カフェラテとカフェオレ違いは?ダイエットにいいのは?カプチーノやカフェモカも!

カフェモカ

ほっこりタイムに欠かせないのは、ミルクたっぷりのカフェラテやカフェオレなどですね。

みなさま、カフェラテとカフェオレは違う飲み物だと知っていましたか?

カフェラテとカフェオレ、さらにカプチーノ、カフェモカがどう違うのか、さらに、ダイエット効果がある?というので調べてみました。

おいしく飲んで、ダイエットができるなんて嬉しいですね。

カフェラテとカフェオレ、カプチーノ、カフェモカの違い

カフェモカ以外のカフェラテ、カフェオレ、カプチーノってお店で注文するとき違いがよくわからないとおもいませんか?

特に、カフェラテとカフェオレの違いはさっぱり分かりません。

でも、実はそれぞれ全く違う飲み物なんです。

カフェオレ(カフェ・オ・レ)はフランス語で、カフェラテ(カフェ・ラテ)はイタリア語。

「カフェ」はどちらも「コーヒー」という意味があり、「オ・レ」、「ラテ」には「ミルク=牛乳」という意味があります。

日本語にしてしまえば、どちらも「コーヒー牛乳」、「ミルクが入ったコーヒー」なのですが、内容が違っていました。

カフェラテとは

カフェラテ

カフェラテには、エスプレッソというコーヒーを使い作ります。

ミルクも蒸気熱で泡立てたスチームミルクを使用。

割合は、コーヒー2割に対して、ミルクを8割。

エスプレッソとは、高い圧力をかけて短時間で抽出したコーヒーで、少ない量で味が濃く作られています。

エスプレッソは1杯のことを1ショットといいます。

カフェオレとは

カフェオレ

カフェオレとは、ドリップコーヒーを使って作ります。

コーヒーとミルクの割合が半分ずつで、ミルクも特別に泡立てたりはせずに、普通のミルクを使います。

カプチーノとは

カプチーノ

カプチーノとは、エスプレッソに泡立てたフォームミルクを加えたものです。

割合はエスプレッソを3割に対して、スチームミルク3割にフォームミルク5割または、1:1:1の割合になります。

フォームミルクとは、空気を入れてきめ細かい泡状になったミルクのことです。

カプチーノの特徴は、泡になった部分が多く、割合を見るとミルクの味がすると思いがちですが、実は、カフェラテに比べるとビターでコーヒーの味が強いです。

カフェモカとは

カフェモカ

カフェモカとは、正式にはエスプレッソにホイップクリーム、チョコレートシロップを加えたものですが、カフェラテにチョコレートシロップを加えたものが多いです。

カフェモカは、エスプレッソ2割に対して、スチームミルクを7割にチョコレートシロップが1割で作ります。

それぞれの違いを紹介しましたが、お家で簡単に作れるのは、「カフェオレ」ですね。

お店で頼むときの参考になりましたでしょうか。

カフェモカは、他のものに比べると甘いので、疲れているときや、気分を変えたいときにオススメです。

それぞれの甘さとカロリー

カフェラテ、カフェオレ、カプチーノ、カフェモカがそれぞれ違うものだとわかりました。

それぞれの甘さや気になるカロリーはどうでしょうか。

甘さやカロリーは、砂糖やミルクの分量や、一杯分の分量によって変わってきます。

甘さの比較

単純に甘さだけを比較すると、チョコレートシロップが使われているカフェモカが一番甘いです。

ミルクをたっぷり使っているカプチーノ、ドリップコーヒーにミルクを入れるカフェオレ、エスプレッソにスチームミルクを入れるカフェラテの順番になります。

お店や、砂糖を入れるか入れないかによって変わってきますが、カフェモカはチョコレートシロップが入っているため一番甘いのです。

それぞれのカロリー

カロリー

カロリーについても、お店や砂糖を入れるか入れないか、ミルクの種類を濃い牛乳、低脂肪や豆乳、アーモンドミルクにするかなどによって違ってきます。

一般的なミルクを使い、砂糖を入れていないコップ1杯分(200ml)での比較です。

  1. カフェラテ 約120kcal
  2. カフェオレ 約97kcal
  3. カプチーノ 約110kcal
  4. カフェモカ 約250kcal

やはり、チョコレートシロップ、ホイップクリームが使ってあるカフェモカがだんとつに高カロリーになりましたね。

コーヒーの分量が一番多いカフェオレがカロリーが低いのは、やはりミルクの分量が関係していることがわかります。

カフェラテ、カフェオレ、カプチーノ、カフェモカ、ダイエット中飲むならどれ?

ダイエット

それぞれの違いや、カロリーについて比較してきましたが、ダイエット効果が期待できるのはどれなのでしょうか。

カロリーだけでみると、一番低カロリーなカフェオレですが、ダイエットには糖質や脂質なども関係してきます。

ダイエットには、高タンパクなものを摂取して、運動をするのがいいとされてますね。

牛乳はタンパク質ですし、満腹感を得られるため、食べ過ぎ防止やカルシウム不足を補ってくれるメリットのある食品です。

カフェモカは、ホイップクリームが高脂質になるため、たまに飲むくらいにしてダイエットには、その他のものを無糖やカロリーの低い甘味料を入れて飲むのがダイエット効果があるとされています。

カフェオレで痩せるためには

カフェラテ、カプチーノでもよいのですが、家庭で作りやすいといった点からカフェオレでダイエットを行う方法を紹介します。

カフェオレで痩せる方法とは、どういったものでしょうか。

カフェオレがダイエットにいい理由

ドリップ

カフェオレは、ドリップコーヒーに比べるとミルクが入っているため、高カロリーですが、ミルクが入っているため、高脂質で満腹感を得られて腹持ちをよくします。

腹持ちをよくして、間食を減らすようにします。

カフェオレのコーヒーには、カフェインが含まれており、カフェインは、体脂肪を燃焼してくれる働きがあるといわれています。

コーヒーには、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸いう成分も含まれており、クロロゲン酸にも体に体脂肪を分解、排出してくれる働きがあるとされています。

牛乳に含まれているカルシウムが脂肪の吸収を抑えてくれます。

カフェオレでダイエットをする際の注意点

カフェオレ自体のカロリーはコップ1杯分(200ml)で、約97kcalですが、砂糖やガムシロップを入れてしまうと、高カロリーになりますので、無糖にするか、量を減らすまたは、甘味料を使用するといった工夫をします。

ダイエット効果を期待するためには、市販のカフェオレにも注意が必要です。

市販のカフェオレは、牛乳の割合が高くなっていたり、高カロリーな濃いめの牛乳が使われている、砂糖が大量に入っているものが多く、たくさん飲んでしまうと、逆に太ってしまいます。

カフェオレダイエットを高める方法

カフェオレをつくる牛乳は低脂肪乳や豆乳、アーモンドミルクに変えてみる

低脂肪牛乳などにかえることにより、脂質やカロリーを抑えます。

牛乳や豆乳は、カルシウムやタンパク質だけではなく、カリウムが豊富に含まれているため、むくみ防止にもなりダイエットに繋がるのです。

ホットで飲む

カフェオレ

ホットで飲むことにより、体を温めて体の基礎代謝をあげます。

砂糖もまったく悪いというわけではなく、脳を活性化できる唯一の食品が砂糖なのです。

コーヒーには、精神安定効果もあり、カフェオレに砂糖を入れて飲むことで、脳も活性化させることができるため、朝一番に砂糖を入れたカフェオレを飲むことで、ダイエット効果や脳の活性化、精神安が期待できるます。

注意
カフェオレを飲むだけでダイエットができるだけではないので、カフェオレは補助的なものとして飲みようにしましょう。

まとめ

カフェラテ、カフェオレ、カプチーノ、カフェモカはまったく違う飲み物で、コーヒーの種類やミルクの分量や泡立て方法により呼び方が変わります。

カフェラテはドリップコーヒーとミルクで作り、それ以外は、エスプレッソと泡立てたミルクを入れて作ります。

カフェオレがダイエットに効果的なのは、カロリーが一番低く、ミルクの分量が多いためです。

ミルクは満腹感を得られるため、間食を控えることができ、むくみの解消によいとされています。

カフェインにも脂肪を燃焼、分解してくれるためダイエット効果を高めるのです。

コーヒーには、精神安定効果があり、砂糖にも脳を活性化してくれる効果があるため朝一番にカフェオレを飲むといいと言われています。

しかし、ダイエット中は、砂糖は入れすぎないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください