3月の行事とイベント何がある?お祭りも!

3月の行事とイベントを紹介します

3月は寒い冬が終わり、暖かな日差しが気持ちのいい季節ですよね。

新しい季節の始まりでもあるのでイベントや行事も楽しみですね!

イベントや行事を何があるかご存知の方もそうでない方も、今一度おさらいしてみてください。

知らなかった行事やイベントが見つかるかもしれません。

是非、しっかりチェックをして気になる3月の行事に参加をしてみてください!

ひな祭り

3月の行事とイベントを紹介します

昔のひな祭りはひな人形に穢れをうつし、川に流す「流し雛」をする行事でしたが、江戸時代ごろから人形を作る技術が発達し、現代の飾るひな人形に変わったといわれています。

では、なぜひな人形を飾るかはご存知でしょうか?

実はひな人形は女の子の厄災を引き受ける身代わりにするための物でした。

ですから、女の子の穢れを人形に移し厄払いをするという事で3月3日の当日に飾るのではなく、遅くとも2月の中旬くらいに飾っておくべきだと言われています。

あまりに飾る期間が短いと穢れが映りきらないかもしれないですものね?

ひな祭りにはひな人形の他にも「桃の花」「白酒」「菱餅」を飾るのが代表的です。

桃の花

3月の行事とイベントを紹介します

桃は昔から魔除けとして使われており、女の子の穢れを祓うために飾られます。

ひな祭りの別名、桃の節句と言われる所以ですよね。

白酒

3月の行事とイベントを紹介します

昔はお酒に桃の花を浮かべた桃酒が飲まれていましたが、室町時代より桃酒が白酒に変わるようになりました。

これも酒の中に邪気を祓う桃を浮かべ、それを飲むことで邪気が払われると言われていました。

菱餅(ひしもち)

 

ひな祭りに飾るお餅、菱餅は実は江戸時代以前はヨモギを混ぜたのみの草餅でした。

その後、江戸時代に入り白い餅に子孫繁栄や長寿になる実と言われる菱の実を入れ2色になりました。

それから明治時代に入り、解毒作用のあるクチナシを入れて桃色にし、3色の餅が出来上がりました。

緑は厄除け・健康。

白は子孫繁栄・長寿。

桃色は魔除け。

菱餅を見るだけでも女の子の幸せを願っているのがよく分かりますよね?

ホワイトデー

3月の行事とイベントを紹介します

日本ではバレンタインのアンサーデーとして作られたホワイトデーですが、欧米ではそういった習慣がないのはご存知でしたか?

ホワイトデーの発症は日本の老舗和菓子屋さんだと言われています。

チョコを包んだマシュマロを女性からもらった気持ち(チョコ)を純白の愛(マシュマロ)で包んでお返しをするというロマンチックな物でした。

その後全国飴菓子工業協同組合がホワイトデーという言葉を作り、全国に広まりました。

現在はお返しのお菓子によって意味があり、マシュマロは「あなたが嫌い」飴は「あなたが好き」クッキーは「友達でいましょう」という意味になっています。

お返しをする時は相手によって意味を間違えないようにしましょう。

春分の日

3月の行事とイベントを紹介します

春分の日は国民の祝日に関する法律で制定された祝日の一つで「自然をたたえ、生物をいつくしむ」という事を趣旨としています。

春分の日は春の彼岸の中日にある事からお墓参りに行く方も多いのではないでしょうか?

その他にも春分の日はぼた餅を食べます。

このぼた餅は春に咲く牡丹の花に見立てて作られた和菓子で牡丹餅とも書かれ、地域によって沢山の種類があります。

この牡丹餅、実は秋分の日には萩の花に見立てておはぎと名前を変えられて食べられています。

季節によって見立てられるものが変わり、名前まで変わるなんて風流な習慣だと思いませんか?

牡丹餅はスーパーや和菓子屋さんで簡単に手に入るので、今年は春分の日の牡丹餅を楽しんでみてください!

お花見

3月の行事とイベントを紹介します

春の風物詩といえばお花見と答える方も多いのではないでしょうか?

3月下旬には早い所ではお花見がはじまっていますよね。

お花見といえば今は桜のイメージですが、昔は違っていたのはご存知ですか?

お花見の起源は奈良時代の貴族が春の花を見て詩を読む会を開いていたというのが起源です。

その時に鑑賞していた花が桜ではなく、中国から来たばかりの梅でした。

その後平安時代になってから梅よりも桜の人気が上がり、鑑賞されるようになりました。

また庶民の間にも桜を鑑賞する行事がありました。

庶民の生活に必要不可欠だった田んぼには神様がいて、その神様は冬には山に住み、春になると田んぼに降りてくるという考え方があったそうです。

そして桜の花が咲くと、神様が山から帰ってきてくれたことをお祝いするために桜の木の下で神様のおもてなしをしていました。

この貴族の花見と庶民の花見が融合したものが、今の花見の原型になったといわれています。

奈良・東大寺二月堂のお水取り

3月の行事とイベントを紹介します

お水取りは毎年3月1日から2週間にわたり奈良の東大寺で行われます。

仏の前で懺悔をし、世界の平和を願う行事です。

お水取りの見所は3月12日の夜に行われる儀式で、大きな籠松明がたかれ若狭井と言われる井戸から本尊に供えるお香水をくみ上げます。

大きな松明に火がたかれるので見ごたえがありますが、入場規制があるなど人気が高く、そう簡単には見る事ができないようです。

松明はお水取りの当日でなくとも毎晩ともされているのでそれだけでも幻想的で見る価値ありです!

是非見に行ってみてくださいね。

まとめ

3月の主な行事やイベントを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

暖かく、花の咲く季節だという事で華やかなイベントも多いですね。

普段は花見をしている方も、今年は昔の行事に思いを馳せながら風流なお花見をしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください