鼻うがいの痛くない方法とコツ!花粉症対策への効果は?

鼻うがい

いよいよ、花粉の季節になりましたね。

目も鼻も洗いたくなるくらい辛い!という方もいるのではないでしょうか。

そんな花粉症でお困りの方、「鼻うがい」って知っていますか?

花粉症対策に効果のある「鼻うがい」の方法を調べてみました!

鼻うがい(鼻洗浄) とは?

悩む女性

うがいと言えば、口に水を含んで上を向いてがらがらとし、汚れやばい菌などを洗い流すものが一般的ですね。

鼻うがいもそれと同じように、水を使って、鼻の中の花粉やばい菌などをまるごと洗い流すものです。

でも、鼻に水を入れると言うと、つーんと痛くなるんじゃないかと思いますよね。

実際、顔を洗う時や、プールで泳いでいる時に鼻に水が入って、痛い思いをしたことのある方も多いと思います。

鼻がつーんと痛くならない方法で、鼻をすっきりさせましょう!

鼻がつーんとしない鼻うがいの方法

塩

鼻がつーんとしない鼻うがいの方法とはなんでしょう。

ポイントは、「水の塩分濃度」にあります。

なぜ、水が鼻に入るとつーんとするのかというと、鼻の粘膜、つまり身体の体液の成分と、水の塩分濃度に差があるからなのです。

鼻うがいをするときの水は、体液に近い塩分濃度にすると、つーんとしにくくなりますよ。

また、温度もあまり冷たい水だと鼻がびっくりしてしまうので、ぬるま湯がいいでしょう。

鼻がつーんとしない鼻うがいの方法
1,体液に近い塩分濃度のぬるま湯を作ります

体液の塩分濃度は約0.9%。

ぬるま湯1リットルに対し、塩小さじ1.5杯くらいを溶かしましょう。

2,ドレッシングボトルなど、口の細い容器に入れます

3,洗面台やお風呂などにかがむような姿勢になり、下を向きます。

4,片方の鼻をおさえ、空いている方の鼻にゆっくりと食塩水を流し込みます

5,同じ鼻から自然に食塩水を出します。

鼻うがいというと、鼻から水を入れて口から出すイメージがありますが、慣れるまでは、口から出さなくても大丈夫。

水を入れた鼻から出すだけでも、十分効果があります。

また、のどに食塩水が入らないように「えー」と声を出しながら行うといいですよ。

鼻うがいをした後は、強く鼻をかまないようにしましょう。

食塩水が鼻の奥に残っていると、鼻をつよくかんだ勢いで耳に食塩水が行ってしまい、中耳炎などの炎症を起こす原因になります。

鼻に食塩水が残ってるかなと感じる場合は、ゆっくり息を吐き出すように鼻をかみましょう。

これで、鼻がすっきりしますよ!

鼻うがいの効果とは?

鼻うがいには、どのような効果があるのでしょうか。

鼻のむずむずを解消してくれる

どうしても気になる鼻のむずむず。

なぜ、そのような症状がおきるのでしょう。

 

それは、鼻にある異物を取り除こうとするしくみにあります。

呼吸などで入って来たほこりや花粉などの異物は、鼻の粘膜や鼻毛にくっつきます。

鼻はそれらを、鼻あかや、鼻水として排出してくれるのです。

 

しかし、大量の花粉やほこりが入ってしまうと排出しきれず、そのアレルギー物質が粘膜に入り込んでしまいます。

 

それが、むずむずやくしゃみ、大量の鼻水の原因になってしまうのです。

そんな、鼻をむずむずさせる原因を、鼻うがいで洗い流すことができます。

風邪の予防

風邪の予防と言えば、手洗いうがいですが、それだけではありません。

鼻うがいも効果があります。

常に外気にさらされている鼻の粘膜にはばい菌がいっぱい。

口うがいだけでは、どうしても洗い流せないばい菌が、鼻の奥に残っているのです。

鼻うがいですっきりさせましょう。

蓄のう症の予防

鼻の奥にある「副鼻腔」という場所にばい菌がたまるとなってしまう蓄のう症。

その原因となるばい菌を洗い流し、予防することができます。

また、蓄のう症の症状で辛いのが、粘り気のある鼻水による鼻づまり。

鼻をかむだけではすっきりできない鼻づまりも、鼻うがいで洗い流すことができます。

鼻うがいの花粉症対策への効果

花粉症の女性

鼻うがいは、花粉症対策にも効果的!

目に見えない小さな花粉は、常に空気中に舞い、呼吸とともに鼻の粘膜にくっつきます。

それを追い出そうとするのが、鼻水やくしゃみの症状ですが、そのような症状がでると辛いですよね。

ですから、花粉症対策として、鼻うがいで花粉を洗い流しちゃいましょう!

注意
鼻うがいは一日1~2回が目安。
あまりやりすぎると、鼻の粘膜を痛めてしまうので注意しましょう。

鼻うがいとその花粉症対策への効果 まとめ

花粉のつらいこの時期、鼻に入ってしまった花粉を洗い流すのに効果的なのが、鼻うがいいです。

鼻の奥まで行ってしまった花粉も、鼻うがいをすればきれいすっきり洗い流すことができ、花粉症対策になります。

鼻がつーんとしないために、体液に近い塩分濃度の食塩水を使う事も忘れずに。

鼻うがいは、慣れないうちは無理をせず、ゆっくり鼻に食塩水を入れて、そのまま自然に流し出すようにしましょう。

回数も一日1~2回程度が目安。

花粉症対策もばっちりの鼻うがいで、つらいこの時期を乗り越えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください