メイクブラシの洗い方や頻度は?上手な簡単お手入れ方法も!

メイクブラシの洗い方

朝はいつも忙しいし、メイク道具のお手入れにまで時間をかけてはいられませんよね。

でも、使用後のメイクブラシをそのままにしていたら化粧のノリも悪くなるし、皮膚にもなんだか悪そうな気がします。

メイクブラシの簡単な洗い方や、洗う頻度などを調べてみました。

メイクブラシ消耗しない洗う頻度とは?

メイクブラシの洗い方

メイクブラシには天然獣毛とナイロンやプラスチックという人工毛の2種類があります。

人工毛の場合には、1~2週間に1度の頻度で水洗いしても大丈夫ですが、天然獣毛の場合は、洗いすぎると表面の油分が無くなりゴワゴワしたり、天然の風合いが損なわれてしまう場合があります。

天然獣毛の場合、半年に1度くらいの頻度で大丈夫。

毛先がゴワゴワ、ベタベタし、束になってきたら洗う必要がありますが、かえって洗いすぎはNGです。

毎日のお手入れをしっかりすることで、洗う頻度を低くすることができます。

メイクブラシの洗い方

メイクブラシの洗い方

メイクブラシにはファンデーションやチークといった化粧品の他に、皮脂やホコリ等も付着します。

そのままにしておいたら化粧のノリも悪くなり、肌トラブルも起こってしまいます。

ご使用中のメイクブラシの素材に合わせて頻度を変えて、洗い方を選んでくださいね。

メイクブラシを洗う溶剤にはいくつか種類がありますので、やりやすい方法を選んで試してみてください。

1.石鹸

2.無水エタノール

3.パウダー

4.中性洗剤

1.石鹸

メイクブラシの素材には天然獣毛のものとポリエステルなどの人工毛があります。

獣毛は人の髪の毛と同様キューティクルで毛の外層部が守られています。

毛の油分を取り除きすぎてしまうとパサパサになり手触り肌触りが悪くなってしまいます。

できれば、油分を取らずに汚れだけを取れる高純度純石鹸がお勧めです。

洗い方は、とっても簡単。

メイクブラシの風合いを保ちながら汚れをきれいに落とせますよ。

1.石鹸とブラシを30~40℃くらいのぬるま湯で軽く濡らす

2.石鹸にブラシを軽く擦りつける

3.コップにぬるま湯を入れて、くるくるとかき回すように洗う

4.残った汚れは手で軽く揉んでから綺麗なぬるま湯で洗い流す

5.タオルで水気を取った後、日陰干しでブラシを完全に乾かす

乾かした後はブラシをコームで梳かして形を整えてください。

2.無水エタノール

数分で乾燥する無水エタノールは、日陰干しが難しい忙しい時などに便利です。

乾燥不足でカビが発生する心配もありません。

1.プラスチックコップやガラスボールなどに少量の無水エタノールを入れる。(入れる量はブラシが吸い上げる程度)

2.ブラシを浸して、軽く揺らすように汚れを落とす

3.ティッシュやタオルで汚れを落とす

4.綺麗なティッシュやタオルに交換して、残った無水エタノールを吸い切る。しっかりと強めにブラシを押しておくと、渇いた時に毛が広がりません。

無水エタノールは直ぐに乾くので、乾いたら直ぐに使用できます。

3.パウダー

パウダーでの洗い方とは、ベビーパウダー・フェイスパウダー・コーンスターチなどで汚れを落とすことです。

1.パウダーをビニール袋にいれ、汚れたブラシの毛先を粉になじませる

2.パウダーに汚れが移ったら、袋からブラシを取り出し、柄を軽く叩いてパウダーを落とす

3.汚れがパウダーに移らなくなるまで、パウダーを取り替えて繰り返す

4.汚れが落ちたらティッシュで軽く拭い、丁寧にコームをかけて毛先を整える

ちょっと根気がいる作業ですが、ブラシを傷めることなく汚れを落とすことができます。

パウダーが飛び散らないように、ビニールの袋はしっかりと抑えてブラシの汚れをパウダーに移してくださいね。

4.中性洗剤

専用のクリーナーや無水エタノールをわざわざ買うのはちょっと大変ですよね。

できれば家にあるものでなんとかしたい、そんな時には中性洗剤がお勧めです。

アルコール入りの中性洗剤は避けてください。

1.コップに中性洗剤をいれ、ぬるま湯で200倍に薄める

2.洗浄液にメイクブラシを入れ、振り洗いをする

3.洗浄液に汚れが付かなくなったらきれいな水ですすぐ。洗剤残りがないように指で優しく押して確認してください。

4.清潔なタオルやティッシュで水分を取り、形を整えたら風が通る場所に日陰干しをする

お肌のために、洗剤残りには十分にご注意くださいね。

洗う時の注意点

メイクブラシの洗い方

メイクブラシの洗い方で一番気をつけたいのは水分が残ることです。

水洗いしたブラシは、どうしても根元まで乾きにくく、雑菌の繁殖・金属とブラシの接着部分の劣化・毛の痛みの原因となってしまいます。

風通しの良い日陰で完全に乾かしてください。

簡単に早く乾かそうとしてドライヤーなどで乾かすのは厳禁です。熱で毛先が痛んでしまいます。

水で洗う時には、金属部分に水を当てない注意も必要です。

付け置き洗いもNGです。接着部分の劣化、柄の腐食などの原因となります。

洗剤や石鹸などが残らないように十分にすすぐことも大切です。

洗剤が残っていると、肌トラブルの原因になってしまいます。

強い力でゴシゴシと擦ったり引っ張る洗い方はNGです。

優しく丁寧に扱ってください。

天然獣毛は繊細なので、毛が痛むとチクチクしたり、メイクムラができる恐れがありますので、優しく扱ってくださいね。

メイクブラシの劣化を防ぐ簡単なお手入れ方法

メイクブラシの洗い方

毎日、使った後に簡単なお手入れをするだけで、メイクブラシの汚れを溜めることなく、ブラシの劣化を防ぐことができます。

使ったメイクブラシの中にはファンデーションや皮脂が付着します。

メイクブラシを使った後は、

1.手の甲でブラシを叩いて汚れを落とす

2.ティッシュで汚れを拭き取る。硬い毛質のブラシの場合は、渇いた食器洗い用スポンジを軽くなでると汚れが落ちます。

3.細か過ぎないコームで、ブラシを梳かす。根元から毛先にかけて優しく梳かします。いきなり強く梳かすと切れ毛の原因になりますよ。

4.ホコリや直射日光を避けて、立てて収納。他のブラシなどの圧迫で毛先に癖がつかないように気をつけてくださいね。

まとめ

メイクブラシの洗い方は、素材によって洗う頻度を変えた方が良いということと、洗ったら完全に乾かすことが重要ということがわかりました。

汚れたメイクブラシではメイクのノリは悪くなるし、肌トラブルは起こるしで、良いことはありません。

美しいメイクは美しく清潔な道具があってこそできるもの。

毎日のお手入れをしつつ、たまにスッキリと汚れを落として大切なメイクブラシを長持ちさせてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください