こんまりさんとやましたひでこさん、片付け方の違いは?

断捨離

「片付けってどうしたらいいんだろう」そう思い検索すると、ふたつの名前が沢山出てくると思います。

やましたひでこさんと、「こんまり」こと近藤麻理恵さん。

どちらも有名な片付け本の作者さんですが、「その違いはなに!?」「自分に合うのはどっちだろ……?」って思いますよね。

そこで今回は、やましたさんの「断捨離」と「こんまりさん流」の片付け方法の違いについて見ていきたいと思います♪

やましたさんの「断捨離」は、とにかく捨てる!!

ではまず、やましたひでこさんの方から見ていきましょう。

やましたさんは「断捨離」という言葉を生み出し、ブームを巻き起こした第一人者ですが、その考え方はヨガの考え方が元になっています。

不要なものを捨てることによりモノへの執着やしがらみから自分を解放しよう、とにかく物を減らそう!というのが「断捨離」です。

やましたひでこさんの方法 断捨離はスペースごとに。捨てる順番は捨てやすいものから!

断捨離は、まずは引き出しひとつから始めます。

そしてスペースごとに、以下の順番で捨てていきます。

  1. 捨てやすいもの(壊れているものやガラクタなど)
  2. 紙類
  3. 衣類
  4. 家電、家具
  5. 思い出の品

小さなスペースから、捨てやすいものから徐々に始めることで、自己肯定感を育てていきます。

また、部屋に風を通し、すっきり見せるために

・見えない収納(押し入れやクローゼットなど):7割
・見える収納(食器棚や本棚など):5割
・見せる収納(下駄箱やローテーブルの上など):1割

の割合を推奨しています。

収納に合わせてモノを減らそう、という部分も見受けられました。

こんまりさん流は、ときめきを大事に!

では次に、こんまりさん流を見ていきましょう。

こんまりさんの片付けは、著書のタイトルでも分かるように、「人生がときめく」ことに重きを置いています。

ときめきに囲まれた人生!?なんだか心惹かれますよね^ ^

やましたさんとの大きな違いのひとつは、「減らすことにこだわらない」ことかなと思います。

モノをひとつひとつ手にとって、ときめくかどうか判断していくことで、「自分は何が好きで何が嫌いなのか」というセンサーを磨いていきます。

そうすることで、自分の好きなものに囲まれて暮らす生活に近づくのですね。

片付けは祭!一気にやってしまう!

そしてもうひとつ、大きく違うのが、時間をとり一気に家中を片付ける、ということです。

そうすることで、意識に劇的な変化を起こし、リバウンドを防ぐのです。

片付けるのは部屋単位ではなくモノ単位!

片付け

特徴的なのは「モノ単位」で物を片付けるということ。

今日はリビングを、今日は寝室を、という区切りではなく、「今日は服!!!」と決めたら家中の服をかき集め、ときめくものとそうでないもの(捨てるもの)に分けていきます。

そして、残したものの定位置を決めます。

あとは、使ったものをその位置に戻す習慣を付けることで部屋を綺麗に保てるという流れです。

残したものに対して収納を決める、という断捨離とは正反対のやり方です。

「こんまりさん流」、捨てる順番はかさばるものから!

さて、そのモノ単位ですが、その順序に関しても記されています。

  1. 衣類
  2. 本類
  3. 紙類
  4. 小物
  5. 思い出の品

その基準は、かさばるものから細かいものへ、となっています。

思い出の品は断捨離同様最後です。捨てにくいですもんね^^;

断捨離とこんまりさん流、どっちがオススメ!?

断捨離

こうして見てみると、結構違うんですね!

個人的なイメージですが、断捨離はカチッと背筋を伸ばして堅実に!こんまりさん流はフワッと、だけど時に大胆に!という感じがします^ ^

もちろんどちらもオススメですが、どっちからやってみよう……という方向けに、軽くまとめてめてみました。

まとまった時間が取りにくい方はやましたさん流断捨離で!

こんまりさん流は、「この日一日は片付けの日にする!」と、まとまった時間を確保するのが必要です。

ですので、まとまった時間が取りにくい方には、毎日ちょっとずつできる断捨離がオススメです。

逆に「毎日コツコツは苦手?」という方は、こんまりさん流が合っていると思います。

今日は片付け祭!とイベント的に楽しんで、テンションで片付けちゃいましょう^ ^

大きな達成感が欲しい方にはこんまりさん流がオススメ!

引き出しひとつでももちろん達成感はありますが、大きな達成感が欲しい方には大胆に片付けるこんまりさん流がオススメです。

ただし、「片付けようとモノを出してそのまま収拾が付かなくなるかも……」と心配な方は、断捨離から始めてみるといいかもしれません。

ハードル低めから挑戦できます! 少しずつ自信がもてるようになりますよ!

いかがでしたか。

かいつまんでご紹介しましたが、「自分は片付けを通してどんな生き方をしたいのか」と、実際にお二人の著書を読んで考えてみるのも楽しいと思います!

快適に、自分らしく生きるヒントが、ギッシリ詰まっています^^

そしてぜひぜひ、自分に合った方法を見つけてみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください