まな板の漂白 | 重曹や酢を使う時間は?消毒や除菌方法も!

まな板の漂白に何を使っていますか?

口に入れる食べ物を切る道具なので、強い溶剤など使いたくありません。

でも、雑菌が気になる!という方に、体に良い除菌方法を紹介しますね。

まな板の汚れやカビ、気になりませんか?

まな板は毎日使うものですから、洗っても包丁の傷跡の中の汚れや雑菌などが気になって来ますよね。

また、どんなに気にしていても発生してしまうのが黒カビです。

黒カビが発生するのがイヤで、つい除菌ができる塩素系漂白剤を使ってキレイにされていませんか?

ほかにも、塩素系漂白剤のツンとした匂いや環境問題やご自身の体のことを考えて、塩素系の漂白剤ではなく、酸素系の漂白剤を使用されている方もいらっしゃると思います。

でも、酸素系の漂白剤は塩素系に比べると、汚れが落ちにくく、その割合に時間もかかってしまいます。

そんなときに活躍するのが、セスキ炭酸ソーダと酢。

セスキ炭酸ソーダと酢を使い簡単にできるまな板をキレイにする方法を紹介します。

まな板の漂白は重曹や酢でキレイになるの?

塩素系や酸素系の漂白剤を使用しなくてもまな板のはセスキ炭酸ソーダや酢を使いキレイになります。

ここでご紹介するのは、セスキ炭酸ソーダと酢についてです。

セスキ炭酸ソーダとは

重曹

セスキ炭酸ソーダは、ナチュラルクリーニング用とし定着している重曹よりも使いやすいと人気です。

  • 用途が重曹より多い
  • サラサラしているため水に溶けやすい
  • 洗浄力がある
  • 常温で保管しても変質しにくい
注意
ただし、どんな汚れに対してでも効くわけではなく、アルカリ性なため、油汚れの乳化、たんぱく質の分解に対して効き目を発揮します。

酢の特徴

酢

酢は酸性ですので、アルカリ性の汚れである水垢などの汚れを落とすのに効果あります。

そのため、キッチン、お風呂、トイレなどの水回りの掃除には酢が役立つのです。

また、雑菌の繁殖を防ぐ効果があり、生臭さを消す消臭効果もあります。

洗濯に酢を入れると

  • アルカリ性である洗剤を中和させる
  • 洗剤のカスが衣類に残ることを防ぐ
  • 洗濯物を柔らかくし、黄ばみを防ぐ
  • 洗濯槽の黒カビ防止ができる
セスキ炭酸ソーダはアルカリ性であり、酢は酸性です。

この二つの成分を併せることを中和させるといいます。

中和させることにより、より効果を発揮します。

黒ずんだまな板を重曹や酢を使ってキレイにする方法

セスキ炭酸ソーダや酢を使っての漂白方法やどのくらいの時間がかかるのか分からないという人も多と思います。

ここでは、まな板の漂白方法からかかる時間をお伝えしたいと思います。

スプレー

用意するもの

・セスキ炭酸ソーダ
・酢水
・お湯(60℃以上)
・スポンジ
・ラップ
・スプレーボトル

酢水の作り方

1 .スプレーボトルに水と酢を入れます。

2. ボトルのフタを閉め、振って混ぜます。

水と酢の割合2:1です。

水100ccに対して酢50ccが作りやすいです。

まな板をキレイにする方法と時間

  1. まな板全体にセスキ炭酸ソーダををまんべんなくふりかける
    *100円ショップなどでも売られている塩用などの調味料入れなどに入れておくと便利です。
  2. 特に黒ずみ、黒カビ、汚れがひどい部分には、セスキ炭酸ソーダを多めにふりかけておく
  3. スプレーボトルにお湯(60度以上)を入れて、まな板にふりかけたセスキ炭酸ソーダにスプレーする
    *このときに60度以上のお湯を使用するため、やけどに注意してください。
  4. セスキ炭酸ソーダがクリーム状になったら、ラップでまな板を覆い、1時間程度放置する
    *このときに、クリーム状になったセスキ炭酸ソーダをスプーンなどを使いまな板の上にまんべんなく伸ばします。
  5. ラップをまな板から剥がし、酢水をスプレーして、セスキ炭酸ソーダを発砲させます。
    発砲が落ち着いたら、スポンジで磨きます。
  6. セスキ炭酸ソーダのアルカリに酢水の酸が反応して、発泡する
  7. *1回で黒カビや黒ずみ、汚れがキレイにならなかった場合は
    キレイにならなかった部分にだけセスキ炭酸ソーダをふりかけて何度かこする
  8. 最後に熱湯でまな板の上を洗い流します
    このときにも熱湯を使用するので、やけどに注意してください。

まな板の消毒や除菌方法

セスキ炭酸 スプレー

セスキ炭酸ソーダと酢水を使い、まな板の消毒や除菌をすることができます。

まな板の消毒、除菌方法

1.まな板にセスキ炭酸ソーダまんべんなくふりかけます。

2.その後、酢水をスプレーし、発泡したらスポンジで擦ります。

3.熱湯で洗い流します。

セスキ炭酸ソーダには、汚れを落とす効果があり、酢には除菌、菌の繁殖を防ぐ、消臭の効果があります。

また、熱湯をかけることにより消毒ができます。

毎日のお手入れ方法は?

洗ったまな板

黒ずみや黒カビ、汚れがひどい場合のまな板をキレイにする方法をご紹介してきましたが、ここでは簡単な日々のお手入れ方法をご紹介します。

日々の簡単なお手入れ方法

1.使ったまな板を洗った後に、塩をまな板に擦りつけ、酢水をスプレーしてスポンジで擦ります。

2.熱湯で洗い流します。

または、消毒、除菌方法と同様に、セスキ炭酸ソーダをふりかけて、酢水をスプレーし、スポンジで擦る方法も日々の簡単なお手入れ方法です。

日々の手入れをする事で、雑菌の繁殖を防ぎ、また、殺菌効果も期待できます。

簡単で時間もかからないお手入れ方法なので、おすすめです。

まな板の漂白 まとめ

いかがでしたでしょうか。

毎日使うまな板は清潔に保ちたいものですね。

市販の塩素系漂白剤に抵抗がある方も、この方法なら簡単にそして、安全で簡単にすることができますので、ぜひお試しください。

  1. セスキ炭酸ソーダと酢があれば、時間は多少かかかりますが、簡単に黒ずんだまな板をキレイにできます
  2. 酢には消毒、除菌、消臭効果があります
  3. 一度キレイにしたまな板は、日々のかんたんなお手入れで、黒ずみや黒カビを抑えることができます

しかしながら、日々のお手入れに加えて、まな板の漂白は必要です。

季節によって変わってきますが、とくに夏場は雑菌が繁殖しやすい時期です、セスキ炭酸ソーダと酢による除菌は簡単にできるで是非、お試しください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください