ばみを取り除くための、「歯の消しゴム」があります。

形も、えんぴつくらいの細さや、先の尖った物など様々あるので、歯の表面の、気になる部分にだけ使うこともできます。

使い方も、白くしたい部分をこするだけなのでとても簡単です。

ただし、この歯の消しゴムは、歯磨き粉に含まれる研磨剤を固めたようなものです。

したがって、ホワイトニング効果のある歯磨き粉以上に、歯の表面を削る効果が強いのです。

歯の着色や黄ばみが気になるからといって、こすりすぎると、歯の表面の汚れだけでなく、歯そのものまで削れてしまうので気を付けましょう。

歯科医院でクリーニングをしてもらう

歯の黄ばみ

どうしても落ちない歯の着色や黄ばみがある時は、歯科医院でクリーニングしてもらいましょう。

歯科医院では、通常の歯磨きで落とすことのできない歯のよごれを落とす「PMTC」という処置があります。

歯科衛生士さんなどのプロが、専用の機械を使って、歯をクリーニングしてくれる処置のことです。

主に、ジェットエアという機械で、とても小さな研磨剤を歯に吹き付けながら汚れを落としたり、強力な水の力で吹き飛ばすなどしてクリーニングしてもらえます。

歯の表面についた汚れだけでなく、歯と歯の間にこびりついた歯石なども落としてもらえるので、処置の後は歯がつるつるになり、とても気持ち良いですよ。

歯の内部まで蓄積された黄ばみや着色を落とす方法

次に、歯の表面だけでなく、内部まで蓄積されてしまった黄ばみや着色を落とす方法を見てみましょう。

歯の内部まで蓄積された黄ばみの原因には、食べ物やタバコの他に、加齢による象牙質の変色もあります。

そのような黄ばみや着色は、歯磨き粉でも歯科医院のクリーニングでも落ちないのです。

オフィスホワイトニング

歯の汚れ

「オフィスホワイトニング」とは、歯科医院で行うホワイトニングのことです。

クリーニング(PMTC)との違いは、クリーニングが歯の表面の汚れを落とすのに対し、オフィスホワイトニングは、歯そのものを漂白するというものがあります。

処置は、しっかりと問診や口腔内検査をしてもらった後で行われます。

虫歯があったり、歯周病があると、ホワイトニングできない場合もあります。

それだけ、強い薬品を使うためです。

歯の内部まで漂白する薬品はとても強く、人によっては、処置後痛みを感じることもあります。

そういったデメリットも含め、しっかり歯科医師と相談して行うようにしましょう。

一方、歯科医師の管理のもとで行われるオフィスホワイトニングは、短時間ではっきりとした効果が出るというメリットがあります。

早く、確実に歯を白くしたい方におすすめの方法です。

ホームホワイトニング

「ホームホワイトニング」とは、歯科医師の管理のもと、自宅でも処置を行うホワイトニングのことです。

オフィスホワイトニングが、歯科医院で強い薬品を使って短時間に処置を行うのに対し、ホームホワイトニングでは、歯科医院で作ってもらったマウスピースと、専用の薬品を使い、自宅で長期にわたり処置を行うという違いがあります。

処置は、まず、歯科医院で専用のマウスピースを作ってもらうところから始まります。

そして、自分の歯の状態に合わせた薬品を処方してもらい、自宅で自分で処置するのです。

具体的には、マウスピースに薬品を入れ、それを歯にはめて2時間ほど放置

これを数週間から、長いと数か月続けることで、徐々に白くすることができます。

強い薬品に抵抗がある方や、自宅でこつこつとケアできる方におすすめの方法です。

歯の着色、黄ばみを落とす方法 まとめ

歯の着色や黄ばみには、その原因が歯の表面にあるか、内部にあるかで、落とす方法が違うことが分かりました。

歯の表面についた汚れが原因となる着色や黄ばみには、ホワイトニング効果のある歯磨き粉や、歯の消しゴム、また、歯科医院でのクリーニングが効果的です。

 

一方で、歯の内部の黄ばみが原因の場合は、歯科医院で行われるオフィスホワイトニングや、自宅で処置をするホームホワイトニングが効果的です。

自分の歯の着色や黄ばみが、どのような原因によるものなのかしっかりと見極め、効果的な方法で、白く輝く歯を手に入れたいですね。

9877;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください