作ると創る、造るの違いは何?

作る 創る 造る

「作る」「創る」「造る」。

音のひびきは同じですが、違う漢字を書きますよね。

作る・創る・造るの意味の違いや、使い分けについて調べてみました。

作ると創る、造るの意味の違いは?

作る

「作る」は「いろいろなものをこしらえる」という意味。

規模の小さいものや、抽象的なものをつくることです。

この「作る」が、一般的に広く使われます。

「模型を作る」「ケーキを作る」「行列を作る」 など。

創る

「創る」は「新しいものをこしらえる」という意味です。

「文学作品を創る」「音楽作品を創る」など。

「創業」や「創刊」など、新しいものごとをつくりだすときには使いますが、製造・育成・栽培の意味では使いません。

造る

「造る」は「大規模な建造物などをつくる」ときに使う漢字です。

「橋を造る」「スカイツリーを造る」というように。

また、お酒、みそ、しょうゆなどもこの「造る」という字を使います。

全体的な生産を示す場合も「造る」という漢字を使うのがふつう。

「いまや、日本で造られた自動車が世界中を走っています。」という風です。

作ると創る、造るの使い分けは?

つくる対象によって漢字を使い分けます。

作る:対象が比較的小さいものや、抽象的なものをこしらえるとき

「図工は、動くおもちゃを作ります。」

創る:ゼロから新しいものを生み出すとき

「あの画家は、絵だけでなく、彫刻も創るらしい。」

造る:対象が比較的大きいもので、具体的なものをこしらえるとき

「父は船を造る会社ではたらいています。」

ただ、これらの漢字をはっきりと使い分けることは困難。

「作る」を、「創る・造る」の意味で使っても間違いではないようです。

まとめ

「作る」「創る」「造る」の違いや、使い分けについて見てきました。

「作る」は、いろいろなものをこしらえるとき、一般的にもっとも使われます。

「創る」は、新しく生み出すとき。

「造る」は大規模なものや、形あるものをつくるときに使われる漢字です。

以上、ご参考までにどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください