なおざりとおざなりの違いは何?意味が違うって本当?

なおざり おざなり

「なおざり」と「おざなり」。

似た言葉ですが、この2つの言葉の違いを知っていますか?

使い分けについても見てみましょう。

なおざりとおざなりの意味は?

なおざり

なおざりって?
なおざりは、おろそかにすること。

いいかげんにして放っておくことです。

なおざりは「等閑」という漢字を書きます。

閑に等しい、つまり、何もやらないのと同じということ。

諸説ありますが、語源は「猶在り」という言葉です。

何も手をつけずほったらかしにした結果、「なお(元の通り変わらず)存在する」。

つまり、事態が変化しない状態をあらわすわけです。

ほったらかしにして、必要なことをしない場合に使われます。

おざなり

おざなりって?
おざなりは、その場かぎりのまにあわせのこと。

いいかげんなようすです。

おざなりは、漢字で書けば「御座形(お座敷形)」。

呼ばれたお座敷(宴会の席)のお客に合わせて、その場しのぎに適当にとりつくろっているさまです。

あまり真剣には取り組まないけれど、とにかく何かをする場合に使われます。

なおざりとおざなりの違いは何?

違いすべきことをせず、ほったらかしにするのが「なおざり」。

それに対して、あまりまじめにはしないけれど一応は何かをするのが「おざなり」。

実は語源も違う、別の言葉なのです。

たとえば仕事で大きなミスをしたとき、その原因が、必要な確認作業をしなかったことによるなら「仕事をなおざりにした」。

同僚とおしゃべりしながら確認作業をしたため見落としたというなら「おざなりな仕事だった」となります。

結果的にはミスしたことに変わりはありませんが、原因が「なおざり」か「おざなり」かでくわしい意味が違ってきます。

まとめ

なおざりとおざなり、ほとんど同じに見えて違いがありますね。

何もせずおろそかにするのが、なおざり。

その場しのぎで済ませるのが、おざなり。

意味の確認を「なおざり」にして、文章で「おざなり」に使わないよう気をつけたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください