鏡の掃除の仕方は?水垢を取るにはかじえもんの方法や新聞紙が有効!

風呂場 鏡

毎日見つめる鏡。お手入れはどうされていますか?

浴室や洗面台に置かれている鏡は曇ったり、ウロコ状の水垢がついてしまいがちです。

暮らしの中で避けられない汚れの数々を、上手にきれいにする掃除の仕方を調べてみました!

鏡はどうして曇るの? 汚れの原因あれこれ

鏡 ウロコ

鏡の表面は、熱が伝わりにくいガラスでできています。

浴室や洗面所の暖かく湿った空気が冷えて水滴に変わり、表面につくことで鏡は曇るのです。

掃除の仕方のひとつとして、水か湯で曇りを洗い流す方も多いのではないでしょうか。

それでも流しきれない慢性的な鏡の曇りは、蓄積された水垢や化粧品の油汚れなどが原因です。

水垢は、水道水が蒸発した後のカルシウムやケイ素、ミネラルが結晶化してウロコ状に残るものです。

水垢の白い色はカルシウムです。

ケイ素は鏡を構成している物質でもあり、同じ性質同士でくっつきます。

時間が経つほどに水垢がこびりついて、取れにくくなるのはこのせいですね。

ミネラルが石鹸と反応してできた石鹸カス(金属石鹸)も、白く残りやすいです。

化粧品の油汚れは、メイク時に使用するドレッサーの鏡につきます。

ファンデーションやリップの油汚れに、室内のホコリが付着すると固まって取れにくくなります。

これは姿見の手汚れも同様です。

水拭きして一度きれいになったように思えても、乾くと汚れが鏡の表面に伸びて筋状に残ってしまうのです。

昔ながらのやり方です! 新聞紙と重曹が有効

新聞紙

まずはたいていのご家庭に用意のある、新聞紙を使った掃除の仕方を紹介します。

用意するもの
新聞紙 2~3枚
濡れたタオルか霧吹き

1.水で鏡を濡らして新聞紙で拭く

濡れたタオルで拭くか、霧吹きで鏡を濡らしてください。

くしゃくしゃと新聞紙を手で丸めて、上から順に鏡を拭きます。

汚れが落ちにくかったら新聞紙を水に濡らして、拭いてみてください。

2.新しく乾いた新聞紙に換えて乾拭きをする

新聞紙は吸収が良いので汚れを確実に吸いとるだけでなく、インクの油が膜をはってピカピカに仕上がります。

カンタンな方法ですが、たいていの汚れはこれで落ちるはず!

注意
鏡の縁のプラスチックなどに、新聞紙のインクをつけないように気をつけましょう。
それでも落ちないガンコな鏡の汚れには、重曹を使った掃除の仕方をお試しください。

重曹

用意するもの
文章
重曹
スプレー容器
キッチンペーパー
古タオル

1.水100mlに重曹を小さじ1杯の割合でスプレー容器に入れて、重曹水を作る

掃除用の重曹水がスプレー容器で市販されているのも便利です。

2.スプレーで鏡に重曹水を拭きつける

まんべんなく拭きつけてください。

汚れのひどい箇所にはキッチンペーパーを貼って、さらにスプレーをかけると効果的です。

3.すこし時間を置いて(5~10分ほど)、古タオルで水拭きの後キッチンペーパーで乾拭きをする

 

これらは酸性の汚れ(皮脂、化粧品・石鹸カスの水垢など)の掃除の仕方として、おおいに有効です。

注意
重曹水の跡が筋状に残る場合があります。
すみずみまで注意して拭き取りましょう。

水垢の掃除にはクエン酸? かじえもんの方法に学ぶ

鏡 水垢取り

水垢はアルカリ性の汚れが主なので、酸性のクエン酸を使った掃除の仕方がオススメです。

ここでは、テレビなどで活躍の家事万能芸人「かじえもん」さんが実際にされた掃除の仕方を参考にしました。

ただし、曇り止め加工をした鏡に酸性の洗剤を使うと使用できなくなるので、お気をつけください。

掃除をするまえにもう一度、鏡のタイプを確認してくださいね。


用意するもの
クエン酸
スプレー容器
サランラップ
キッチンペーパー

1.水300mlにクエン酸を小さじ1杯半の割合でスプレー容器に入れて、クエン酸水を作る

クエン酸水を作るのに、他の洗剤の空き容器を利用するのは危険です。

注意
有害な物質が発生してしまう可能性があるので、「混ぜるな危険」の表示のある洗剤(塩素系)とは絶対に混ぜてはいけません。

2.スプレーで鏡にクエン酸水を拭きつける

スプレー

鏡の縁飾りや金属部分はラップで覆って、クエン酸水をかけないようにしましょう。

変色したり、錆びがつきやすくなります。

誤まってクエン酸水をかけてしまったら、すぐに洗い流してください。

3. パック状態にする

クエン酸水を吹きつけたら、上からキッチンペーパーを貼ります。

ペーパーをしっかり貼りつかせるには、クエン酸水を多めにかけるのが良いでしょう。

その後、鏡全体をラップで覆ってパック状態にします。

4.一時間ほど放置したらラップをはがして、クエン酸の粉末で鏡を磨く

パックの時間は目安です。鏡の汚れ具合でもっと長くするのも工夫です。

頃合いでラップをはがし、手で丸めた上に粉末のクエン酸をのせてください。

クエン酸はこぼれないぐらいの、ひとつまみ程度の量で充分です。

ザラザラした大きめの粒でアルカリ性の水垢を中和させつつ、削りとるイメージで磨きます。

5.クエン酸水をシャワーで流して、乾拭きをする

鏡を磨き終えたら、シャワーでクエン酸水を洗い流します。

新しいキッチンペーパーで、しっかりと乾拭きをしましょう。

拭き残しがあると錆びや、新しい水垢の原因となります。

強力な洗剤に頼らず、昔ながらのナチュラルな掃除の仕方で鏡がきれいになると嬉しいですね。

鏡を曇らせない! お手入れのポイント

頑張ってきれいにした鏡です。また曇ったり水垢がつかない予防をしましょう。

浴室で使うボディソープなどで、カルシウムやマグネシウムが含まれている商品をお使いではありませんか?

シャンプー、ボディソープの泡が鏡についていると、水垢に変わりやすいです。

これらの泡はもちろん、鏡に残った水滴をこまめに拭き取るのが、水垢のいちばんの予防になります。

スクイージー

市販の水切り用のワイパーや、鏡をコーティングする水垢防止スプレー剤も頼りになるアイテムです。

室内の鏡は、水拭きの後かならず乾拭きをして、ホコリだけでなく布巾の糸くずまで落とすのがポイントです。

マイクロファイバー

掃除にはマイクロファイバー製の布巾も便利ですが、使わなくなったストッキングでも鏡を傷つけずに拭くことができます。

鏡はガラス製品です。

カットグラスと同じように磨いてこそ、美しい輝きを保ち続けます。

まとめ

慢性的な鏡の曇りは水垢(アルカリ性)と、石鹸カスや化粧品などの油汚れ(酸性)が原因です。

それぞれに有効な掃除の仕方として

「新聞紙を使うもの」

「重曹を使うもの」

「クエン酸を使うもの」

を紹介しました。

鏡に水垢をつけさせないようにするには、シャンプーなどの泡も水滴も残さず、こまめに拭きとることです。

鏡はガラス製品です。

やわらかい布巾で磨きこめば、美しい輝きを長く保つことができます。

今回の調べで、図らずも私は鏡の弱点を知りました、それは水です。

ガラスの裏面に銀膜を塗っている構造上、鏡は湿気が大の苦手なのです。

長年の使用で銀膜が化学反応を起こすと、黒いシミが鏡を腐食し始めます。

耐用年数はおよそ15年ということですが、日頃のお手入れに気をつければもっと使い続けられると思います。

大事な鏡をできるだけ長く、使い続けたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください