寝あせをかく原因は?対処法と理由まとめ

寝あせの原因

夜も暑く、寝苦しい夜が続いています。

そうなると困るのが寝汗ですよね。

パジャマもシーツもびっしょり、なんてお困りの方も多いのではないでしょうか。

そんな寝汗のことについて調べてみました。

寝汗をかく原因

そもそも、なぜ、寝汗をかくのでしょうか。

その原因には実に様々なものがあるのです。

自然な生理現象

まず一つ目の原因は、「自然な生理現象」です。

人は、健康な人でも、普段から寝汗をかきます。

その量はおよそ、コップ1杯分。

ですから、寝汗そのものを過度に心配する必要はないのです。

ただ、着替えなければならないほどの大量の寝汗や、不快に感じて眠れないほど寝汗をかく場合には、何か原因がある場合があります。

ストレス

寝汗の原因と防ぐ方法

ストレスが原因となる寝汗があります。

人は誰しも多少ストレスを感じていると思いますが、それが過度なものになると問題です。

過度なストレスは、自律神経の乱れを引き起こします。

自律神経は、体温調整も担っているため、それが乱れると寝ている間の体温が上手く調節されず、大量の寝汗の原因になります。

また、不安や緊張などによるストレスが原因となる「精神性発汗」が、寝汗となる場合もあります。

一番の解決法は、ストレスの原因を取り除くことです。

しかし、ストレスの原因が分からない場合もありますよね。

そのような場合には、寝る1時間前に、ぬるめのお風呂に浸かるのがおすすめです。

お風呂に浸かることで、自律神経を整える効果が期待できます。

お酒の飲みすぎ

寝汗の原因と防ぐ方法

お酒の飲みすぎも、大量の寝汗の原因になります。

アルコールを摂取すると、体内に「アセトアルデヒド」という有害物質が発生します。

身体は、これを汗や尿として体外に排出しようとするのです。

ですから、寝る前にお酒を飲むのは控えた方がいいでしょう。

お酒を飲むなら、だいたい、寝る3時間前までなら大丈夫です。

また、あまり深酒しないことも大切です。

お酒は適量を心がけましょう。

老化によるホルモンバランスの乱れ

寝汗の原因と防ぐ方法

ホルモンバランスは年齢によって変わってきます。

その最たるものが「更年期障害」と呼ばれるものです。

「更年期障害」は、女性だけでなく男性にもおこるもので、さまざまな症状があらわれます。

そのうちの一つが「発汗」です。

昼間起きている間に、異常に汗をかくという人もいますが、中には寝ている間に大量の寝汗をかく人もいます。

自身の年齢や、寝汗以外にもイライラや情緒不安定を感じる場合は、更年期障害を疑ってみましょう。

ホルモンバランスを整えるためには、規則正しい生活が大切です。

また、朝には太陽の光を浴びることも効果的と言われています。

病気が原因の寝汗

様々な原因を見てきましたが、病気が原因となる寝汗もあるので、注意が必要です。

何日もひどい寝汗が続く、身体の半分だけ寝汗をかくなど、おかしいなと思ったら、迷わず病院を受診しましょう。

ひどい寝汗から考えられる病気には、自律神経失調症や、肝機能障害、バセドウ病など様々なものがあります。

寝汗を防ぐための対処法

できればかきたくない寝汗。

それを防ぐためにはどのような対処法があるのでしょうか。

寝室の環境を工夫する

寝汗の原因と防ぐ方法

寝室の環境を工夫することも、寝汗を防ぐためには大切です。

寝ている間はエアコンを切る人もいるかと思いますが、熱帯夜の場合には危険です。

エアコンの風が苦手な場合は、風向きを変えるなどして、寝ている身体に当たらないように工夫し、できるだけ快適な温度が保たれるようにしましょう。

また、ストレスを感じずに眠れるように、明かりは落とすようにしましょう。

どうしても明かりが必要な場合は、足元だけを照らすなど、横になった時に、直接明かりが目に届かないようにしましょう。

パジャマを変える

寝汗の原因と防ぐ方法

寝ている時の服装も大切です。

吸湿性の良い生地のものを着ることで、ある程度の寝汗は吸収され蒸発します。

冬、寒いからと言って、もこもこのパジャマを着ると、寝汗が吸収されず、蒸れて、かえって身体を冷やすこともあります

どの季節でも、寝るときには、綿やシルクのパジャマを着るようにしましょう。

寝具を変える

寝汗の原因と防ぐ方法

今は、様々な機能付き寝具があります。

夏には、ひんやりした肌触りのシーツや枕カバーなどを使うのも、寝汗を防ぐためには効果があります。

また、自分に合った枕を使うことも大切です。

寝苦しさがストレスとなって、寝汗の原因になることもあるからです。

シーツの下に敷くベッドパットにも、湿気を吸い取る機能のものがあります。

それを敷くと、寝汗を良く吸い取り、シーツが常にからっとするので、快適に寝ることができますよ。

寝る前に水を飲む

寝汗の原因と防ぐ方法

寝る前にコップ1杯の水を飲むことも大切です。

寝汗を控えようと、寝る前の水分を控える方もいるかと思いますが、それは逆効果です。

水分を極端に控えると、寝ている間にベタベタとした汗をかきます。

ベタベタした汗は蒸発しにくく、肌にまとわりつくので、さらに寝苦しくなります。

寝る前にコップ1杯の水を飲むと、汗もさらっとしたものになり、蒸発しやすくなるので、快適に眠ることができますよ。

自律神経を整える

寝汗の原因と防ぐ方法

普段からストレスを感じていたり、ホルモンバランスの不調を感じている場合は、自律神経を整える工夫をするといいでしょう。

自律神経を整えるには、リラックスすることが大切です。

自分がリラックスできる方法を見つけたり、気分転換程度に運動したりしましょう。

また、太陽の光を浴びることも大切です

太陽の光を浴びると、「セロトニン」が生成されます。

この「セロトニン」は精神を安定させる効果があります。

生活リズムを整える意味でも、朝起きたら太陽の光を浴び、しっかりとごはんを食べ、適度に運動しましょう。

 

そして、寝る1時間前までに、ゆっくりとお風呂に入って、身体を休ませる準備をしましょう。

寝汗をかく原因と対処法 まとめ

寝汗は、健康な人でもコップ1杯程度かくことがわかりました。

しかし、異常な量の寝汗には、ストレスやホルモンバランスの乱れの他、病気が原因となる場合もあります。

自分の寝汗の原因が何なのかを見極め、それに応じた対処で寝汗を防ぐようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください