唾液を増やす方法とは?口臭改善や美肌をめざす!

唾液を増やす方法を紹介します

日頃あまり意識することのない唾液。

どちらかというとあまりキレイなイメージはないですよね。

だけど実は、健康はもちろん美容にもとっても大切なはたらきをしてくれるのです!

今回はそんな唾液を増やす方法や唾液についてご紹介します。

唾液を増やす方法

唾液を増やす方法を紹介します

まずは、唾液を増やす方法を紹介します。

ストレスを発散し、リラックスする時間を増やしてサラサラの唾液を分泌する。

そのために物理的にできることは以下の通りです!

1日1.2リットルの水を飲む

唾液を増やす方法を紹介します

唾液の材料は水!体内が水分不足だと唾液を作りたくても作れません。

一気にではなく、コップ一杯ずつこまめに飲むのが効果的です。

特に、体が水分不足になる起床後や食事の後は必ずとるようにしましょう。

「水」と書きましたが、ノンカフェインの麦茶やほうじ茶でもOKです!

ただし、緑茶やコーヒーなどカフェインが含まれているものは利尿作用がありますので避けましょう。

口をしっかり動かして唾液腺を刺激する

唾液を増やす方法を紹介します

ひと口ごとに30回噛んで食べなさい、と子供の頃に言われたことはありませんか?

あれはしっかり口を動かして唾液腺を刺激することで、唾液が分泌され消化を助けてくれるからです。

また、口を大きく動かす、舌の運動をする、キシリトールガムを噛むなども同様に、唾液の分泌を増やしてくれます。

甘いガムは喉の渇きを招きますので、砂糖不使用のものを選んでください。

口呼吸の改善

口で呼吸している方は、鼻で呼吸するように気を付けてみてください。

慣れるまでは息苦しくて大変なんですよね。

だけど、口呼吸は病気の元にもなりますので、治ったら一石三鳥!くらいの気持ちで唇を固く結びましょう。

梅干しやレモンなど酸味のあるものを食べる

唾液を増やす方法を紹介します

梅干しって文字を見ただけで唾液が出てくる感じがしますね^ ^

酢の物など酸味のある食べ物は、唾液の分泌を促してくれます。

玉ねぎに多く含まれる「ケルニチン」というポリフェノールは唾液分泌作用がありますので、マリネなどもおススメです!

喫煙やアルコールを控える

どちらも「唾液のためにやめる!」と決断するのは難しいですよね^^;

けれど、少しずつでも減らしていけると唾液の分泌増加に繋がります。

唾液腺をマッサージする

内側からの刺激に加え、外からも唾液腺を刺激します。

とはいえグリグリする必要はありません。優しくおこなってください。

唾液腺は三箇所

・耳下腺
耳たぶのやや前の方。人差し指で円を描くようにマッサージします。

・舌下腺
あご先の内側。両親指で優しく押し上げます。

・顎下腺
あごの内側の柔らかい部分。顔の輪郭の内側にあたりますが、耳の下からあご先にかけて軽く押しながら動かします。

それでも改善されない方は、病気や、飲んでる薬の副作用が原因で唾液が減ることもありますので、お医者さんに相談してみてください。

 

唾液のはたらきとは?どんな働きがあるの?

それでは、唾液について、唾液のすごさを紹介しますね!

飲食時のサポート

  • 食べ物を飲み込ませやすくする。
  • 消化・吸収をスムーズにする。
  • 味を感じやすくする。
  • 食事により酸性になった口の中をアルカリ性に戻す。

この辺は、うん、唾液!って感じですね。

胃腸の健康も美容に関わると言えますが、スゴイのはまだまだこれからです。

 

口臭予防

・殺菌作用があり、口の中の細菌のはたらきを抑制する。

これが口臭予防には重要になってきます。

大きな声では言えませんが、寝起きの口臭ってひどいですよね。

睡眠中は、汗をかく上に水分補給ができず、唾液の分泌が低下します。

それで、口の中の悪玉菌が増殖し、あの臭いになるのです。

また、口臭の原因になる歯周病や虫歯の原因になる菌も唾液は洗い流してくれます。

そして、気になるのがコチラ!

お肌のアンチエイジング

唾液を増やす方法を紹介します

・成長ホルモンを含み、体を若々しく保つ。

唾液の中には成長ホルモン「パロチン」が含まれており、肌の新陳代謝を活発にしたり、シミやシワを防ぐ効果があるんです!!

また、EGFという上皮成長因子も含み、体の内側から細胞の成長をサポートしてくれます。

そのほか、脳の活性化やアレルギーの予防、ストレス緩和と嬉しい効果が盛りだくさんです。

唾液ってありがたいものなんですね?。

 

唾液分泌量の低下と原因

そんな多機能な唾液、たくさん出て欲しいところですが、最近ドライマウスの方が増えています。

唾液の分泌量が低下し、口の中が乾燥してしまうのです。

せっかく備わっているのにもったいない!と思い、その原因を調べてみました。

唾液が減る原因とは!?

唾液を増やす方法を紹介します

まずはストレス。

 

そして、加齢・女性ホルモンの低下・更年期障害・口呼吸です。

 

喫煙やアルコール、食べ物をよく噛まずに飲み込むなどの生活習慣も、唾液分泌量の低下の原因です。

さらに、唾液にもふたつの種類があるようです。

 

サラサラ唾液とベトベト唾液

上に挙げた効果のある唾液は、リラックスしているときに分泌されるサラサラの唾液

逆に緊張したりストレスが溜まっているときに分泌されるのはベトベトの唾液なんだそうです。

思い返すと確かに、緊張してるときは変に口の中が乾いたりしていますよね。

しっかり恩恵にあやかるためには、サラサラ唾液の分泌を増やすことが大切なのです!

 

まとめ

唾液について紹介しましたが、いかがでしょうか?

どれもすごくお金や手間がかかる!というものではなかったですね。

荒れたお肌も口臭も、キレイには大敵です。

更に素敵な毎日が送れるよう毎日のちょっとした心がけ、ぜひ試してみてください♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください