アルバイトとパート・バイトの違いとは?

どうして?

「アルバイト」と「パート」、どんな違いがあるんでしょう?

何となく使っていますが、具体的なことはよくわかっていません。

そこで、アルバイトとパートの違いについて詳しく調べてみました。

アルバイトとパートの違いは?

学生は「アルバイト」、主婦は「パート」みたいなイメージがありますよね。

実際はどうでしょう?

実は、アルバイトとパートを明確に言い表すのは難しいです。

なぜなら、アルバイト・パートという言葉を定めた法律や規則がないからです。

一般的には、本来の仕事を持つ人や学生などが、一時的・副業的に仕事をする場合をアルバイトと呼びます。

アルバイトやパートという呼びかたは、会社が管理するときに、正社員と区別するために使うと考えて間違いではありません。

でも、この定義があいまいなままでは不都合がでることもあります。

同じ短時間労働者でも、働く期間や条件、その仕事内容などによって、パートとアルバイトの違いを確認しておくことが大事です。

アルバイトとは?

アルバイト
決まった時間を利用して、短い期間で時間も短時間働くことをいいます。

学生が中心で、本業を持っており副業として働く場合もあります。

でも、それがすべてではありません。さまざまな年齢層・性別・形態・条件のアルバイトがいます。

パートとは?

パート

パートは、ある程度長いあいだの雇用を予定していることが多いです。

主婦や専業者などが、都合のいい時間を利用して働く傾向があります。

パートという言葉を決めた法律はありませんが、略称でパート労働法と呼ばれるものがあります。

参考 パートタイム労働法について厚生労働省

アルバイトとパートってどういうもの?

アルバイト・パートは、働く時間が社員よりもみじかい「短時間労働者」です。

正社員より1週間に働く時間がみじかく、働く日数も少ないワーカーのことをアルバイトやパートと言います。

契約書

バイトでも正社員と同じ日数や時間、同じ量の仕事をこなすケースもあり、契約の上での身分が正社員とは違う労働者と言えます。

アルバイト・パートの場合、正社員とは雇用の条件に違いがあるため、正社員とは違う雇用の契約が結ばれます。

正社員は会社の中心となる仕事をすることが多いので、長い期間の雇用が基本です。

また、雇用期間中には異動や転勤がある場合もあります。

いっぽう、アルバイト・パートの場合は、限られた時間で働き、その仕事内容もほとんど決まっています。

今では、アルバイトをはじめ、派遣社員や請負、業務委託などといった短時間労働者は、労働者全体の4分の1を占めています。

正社員の仕事をサポートするだけでなく、企業の重要な労働力となっているんですね。

アルバイト・パートの休暇や残業は?

休暇

「バイトには有給休暇がない」とか、「残業代が払われなかった」といった話を聞きますが本当でしょうか?

アルバイトは正社員と比べると働く時間が短く働く日数が少なかったりしますが、正社員と同じ労働者です。

なので、アルバイトにも労働基準法が適用されます。

アルバイト・パートの休暇について

有給休暇の条件は下記の3つです。

有給休暇の条件
・仕事をはじめてから半年以上たっていること
・週に1回以上もしくは年間48日以上勤務すること
・出勤率が80%以上あること
これは、正社員も同じ条件となります。

アルバイト・パートの残業について

残業

残業が支払われる場合

・残業は1日の労働時間が休憩時間を除き8時間を越えた時、通常賃金の25%以上の割増賃金が払われます。
・深夜割増として22:00~翌朝5:00の間に働く時は25%以上。
・休日に働くと35%以上の割増賃金になります。

 
詳しくは、厚労省HP「労働基準法に関するQ&A」

参考 労働基準法に関するQ&A厚生労働省

ブラックバイトって?

ブラック

「ワンオペ」や「ブラックバイト」…近頃ニュースなどで耳にするのではないでしょうか。

いわゆる「ブラックバイト」と呼ばれる社会現象が問題になっています。

ブラックバイトとは、労基法が守られず、違法にバイトさせられること。

要するに、ブラック企業のアルバイト版です。

「深夜残業をさせられて、深夜割増や残業代を払われない」「急に解雇されて、解雇予告手当さえない」

「コンビニやファストフード店でのワンオペレーション(従業員1人ですべての業務をさせる行為)で過労死寸前」

こういった悪質なバイトが「ブラックバイト」と呼ばれます。

残念ながら、ブラックバイトに関する法令・指針はありません。

ですが、啓発・指導の活動は強化されています。

厚労省HPでは「アルバイトをする前に知っておきたい7つのポイント」を載せています。

参考 アルバイトをする前に知っておきたい7つのポイント厚生労働省

自分にメリットのないバイトなんて続ける理由ないですよね。

やめるのも自由ですから、自分の身を守るために逃げましょう。

アルバイトとパート・バイトの違いまとめ

アルバイトとパートの違いについて見てきました。

アルバイト・パートというのは、言葉の上で違いがあるだけで、法的にはほぼ同じです。

「アルバイト」「パート」といった言葉にまどわされず、仕事内容をしっかりチェックしましょう。

働く時間や条件などの違いは、勤め先の人と話して確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください