ホワイトデーお返しの意味って?マシュマロやカルピスが怖い!

ホワイトデー

もうすぐホワイトデーですね。

何をお返ししたらいいのか悩ましい次期でもあります。

ホワイトデーにお返しする物によっては大変なことになる場合もあるのです。

そんなことにらないためにもホワイトデーに何をお返しするのがいいのかをご紹介していきますね。

ホワイトデーのお返しの意味ってなに

ホワイトデーは日本独特な文化。

ホワイトデーができた由来は諸説あります。

石村萬盛堂説

バレンタインデーがあるのに、なぜお返しがないのかといったことから、福岡の老舗お菓子屋である、石村萬盛堂の社長が「白いマシュマロ」を作ったのが始まりといわれています。

当時のホワイトデーの名称は、「マシュマロデー」です。

全国飴菓子工業共同組合説

1978年に全国飴菓子工業共同組合が3月14日をホワイトデーと名付け、キャンディを贈る日と定めました。

その他色々ありますが、ホワイトデーという文化は、以外にも歴史が浅いのです。

マシュマロやカルピスを贈ると大変なことに

ホワイトデーの前身がマシュマロを贈るマシュマロデーと前述しましたが、現在はマシュマロを贈ると大変なことになり兼ねないのです。

マシュマロ以外に、カルピスにも大変な意味が込められいます。

マシュマロとカルピスの意味

ホワイトデー

昔は、マシュマロデーと言っていたことから、ホワイトデーにはマシュマロを贈るというイメージがある方もいらっしゃいますよね。

しかし、マシュマロをホワイトデーに贈ることは、「あなたが嫌い」ということを意味しているのです。

マシュマロはすぐに溶けてなくなるといった所から来ているといわれています。

最近では、このマシュマロの意味を知ってか知らずか定かではありませんが、あまりマシュマロ自体を見かけなくなった気もします。

ホワイトデー

ホワイトデーってホワイトがつくからと白い物を連想し、カルピスをなんて思ったりしていませんか?

しかし、ホワイトデーにカルピスを贈るのは、絶対にNGなのです。

カルピスには「犯す」というとても怖い意味があるのです。

知らずに贈ってしまうと、大変なことになってしまいます。

マシュマロもカルピスもホワイトデーに贈るのは、絶対に避けてくださいね。

お返しに贈るものにはそれぞれ意味がある

ホワイトデーにマシュマロやカルピスを贈るのに意味があるように、他にも意味があるのです。

ホワイトデーに贈ると考えられる物の意味をご紹介しますね。

クッキー

ホワイトデー

意味「あなたは友達です」

意識をしていない女性への返しとしてクッキーはいい意味ですね。

キャンディ

ホワイトデー

意味「本命」、「あなたが好きです」

義理で贈ったつもりが、勘違いされてしまうかもしれませんので、注意してください。

マカロン

ホワイトデー

意味「あなたは特別な人」

本命の女性に贈るにはとてもよいのですが、間違ってお返しをしてしまうと、誤解を招くかもしれません。

グミ

ホワイトデー

意味「あなたのことが嫌い」

グミは見た目がカラフルでかわいく小粒のものも多く、女性受けしそうなので、お返しとして最適だと思いがちですが、見た目とは裏腹にマシュマロと同じ「あなたが嫌い」という意味があります。

意味からすると、絶対にお返しに使ってはいけないのです。

ハンカチ

ホワイトデー

意味「お別れ」

ハンカチは、ちょっとしたプレゼントの定番ですので、意外とホワイトデーのコーナーの隅の方に
置いてあるのですが、お別れといった意味から誤解を招いてしまうかもしれません。

チョコレート

ホワイトデー

特に意味はなし

バレンタインデーと同様に、ホワイトデーの商品として、チョコレートはたくさんの種類があるので選び易いですね。

オススメな贈りもの

ホワイトデーに贈る物には意味があるということがわかりました。

義理と本命でわける必要があるのですね。

義理でお返しするのにオススメなお返し

「あなたはお友達です」という意味のあるクッキーや、何も意味のないチョコレートがオススメです。

特にバレンタインデーに自分用に買うくらいのチョコレートは、女性にとっては嬉しいのではないでしょうか。

普段より少し高級なチョコレートをプレゼントしてみてください。

本命の女性ににオススメなお返し

「あなたが好きです」の意味があるキャンディや「あなたは独特」のマカロンです。

チョコレートもやはり女性は好きだという点ではオススメなお返しだと思います。

本命の彼女や奥様にお返しするのは、お菓子だけだと寂しいので、何かプレゼントをプラスしたいですよね。

ホワイトデーにもらって嬉しいお返し

女性がもらって嬉しいホワイトデーにお返しを調べてみました。

第3位 お花

ホワイトデー

女性にとって花束をもらうのは、いくつになっても嬉しいものです。

男性にとってお花屋さんに入るのは、なかなか勇気がいるかもしれませんが、ホワイトデーは、お花屋さんに入る抵抗を柔らげてくれると思います。

ぜひ、お店の方と相談して、彼女や奥さまのイメージに合わせて花束を作ってもらってください。

第2位 食事

ホワイトデー

普段は行かないような高級レストランでの食事が2位にランクインしました。

オシャレをして、美味しい食事をしながら大好きな男性と一緒にすごす時間は、最高に嬉しいものです。

第1位 アクセサリー

ホワイトデー

栄えある第1位はアクセサリーです。

やはり花束と同様に女性はアクセサリーをもらうと嬉しいのです。

彼女や奥様の好みを把握して、どこのブランドがいいのか決めるは男性にとって難しいかもしれませんが、人気があります。

リングだとサイズがわからない場合もありますので、ネックレスやブレスレットなどいかがでしょうか。

注意
逆にもらって困る物は、化粧品、ぬいぐるみ、下着。気をつけましょう!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ホワイトデーのお返し まとめ

ホワイトデーについて色々とご紹介しましたが、

ホワイトデーは、日本独特の習慣ですが、意外と歴史は浅いことがわかりました。

ホワイトデーにマシュマロやカルピスは絶対に贈ってはだめだということがわかりました。

グミやハンカチも同様です。

義理として贈るのは、クッキーやチョコレートなどの食べてしまえば残らない物がオススメです。

本命の女性には、キャンディ、マカロン、チョコレートと一緒に、プレゼントを選んで贈ってみてはいかがでしょうか。

きっと、彼女のこぼれんばかりの満面の笑みを想像してしまいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください