七五三の初穂料の金額相場について!のし袋の書き方や入れ方は?

七五三の金額相場を調べてみました

わが子の大切な七五三。

七五三って、準備するものや予約する事が沢山あって大変ですよね?

その中でも、忘れてはいけない物が神社にご祈祷をして頂いた際に渡す初穂料です。

慣れないとのし袋などの書き方なども困りますが、一番困るのは初穂料の金額ではないでしょうか?

よく「お気持ちで・・・」と聞きますが、それは一体どれくらいの金額なのか?

相場の金額がわからないと、とても困りますよね?

そんな時の為に七五三での初穂料の金額の相場を調べてみました!

七五三の初穂料の相場は?

七五三の金額相場を調べてみました

初穂料、または玉串料という言い方をするところもありますが、一般的なのは初穂料という呼び方です。

初穂料とは神社でご祈祷をして頂いた際に神社に渡すお金の事で、のし袋に入れてお渡しします。

初穂料の相場はだいたい5,000~1,0000円が相場です。

 

お祓いだけの場合は5,000円、お祓いの後にお守りやお札を分けていいただく場合は1,0000円を目安に考えておくとよいでしょう。

神社によっては初穂料の金額を明記してくれている所や、お祓いの内容によって金額が変わる所もあります。

もし明記されていない場合でも、電話で問い合わせをすれば相場を教えていただけることが多いです。

もし、「お気持ちなので」と言われた場合は、お祓いの内容を確認しておいてください。

七五三のご祈祷を受けるお子さまが複数いる場合は、1人分の初穂料×お子さまの人数を包むのが一般的です。

神社によっては二人目からは割引がある所もありますので、事前に確認しておくと間違いがありませんね。

 

のし袋の書き方

七五三の金額相場を調べてみました

金額が決まればのし袋を用意します。

のし袋と言っても沢山の種類がありますよね?

七五三の初穂料には紅白の水引が蝶結びになっていて、中袋があるものを用意しましょう。

描くものは万年筆か筆、もしくは筆ペンを用意してください。

表書き

のし袋は中央部に水引が結ばれていて、上下で書くものが違います。

水引より上側の中央に「御初穂料」と書きます。

他には御初穂や、初穂料、玉串料と書く場合もありますが、御初穂料が一般的です。

次に下半分の中央にお参りするお子さまのフルネームを書きましょう。

ここでやりがちなのが、親の名前を書いてしまう事なのですが、間違えずにご祈祷を受けるお子さまの名前を書きましょう。

七五三のご祈祷を受けるお子さまが複数いる場合は連名とし、一番初めのお子さまにのみフルネームを書き、その後のお子さまは名のみを左側に書いていくようにします。

中袋

のし袋の中にはお金を入れるための白い封筒が入っています。

その表側の中央に納める金額を「金 ○○円」と書きます。

数字の書き方ですが、いつも書いている数字ではなく、壱・弐・参などの大字と言われる漢字を使います。

例えば1万円→壱萬円と書くようにしましょう。

五千円については伍阡円でもどちらを書いても正解ですが、大事は中々使う機会がない漢字です。

せっかくなのでこの機会に大字を使ってみてはいかがでしょうか?

裏の左下部分には住所と世帯主の名前を書くようにしましょう。

この時の住所の数字はいつも使う漢数字を使いましょう。

ご祝儀袋に入れるお札の向きと中袋の正しい書き方は?

お金の入れ方

お金は人物が印刷されている方が表側となります。

そのため、お金に印刷されている人物が表を向いている方向で封筒に入れます。

表を自分の方向に向けてお金を取り出すときに、書かれている人物の顔が見えるように入れると正解です。

お金は新札を用意する方が、より理想的です。

 

 

もちろん新札でなくても、よほどのしわや破れが無ければ大丈夫なのですが、ご祈祷に対する感謝の気持ちでもあるので新札で用意すると気持ちがいいですよ!

また、お金を入れた後に内袋の糊付けはしなくても問題ありません。

のし袋の外側の部分を上包みと言います。

上包みに内袋を入れたら、先に上の折を倒し、後から下の折を上の折に重ねるようにします。

反対にしてしまうと不祝儀となってしまい、お葬式で渡すのし袋の折り方になってしまうので要注意です!

 

初穂料を渡すタイミング

七五三の金額相場を調べてみました

初穂料はご祈祷をしていただく前に神社の社務所などで先にお渡しします。

ご祈祷を受けるための申込用紙を書くように言われますので、その申込用紙を記入し、渡す際に一緒に初穂料を渡すとスマートです。

 

まとめ

初穂料は金額の相場や、お金の入れ方、のし袋の書き方まで普段の日常生活ではあまり気にすることがない決まり事が沢山ありますよね?

前日や当日に慌てて用意をしていては、どこかが間違っていたり、お金を入れ忘れてしまったなんて間違いを起こしてしまったりする可能性が出てきてしまいます。

特にのし袋を書く時の筆ペンなどは使った事はあまりなく、のし袋を書く時だけ使うという方も多いのではないでしょうか?

のし袋は修正のきかない一発勝負です。

書き損じの事も考えて早めの準備をお勧めしますよ!

準備を完璧にして一生の思い出を作ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください