神無月は何月のこと?出雲大社との関係は?意味と由来も!

神無月の説明をします

睦月、如月、弥生…旧暦の呼び方ですね。

日本の暦なんですから、全国共通って思っていませんか?

実は、神無月(かんなづき、かみなしづき)だけはある地方では神在月(かみありづき)って言うんですって。

その理由、ご存知ですか?

神無月って何月なの?

神無月が何月かというと、旧暦の10月のことです。

神無月というのはなぜでしょう?

諸説があるのですが、

  • 6月水無月の「水の月」と同じで「無という文字を【の】」に置き換えて神無月も「神の月」と言われるもの。
  • 10月に日本の八百万の神々が島根県の出雲大社に集まり会議を開くから。
  • 雷無月(かみなづき)の意味。
  • 醸成月(かみなしづき)という新酒をつくる月。
  • 刈稲月(かりねづき)の意味。
  • 1年を2つに分ける考え方から水無月に対して上(かみ)のみなづきという意味からかみなづきの意味。

などなど、由来・語源には諸説があります。

出雲大社と関係は何?

神無月の説明をします

上の諸説の中でも一番有名なのが、八百万の神々が出雲大社に出かけてしまうから神が無い月「神無月」という説ですね。

日本国中の神様が出雲に集まるという話は、平安時代末期に藤原清輔が書いた「奥義抄」という歌学書から始まります。

ここでは、10月は神々が出雲に集まるために、国元に神はないと書いてあります。

藤原範兼の「和歌童蒙抄」にも同様に10月は万の神々が出雲に行く故に神無月、と書いてあります。

室町以降には大衆の間にも神々は10月に出雲へ行く、という信仰が広まりました。

「神々のふるさと」と言われる出雲では、この信仰に合わせて10月には「神在月・神有月(かみありつき)」の神事が行われます。

なんで出雲大社に神様が集まるの?

日本神話と呼ばれる伝承からくる説が2つあります。

1つ目は、

 

大国主神はイザナミの死で途中になってしまった国造りを成し遂げました。

 

その後、天照大神(皇族)に国を譲ります。

 

皇族は現世の政治を治め、大国主神は、目には見えない神や霊魂の世界で神々を率いて神事を治めることになったのです。

 

そのため、10月になると神々が大国主神のいる出雲大社に集い、1年のことを相談する会議が行われるという伝承からです。

神無月

2つ目は、神々の母と呼ばれるイザナミが出雲で10月に亡くなったため、それを供養するために集まるという説もあります。

 

出雲大社では旧暦の10月10日に全国から集まる神々を迎える「神迎祭」の神事を国譲りが行われた稲佐の浜で行います。

 

旧暦10月11日から17日までは、神々が会議を行うという出雲大社で「神在祭」の神事を行います。

 

その間、神々は出雲大社境内にある十九社に宿泊し、上の宮で会議を行います。

 

旧暦10月18日は全国の神々が各地に帰るので出雲大社拝殿にて「神等去出祭」が行われます。

会議の内容は、来年の重要事項であったり、縁結びであったり、天候のことや農作物の収穫についてなど、多岐に渡ります。

旧暦と新暦は違うので、新暦にすると毎年ちょっとずつ日にちが変わりますから、旧暦10月10日は今年の何月何日か、確認が必要ですよ。

お出かけにはご注意くださいね。

2018年は、

神在祭【旧暦10月11・15日・17日】 

 

平成30年11月18日(日)・22日(木)・24日(土)

となっています。

⇒ 出雲観光ガイド

 

神無月に出雲大社以外に参拝しても神様はいらっしゃらない?

神無月の説明をします

さて、八百万の神様がみんな出雲に行ってしまった間、各地の神様は空っぽになってしまうのでしょうか。

心配ですよね。

でも大丈夫。ちゃんと留守を預かる神様が残ってくれています。

留守を預かる神様
・代表的なのが漁業・商業・農業を司る恵比寿神。
・農業や家畜、家族を守る竈神。
・商業・農業の神、大黒神。
・漁業・航海・農業殖産の神、金比羅神。
・子孫繁栄や交通安全などを司る村の守り神、道祖神。
これらの神様を祀るために、10月にはえびす講が行われる地方もあります。

1年に一度、出雲にお出かけする神様たちですが、きちんとお留守番を配置して、地元もきちんと守ってくれているのです。

何月に御参りに行っても安心ということですね。

まとめ

神無月は何月か?答えは旧暦の10月でした。

こうして調べてみると、日本は神の国だったんだなー、と改めて感じますね。

何月であっても神無月であってもきちんと留守居神が地方にもいてくれるし、神様たちはきちんと我々民衆を守ってくれているのですね。

そうそう、体が大きすぎて出雲大社に入れないから諏訪明神は10月に出雲に行かなくてもいい、とか、地震の原因となる地中に棲む大鯰を押さえつける要石を鎮護する鹿島神宮の祭神が出雲に出かけてしまったために大地震が起きた、などの伝承もあり、調べれば調べるほど面白い伝承が出てきます。

旧暦の10月、出雲大社では神在月の神事が荘厳に行われます。

八百万の神々が一堂に会する神在月の出雲大社。

その時期に出雲を訪れて、神々の神気に触れてみると、心身ともに洗われるかもしれませんね。

神在力は何月でしょう神在月は何月?出雲大社でのマナーと内容とは?

地元でえびす講も楽しそう。

神無月・神在月はどこにいても楽しめそうですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください